LAV-25

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
USMC LAV-25
Light Armored Vehicle
USMC-110314-M-2740R-106.jpg
LAV-25A2(アフガニスタン派遣車両、2011年)
基礎データ
全長 6.39m
全幅 2.50m
全高 2.69m
重量 12.80t
乗員数 3名+兵員6名
装甲・武装
主武装 M242 25mm機関砲
副武装 M240 7.62mm機関銃同軸・車載)
機動力
速度 100km/h(陸上)
12km/h(水上)
エンジン デトロイトディーゼル 6V-53T
2ストロークV型6気筒液冷ターボチャージドディーゼル
275hp(205kW)
懸架・駆動 装輪式(4軸8輪駆動)
行動距離 660km
テンプレートを表示

LAV-25英語: Light Armored Vehicle)は、アメリカ海兵隊が使用する水陸両用8輪式歩兵戦闘車(IFV)である。スイスのモワク社製装甲戦闘車両(AFV)ピラーニャファミリーを基に開発され、ジェネラル・ダイナミクス・ランド・システムズ・カナダ(GDLS Canada)が製造している。

概要[編集]

1980年代、アメリカ海兵隊は部隊の機動力を高めることの出来る新型の装甲車の配備を計画しており、スイス製のピラーニャ装甲車をベースとした軽装甲車(LAV)シリーズの調達を1983年に開始した。アメリカ陸軍もこの計画に興味を持ったが、この時点ではLAVシリーズを導入する事はなかった。しかし、1991年の湾岸戦争ではアメリカ陸軍も第82空挺師団など一部の部隊でLAVシリーズを運用し[1]、後年になってピラーニャIIIをベースとしたストライカー装甲車を正式配備している。

アメリカ海兵隊に配備されたLAVシリーズは1989年パナマ侵攻で初めて実戦に投入され、その後湾岸戦争KFORコソボ治安維持部隊)、イラク戦争アフガニスタン紛争など、アメリカ海兵隊の派遣された多くの軍事作戦に投入されている。

LAV-25は、水陸両用車であり、水上の最大速度は約12km/hである。水上航行能力があるものの、水面に波が無い環境に限られている。陸上での走行速度は8輪も4輪も共に約100km/hを出すことができる。しかし、8輪駆動の場合は燃費に影響をおよぼす。

デトロイトディーゼル製6V-53Tターボチャージドディーゼルエンジン動力とする。前4輪を使って回頭するが、走行に使う駆動輪は全8輪または後4輪のいずれかを選択できる。

25x137mm弾使用のM242機関砲1門と、7.62mm口径M240機関銃2丁、4連装発煙弾発射機2基が標準装備である。乗員は3名で、車長操縦士砲手から構成されている。これと兵員6名の他、戦闘機材を搭載できる。

アメリカ海兵隊の軽装甲偵察大隊(Light-Armored Reconnaissance Battalion)には、56両のLAV-25、16両のLAV-AT、12両のLAV-L、8両のLAV-M、4両のLAV-R、4両のLAV-C2、および少数のLAV-MEWSSが配備される[2]

改修[編集]

1990年代後半から、SLEP改修(Service Life Extension Program, 延命プログラム)の改修計画が進行している。新造の改良型車とSLEP改修を受けたLAV-25はLAV-25A1へと名称を変えた。また、LAV-25A2へ発展させるため、LAVファミリーの継続的なアップグレードに必要な資金提供が承認された。

アップグレードの第一段階は、車体内外の装甲強化、火力制圧装備、サスペンションの改善などである。

第二段階のLAV-25A2では、油圧で旋回させていた砲塔の動力を電動駆動に入れ替え、火器管制装置赤外線カメラレーザー測距儀に変更された。

アメリカ海兵隊では、LAV-25シリーズを2035年まで運用予定である[3]

バリエーション[編集]

基本型[編集]

LAV-25
M242機関砲装備の基本型。1983年からアメリカ海兵隊に配備開始された。
LAV-25A1
SLEP改修(Service Life Extension Program, 延命プログラム)を受けた型。1990年代後半から改修が行われている。
LAV-25A2
最新型。改修内容は増加装甲の追加、レイセオン製の熱線暗視装置(ITSS, Improved Thermal Sight System)の搭載、IED起爆妨害装置の搭載などである。

派生型[編集]

LAV-AT(Anti-Tank)
TOW対戦車ミサイルの2連装ランチャーを装備した対戦車車両。車輌には合計16発のTOWを搭載。
LAV-M(Mortar)
車体後部天井にハッチを設け、車内にM252 81mm 迫撃砲と360度旋回可能なターンテーブルを搭載した自走迫撃砲。車内には98発の81mm迫撃砲弾を搭載可能。
LAV-AD(Air Defense)
25mmガトリング砲1基と4連装スティンガー対空ミサイルランチャー2基を装備した対空装甲車
LAV-R(Recovery)
クレーンを搭載した装甲回収車型。
LAV-C2(Command & Control)
LAV-25の屋根を高くして、VHFUHFHFの通信機を搭載した指揮通信車。
LAV-L(Logistics)
輸送任務に使用可能なように改造した輸送車両。
LAV-MEWSS(Mobile Electronic Warfare Support System)
電子戦車輌。
LAV-EFSS(Expeditionary Fire Support System)
開発中のドラゴンファイア120mm自動迫撃砲を搭載する自走迫撃砲。上述のLAV-Mの後継とされる。

画像[編集]

登場作品[編集]

映画[編集]

世界侵略: ロサンゼルス決戦
HMMWV 高機動多用途車とともに侵略軍のバリケードを突破するシーンがある。

コミック[編集]

続・戦国自衛隊
戦国時代タイムスリップしたアメリカ海兵隊の装備として、基本型のほか輸送型や自走迫撃砲型が登場する。

ゲーム[編集]

ARMA 2
プレイヤーやAIが操作し、浮行することも可能。
大戦略シリーズ
バトルフィールドシーズ
BF2
BF3
キャンペーンでは味方が使用、マルチプレイではプレイヤーが使用できる兵器として登場。兵装は25mm機関砲12.7mm重機関銃の他、側面の左右に2箇所ずつ銃眼がある。カスタマイズをすることで対戦車用のATGMランチャーが撃てる。地上兵器の中では比較的バランスの取れた使いやすい兵器。
BF4
IFVとして基本型が登場する他、対空車両としてLAV-ADが登場。兵装は『BF3』とほぼ同じだが、側面の銃眼が4箇所に増えている。
マーセナリーズ2 ワールド イン フレームス
「25mm搭載ガーディアン」という名称で登場する。
メタルギアシリーズ
MGSPW
敵車両として登場。部隊長を倒すことで回収することが可能。様々なバリエーションが存在する。なお、本作に登場するのは試作型であるため、全て6輪仕様である。
MGSV
「STOUT IFV-SC」という名称で登場。米海兵隊やアンゴラで展開している民間軍事会社が使用。フルトン回収で鹵獲すれば自軍戦力として使用可能。

模型[編集]

1/35スケール
イタリアエッシー社・イタレリ社からそれぞれLAV-25(初期型)のキットが販売されている(中身は別設計の物)。イタレリ社からは他にもLAV-AT・LAV-AD・LAV-Mのキットが、それぞれ"LAV-25 TUA"・"LAV-25 ADV"・"LAV-25 Mortar Carrier"の名称で販売されている。中国トランペッター社からはLAV-25・LAV-25A1・LAV-25A2・LAV-AT・LAV-M・LAV-AD・LAV-R・LAV-C2・各型式のキットが販売されている。

脚注・出典[編集]

  1. ^ 湾岸戦争の後、これらのLAVシリーズは海兵隊に返却された。
  2. ^ Lamothe, Dan (2009年5月11日). “Corps has big plans to upgrade LAV fleet”. Marine Corps Times. http://www.marinecorpstimes.com/article/20090511/NEWS/905110321/Corps-has-big-plans-to-upgrade-LAV-fleet 2013年4月27日閲覧。 
  3. ^ A force of one: LAV-ATs test modernization upgrades - Dvidshub.net, 27 March 2014

関連項目[編集]

外部リンク[編集]