フクス装甲兵員輸送車

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
フクス装甲兵員輸送車
TPz Fuchs Bundeswehr 2.jpg
基礎データ
全長 6.83m
全幅 2.98m
全高 2.43m
重量 17.0t
乗員数 2名+兵員8名収容
装甲・武装
主武装 MG3 7.62mm機関銃×3
副武装 ミラン対戦車ミサイルなど
機動力
速度 105km/h(浮航 10.5km/h)
エンジン ダイムラー・ベンツOM402A
4ストロークV型8気筒液冷ターボチャージドディーゼル
320hp/2,500rpm
行動距離 800km
テンプレートを表示

フクス装甲兵員輸送車(フクスそうこうへいいんゆそうしゃ、ドイツ語: TPz Fuchs)は、ダイムラー・ベンツ社が開発した、6×6型の装輪式装甲兵員輸送車1979年からドイツ陸軍への配備が開始された。主に特殊任務用として使用されている。

名称の「フクス」は、ドイツ語で「キツネ」を意味し、TPzはドイツ語のTransportpanzerの略である。アメリカでは「M93 フォックス」(: M93 Fox)と呼ばれている。

概要[編集]

車体構造は、車体前部が乗員室と機関室、車体後部が兵員/貨物室という配置になっている。また水陸両用で、2基のスクリューを備えている。

本車の派生型としては、RASIT レーダー搭載車、電子戦車両、指揮車両、装甲工兵車、EOD(爆発物処理)車、NBC偵察車両などが製造されており、特にNBC偵察車両は海外に広く輸出されアメリカ陸軍でも使用している。2001年には改良型のフクス2ドイツ語: Fuchs 2)が公開され、2007年から輸出され始めている。

生産数は、輸出向けを含めて、約1,300両となっている。

運用国[編集]

ギャラリー[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]