ストーマー装甲車

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ストーマー装甲車
Alvis Stormer in 2009.jpg
性能諸元
全長 5.27 m
全幅 2.76 m
全高 2.49 m
重量 12.7 t
懸架方式 トーションバー懸架
速度 80 km/h
行動距離 640 km
装甲 15 mm
エンジン パーキンス 6リッター 6気筒ディーゼル
250 HP
乗員 2 + 12 名
テンプレートを表示

ストーマー装甲車イギリスの企業であるアルヴィス plc社がイギリス陸軍向けに開発した装甲車である。アルヴィス plc社は現在、BAE システムズ・ランド・アンド・アーマメンツの一部となっている。

ストーマーは、FV101 スコーピオン軽戦車FV107 シミターFV103 スパルタンなどのように、CVR(T)計画に基づいて開発された一連の車輛の一つであり、基本的により大きく、近代化された形式である。それまでのCVR(T)の車種が片側5個の転輪を装備していたの対し、ストーマーの転輪は片側6個に増やされている。

装備[編集]

大部分の現用AFVのように、ストーマーは異なる戦場での任務を果たすために、いくつかの異なる形式で生産されている。BAE社が販売しているものは、25mm砲を装備する二人乗りの砲塔を搭載したものをはじめ、多種のコンビネーションからなる。

形式には、対空型(機関砲またはミサイルを搭載)、工兵車輛、回収車輌、救急車地雷敷設車、81mmまたは120mm迫撃砲搭載車、指揮車輛、架橋車輌、補給車両などがある。追加装備には、防水キット、受動型暗視装置、空調システム、対NBCシステムが含まれる。

派生型[編集]

派生型は以下のようなものがある。

ストーマー HVM
ストーマーにスターストリークHVMを搭載して短距離の防空に用いている。
フラットベッド型ストーマー
シールダー地雷敷設装置を搭載するために、ストーマーの上部を平床に改修し、輸送車型としたもの。
ストーマー30
ストーマー装甲車の車体を装軌偵察車輛化して開発されたものである。これはストーマーに砲塔と30mmブッシュマスターII機関砲を備えた型式であった。また、オプションとしてTOW対戦車ミサイル発射機を砲塔側面に装備できた。この砲と砲塔は360度旋回でき、俯仰はマイナス45からプラス60度まで可能だった。
砲の発射速度は単発から200発毎分であり、180発の即用弾薬を持つ二種類の弾薬装填システムを選択できた。この車輛は試作段階に留まり、実戦配備されるかは不透明である。
この車輛は、イギリス空軍で用いられているC-130 ハーキュリーズ輸送機で空輸できる。また、NATOに属する同盟国や、世界中の他の国々で用いられているCH-53ヘリコプターでも同様に空輸できる。

使用国[編集]

外部リンク[編集]