FV438 スウィングファイア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
FV438 スウィングファイア
FV438 Vehicle.JPG
性能諸元
全長 5.1 m
全幅 3 m
全高 2.7 m
重量 16.2 t
懸架方式 トーションバー懸架
速度 52 km/h
行動距離 480 km
主砲 スウィングファイア対戦車ミサイル連装発射器
副武装 7.62mmL7汎用機関銃、煙幕弾投射器
装甲 12.7mm
エンジン ロールス・ロイス K60 マルチフュエル
240 HP
乗員 3名
テンプレートを表示

FV438 スウィングファイアは、イギリス陸軍の運用する対戦車装甲車(自走対戦車ミサイル)である。

概要[編集]

本車は、スウィングファイアー対戦車ミサイル発射機を収容するためにFV432を改修したものである。FV432はFV430シリーズの車種である。

本車は連装のミサイル発射機を備えており、14発のミサイルを携行している。これらのミサイルは車輛内部から装填できる。車輛内部に据えられた誘導システムを使うかわりに、べつのミサイル誘導装置を最大100m離して配置でき、照準し、発射できた。車輛自体は敵から完全に隠蔽しておくことができた。ミサイルは、発射後に90度旋回することができた。

1970年代に初めて配備され、王立砲兵連隊の対戦車部隊が専門に運用した。1980年代の中ごろには、任務は王立装甲軍団へ移管された。FV438は装甲連隊の誘導兵器部隊として軍務に就き、9輌が大隊に属した。

外部リンク[編集]