XM2001 クルセイダー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
XM2001 クルセイダー
XM2001 Crusader.jpg
性能諸元
車体長 7.53 m
全幅 3.31 m
全高 3.00 m
重量 43t
速度 78km/h(整地
48km/h(不整地
主砲 XM297E2 56口径155mmキャノン砲×1
エンジン パーキンス&キャタピラーCV12ディーゼル
または
GE/ハネウェルLV100-5ガスタービン
CV12:1,500hp
LV100-5:1,500hp
乗員 3
テンプレートを表示

XM2001 クルセイダーアメリカ合衆国でかつて開発されていた自走砲である。

概要[編集]

M109 155mm自走榴弾砲の後継機として開発が進められ、2000年に試作車両が完成したが、C-17輸送機で運搬できるように軽量化が進められた[1]

ベトロニクスを搭載しており、自動装填式で砲塔は無人化されていて射程距離は最大40kmで射程拡大砲弾の使用時には最大射程は100kmに達するとされた。射撃管制装置は高度に電子化されておりMRSI(複数砲弾同時着弾)能力を備える[1]

開発費、配備費用がかかりすぎ、冷戦後の非対称戦争には適さないとして計画は中止された。

関連項目[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]