マルダー歩兵戦闘車

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
マルダー歩兵戦闘車
Marder.JPG
基礎データ
全長 6.880m
全幅 3.380m
全高 3.015m
重量 33.5t
乗員数 3名+兵員6名
装甲・武装
主武装 Mk.20 Rh202 20mm機関砲
副武装 ミラン対戦車ミサイル発射機
MG3 7.62mm機関銃
機動力
速度 66km/h
エンジン MTU MB 833 Ea-500
4ストロークV型6気筒液冷ターボチャージドディーゼル
600ps(441kw)
懸架・駆動 トーションバー方式
行動距離 500km
テンプレートを表示

マルダー歩兵戦闘車ドイツ語: Schützenpanzer Marder)は、ドイツ陸軍が装備する歩兵戦闘車である。

概要[編集]

マルダー1のガンポート。A3以降では上から装甲が追加され、廃止された

マルダーは、西側諸国で初めて配備された歩兵戦闘車である。1971年よりドイツ陸軍での運用を開始し、この2年後から就役し始めたフランス陸軍AMX-10Pとともに、中口径機関砲を主武装とする最初の歩兵戦闘車となった。このコンセプトは、世界初の歩兵戦闘車BMP-1を配備したソビエト連邦軍にも導入された(厳密にはHS.30が、世界初の歩兵戦闘車である)。

マルダー1A1やマルダー1A2といった改良型が存在したが、現在配備されているのは更に改良が施されたマルダー1A3とマルダー1A5であり、2011年時点での最新型はマルダー1A5A1である。

派生型として、操縦士訓練用車両や、マルダーの車体にローランド対空ミサイル発射機を装備する砲塔を搭載した対空車両がある。

マルダーの車体に自動装填装置付きの無人オーバーヘッド砲塔を搭載したVTS-1という車両も存在し、スウェーデンにもUDES 19という同様の研究車両が存在した。

マルダーの後継として当初、マルダー2が開発されていたが計画中止となり、プーマが開発された。

VTS-1[編集]

VTS-1
MAK VTS-1 pic5.JPG
基礎データ
全長 6.79m
全幅 3.24m
全高 3.05m
重量 28.4t
乗員数 3名(車長操縦士砲手
装甲・武装
主武装 L7A3 105mm戦車砲
機動力
速度 75km/h
エンジン MTU MB 833 Ea-500 V型6気筒ターボチャージドディーゼル
21.3ps/t
行動距離 520km
テンプレートを表示

VTSとは、"Versuchsträger Schützenpanzer"(技術実証型歩兵戦闘車)のこと。KPz.3(Kampf Panzer.3)開発計画の一環。Scheitellafette(頭上砲架)の技術検証用の試作車両

マルダーの車体にL7A3 105mm戦車砲を搭載。砲塔は限定旋回式で、旋回角は左右各60°で、仰俯角は+15°から-10°である。

1976年から研究開始。1978年ティッセン・ヘンシェル社で1両のみ製造。1978年夏から試験開始。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]