ピラーニャ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
スイス陸軍のピラーニャ

モワク ピラーニャ(Mowag Piranha)は、スイスのモワク社で開発された装輪式装甲兵員輸送車である。1960年代に開発が始まり、最初の試作車両は1972年に完成した。

現在の軍用装輪式装甲車の隆盛のはしりとなった車輌であり、採用国はアメリカカナダなどの西側先進諸国開発途上国で次第に増え続け、ライセンス生産車を含めて、数多くの派生型・発達型が開発・生産されている。

モワク社は2004年ジェネラル・ダイナミクスの傘下に入り、2010年にはGDELS(ジェネラル・ダイナミクス・ヨーロピアン・ランド・システムズ)となったため、現在は同社の製品となっている。

概要[ソースを編集]

4×4(4輪駆動)、6×6(6輪駆動)、8×8(8輪駆動)、10×10(10輪駆動)のモデルが存在するが、現在主流となっているのは8×8型である。車体は全て小火器に対する防御力を有する防弾鋼板の溶接構造で、前部左側が操縦室、その右側が機関室、中央部が兵装/砲塔部、後部が兵員室となっている。また水陸両用性も持ち合わせ、2基のスクリューで水上浮航が可能(使用者によっては取り外されていることもある)。

拡張性も高く、歩兵戦闘車偵察戦闘車指揮車両、自走迫撃砲戦車駆逐車戦闘工兵車装甲回収車など多彩なバリエーションが製造されている。チリ陸軍では、イスパノ・スイザ HS.404 20mm機関砲を連装使用したTCM-20対空機関砲を6x6型ピラーニャに搭載した自走対空車両を運用しており[1]ベルギーカタールサウジアラビアは、コッカリル 90mm低圧砲装備のLCTS90 2名用砲塔を8×8型ピラーニャに搭載した火力支援車(装輪戦車)を運用している[2]。また、ジェネラル・ダイナミクス社の子会社GDLS(ジェネラル・ダイナミクス・ランド・システムズ)が製造ライセンスを取得し、カナダ軍向けのAVGP(6×6型)、アメリカ海兵隊向けのLAV-25(8×8型)、オーストラリア陸軍向けのASLAV(8×8型)などの独自の改良型を製造している。他にはチリがライセンス生産を行っており、イギリスヴィッカース plc英語版アルヴィス plc(共に現在のBAE システムズ・ランド・アンド・アーマメンツ)も製造ライセンスを保有している。

基本型[ソースを編集]

ピラーニャ I
初期型のシリーズで、現在ピラーニャ Iと呼ばれ、4×4、6×6、8×8の3タイプが作られた。
基本型の装甲兵員輸送車タイプは、4×4型が全備状態で7.8トン、乗員数は最大10名、6×6型は10.5トンで乗員が最大14名、8×8型が12.3トンで乗員最大15名とされていた。
ピラーニャ II
1990年代になって、機動力と装甲防御力を向上させたピラーニャ IIが開発・製造された。
ピラーニャ III
1996年に搭載量、機動性と装甲防御力を更に向上させたピラーニャ IIIが開発・製造された。装甲防御力は、専用に開発された追加装甲パッケージを装着することで向上された。シリーズ中では最大の10×10型も新たに作られたが、これを採用したのはスウェーデンのみ。
ピラーニャ IV英語版
最新型。モジュール装甲を採用しエッジの丸まった車体形状が特徴。装甲防御力の更なる強化に加えて、エンジン出力も向上。戦闘重量は24トンに達する。2007年に開発終了し、各国への売り込みが行われている。
ピラーニャ V英語版
ピラーニャ IVをベースに、イギリス陸軍の次期主力装輪装甲車として開発中。

派生型[ソースを編集]

アメリカ海兵隊のLAV-25
NZLAV
スペイン海兵隊のピラーニャ IIIC

ピラーニャには、各国ごとの要望に合わせて開発された数多くの派生型が存在する。

ピラーニャ I
ピラーニャ II
ピラーニャIII


採用国[ソースを編集]


スペック[ソースを編集]

  • 全長:6.25m(6×6)、6.93m(8×8)、7.45m(10×10)
  • 全幅:2.66m
  • 全高:2.17m
  • 全備重量:12.5トン(6×6)、16.5トン(8×8)、20トン(10×10)
  • 乗員:14名(6×6)、16名(8×8)、18名(10×10)
  • エンジン
  • 最大速度:100km/h(浮航 10km/h)
  • 航続距離:800km

関連項目[ソースを編集]

脚注[ソースを編集]

外部リンク[ソースを編集]