CH-53E (航空機)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

CH-53E スーパースタリオン

アメリカ海軍のCH-53E

アメリカ海軍のCH-53E

CH-53Eは、シコルスキー・エアクラフト・ディビジョン社がアメリカ海兵隊の要望によって開発した、重輸送を目的としたヘリコプター。愛称はスーパースタリオン(Super Stallion)、スタリオンは種牡馬の意。社内呼称はS-80E。

CH-53 シースタリオン(S-65)の改良型で、その後継機として作られたヘリコプターである。

概要[編集]

CH-53 シースタリオンの機体中央部左側に3基目のエンジンを増設した機体である。開発は1971年より開始され、1981年から部隊配備が開始された。

エンジンが増設されるとともに、各エンジンの出力向上も図られている。そのため、ローターのブレード数が6枚から7枚に増え、直径も2m拡大された。テール形状も変更され、テールローターは左側に20度傾けられている。

積載能力は30,000lb(13,610kg)、吊り下げ能力も36,000lb(16,330kg)と大幅に増加し、LAV-25の吊り下げ輸送も可能である。また、空中給油プローブも当初から装備している。

性能類似機との比較
MV-22B[1] UH-1Y UH-60M CH-46E CH-53E CH-47F
画像 SPMAGTF-South arrives in Brazil for training 140804-M-HB658-016.jpg USMC-111215-M-FW664-293.jpg US Army UH-60M (cropped).jpg CH-46 Sea Knight Helicopter.jpg CH-53 Super Stallion.jpg D-892 Grizzly 24 Boeing CH-47F Chinook RNLAF.JPG
全長
(回転翼含む)
17.5m 17.78m 19.76m 25.40m 30.2m 30.1m
全幅
(回転翼含む)
25.54m 14.88m 16.36m 15.24m 24.1m 18.3m
全高 6.73m 4.5m 5.13m 5.09m 8.46m 5.7m
空虚重量 15,032kg 5,370kg 4,819kg 5,255kg 15,071kg 10,185kg
積載量 9,070kg 1,460kg 5,220kg 2,270kg 13,610kg 10,886kg
最大離陸重量 27,400kg 8,390kg 10,660kg 8,618kg 33,300kg 22,680kg
乗員数 乗員4名
乗客24-32名
乗員2-4名
乗客6-10名
乗員2-4名
乗客11名
乗員3名
乗客25名
乗員5名
乗客37-55名
乗員3名
乗客33–55名
動力 T406/AE 1107C
×2
T700-GE-401C
×2
T700-GE-701D
×2
T58-GE-16
×2
T64-GE-416/416A
×3
T55-GA-714A
×2
出力 6,150hp
(4,590kW)
×2
1,828shp
(1,360kW)
×2
2,000hp
(1,500kW)
×2
1,870shp
(1,400kW)
×2
4,380shp
(3,270kW)
×3
4,733hp
(3,529kW)
×2
最大速度 565km/h 304km/h 295km/h 267km/h 315km/h 315km/h
巡航速度 446km/h 293km/h 278km/h 241km/h 278km/h 240km/h
航続距離 3,590km 648km 2,200km 1,110km 1,833km 2,252km
運用状況 現役 退役 現役


MH-53E[編集]

海上自衛隊のMH-53E

MH-53E シードラゴン(Sea Dragon)は、CH-53Eの機体にRH-53D機雷掃海用装置を組み合わせた派生機である。

機体両側に大型のスポンソンを取り付けられているのがCH-53Eとの大きな違いである。このスポンソンは燃料タンクであり、燃料搭載量は3倍近くに増加している。この結果、基地から30分進出した先で約4時間以上に渡って機雷掃海を実施することができる。

開発は1980年に開始され、翌年に試作機が初飛行している。

派生型[編集]

CH-53E
輸送型。
MH-53E シードラゴン
機雷掃海型。
CH-53K キングスタリオン
CH-53Eの近代化改修型。2015年米国でロールアウトした最新モデル。最大積載量などの点から、現行では西側諸国製として最大のヘリコプター回転翼機)といわれている。

運用国[編集]

アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
日本の旗 日本
FMSによって1989年(平成元年)からMH-53Eの取得を開始した後、第51航空隊で試験を行い、1990年(平成2年)3月30日、岩国基地所属の第111航空隊に配備された。1994年(平成6年)までの間に11機が取得されている。1995年(平成7年)、事故により1機が失われた。
耐用命数時間は6,000時間とされ、機首右には空中給油プローブに代わり、気象レーダーを取り付けている。
2009年(平成21年)3月以降、耐用命数時間に達した機から逐次除籍が開始され、2017年(平成29年)3月3日に最後の機体(8625号機・8631号機)が除籍され、運用が終了した[2]。退役した機体の部品は同機を運用しかつ生産終了のため、部品の不足が見込まれていたアメリカに売却されている[3][4]
後継機はMCH-101である。

性能・主要諸元(MH-53E)[編集]

磁気掃海具MK-105を曳航するMH-53E
  • 全長(胴体のみ):30.19(22.35)m
  • 高さ:8.46m
  • 幅:8.41m
  • 主回転翼直径:24.1m
  • 発動機:3基(名称:T64-GE-416/419、出力:4,380SHP×3(パワータービン出力回転数14,280rpm時)
  • 機体重量(自重/全備):15.071t/33.339t
  • 速度(巡航):150KIAS=M0.23
  • 上昇率(海面上):664m/m
  • 上昇限度(実用/限界):5,640m/3,520m(地面効果付きホバリング限界)
  • 航続距離:2,070km(空輸時)
  • 乗員:3名

事故[編集]

登場作品[編集]

映画[編集]

トランスフォーマー/リベンジ
ディセプティコンのメンバーである、グラインダーが変形する。

アニメ・漫画[編集]

最臭兵器
対主人公装備に身を包んだNavy SEALs隊員を輸送する。
続・戦国自衛隊
戦国時代タイムスリップしたアメリカ海兵隊の装備を、同じくタイムスリップした自衛隊奪取して使用する。

ゲーム[編集]

Wargame Red Dragon英語版
NATO陣営のアメリカ軍デッキで使用可能なヘリコプターとして登場する。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 正確にはティルトローター機で回転翼機ではない
  2. ^ 被災地でも活躍、海自ヘリが退役…岩国航空基地 : 社会 : 読売新聞(YOMIURI ONLINE)
  3. ^ 防衛省、用途廃止したMH-53Eの部品などをアメリカに売却へ
  4. ^ 用途廃止したMH-53Eの部品等の米国への提供について 2015.5.13防衛省
  5. ^ オスプレイ事故 10万時間当たり3.99件 海兵隊平均上回る”. 琉球新報 (2012年2月11日). 2017年10月12日閲覧。
  6. ^ 掃海・輸送ヘリ:全11機が退役 阪神大震災、東日本大震災、熊本地震にも派遣 海自岩国基地 /山口.毎日新聞(2017年3月4日)2017年10月19日閲覧
  7. ^ 3遺体収容、1人不明/米軍ヘリ墜落/国頭沖、夜間訓練中/普天間合意後初の死亡事故”. 琉球新報 (1999年4月20日). 2017年10月12日閲覧。
  8. ^ 炎上ヘリ、住宅から200メートル 米軍CH53、民間地で大破 沖国大墜落機の後継型”. 琉球新報 (2017年10月12日). 2017年10月12日閲覧。
  9. ^ 米軍ヘリ 沖縄で炎上 北部訓練場近く 民間地に着陸”. 東京新聞 (2017年10月12日). 2017年10月12日閲覧。
  10. ^ 10 Die in Crash of U.S. Helicopter Off Djibouti”. ニューヨーク・タイムズ (2006年2月19日). 2017年10月12日閲覧。(英語)
  11. ^ JON RABIROFF, ASHLEY ROWLAND AND YOO KYONG CHANG (2013年4月16日). “21 injured when US helo makes hard landing in South Korea”. 星条旗新聞. 2017年10月13日閲覧。(英語)
  12. ^ 普天間所属ヘリ韓国で事故 県や宜野湾市が申し入れ”. Qプラス. 琉球朝日放送 (2013年4月17日). 2017年10月13日閲覧。
  13. ^ 米でCH53ヘリ墜落 1人死亡、11人負傷”. 琉球新報 (2015年9月5日). 2017年10月13日閲覧。
  14. ^ 米海兵隊のヘリ2機が衝突、ハワイ沖 乗員12人不明”. AFP (2016年1月16日). 2017年10月13日閲覧。
  15. ^ 米陸軍ヘリがハワイ沖で墜落 5人が行方不明”. 琉球新報 (2017年8月17日). 2017年10月13日閲覧。
  16. ^ 菅長官が謝罪「何でもします」 米軍ヘリ炎上で緊迫する高江”. 沖縄タイムス (2017年10月12日). 2017年10月12日閲覧。
  17. ^ エンジン異常で不時着 高江米軍ヘリ炎上 同型機、運用停止4日間”. 琉球新報 (2017年10月13日). 2017年10月13日閲覧。
  18. ^ 米軍ヘリ 訓練場付近で着陸後に炎上 沖縄”. NHKニュース. 日本放送協会 (2017年10月11日). 2017年10月13日閲覧。
  19. ^ 高江で炎上の米軍ヘリ、6月の久米島緊急着陸と同一機”. 沖縄タイムス (2017年10月14日). 2017年12月17日閲覧。
  20. ^ 米軍ヘリ窓落下 重さは7.7キロ 普天間第二小、体育の授業中 沖縄県は全機停止要求”. 琉球新報 (2017年12月14日). 2017年12月17日閲覧。

外部リンク[編集]