CH-53E (航空機)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

CH-53E スーパースタリオン

アメリカ海軍のCH-53E

アメリカ海軍のCH-53E

CH-53Eは、シコルスキー・エアクラフト・ディビジョン社がアメリカ海兵隊の要望によって開発した、重輸送を目的としたヘリコプター。愛称はスーパースタリオン(Super Stallion)、スタリオンは成長した種牡馬の意。社内呼称はS-80E。

CH-53 シースタリオン(S-65)の改良型で、その後継機として作られた、現在西側諸国最大のヘリコプターである。

概要[編集]

CH-53 シースタリオンの機体中央部左側に3基目のエンジンを増設した機体である。開発は1971年より開始され、1981年から部隊配備が開始された。エンジンが増設されるとともに、各エンジンの出力向上も図られている。そのため、ローターのブレード数が6枚から7枚に増え、直径も2m拡大された。テール形状も変更され、テールローターは左側に20度傾けられている。

積載能力は30,000lb(13,610kg)、吊り下げ能力も36,000lb(16,330kg)と大幅に増加し、LAV-25の吊り下げ輸送も可能である。また、空中給油プローブも当初から装備している。

MH-53E[編集]

海上自衛隊のMH-53E

掃海用のMH-53E シードラゴン(Sea Dragon)は、CH-53Eの機体にRH-53Dの掃海用装置を組み合わせたもので、機体両側に大型のスポンソンを取り付けられているのがCH-53Eとの大きな違いである。このスポンソンは燃料タンクであり、燃料搭載量は3倍近くに増加している。この結果、基地から30分進出した先で約4時間以上に渡って機雷掃海を実施することができる。開発は1980年に開始され、翌年に試作機が初飛行している。

派生型[編集]

CH-53E
輸送型。
MH-53E シードラゴン
機雷掃海型。
CH-53K キングスタリオン
CH-53Eの近代化改修型。2015年米国でロールアウトした最新モデル。最大積載量などの点から、現行では西側諸国製として最大のヘリコプター回転翼機)といわれている。

運用国[編集]

アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国

日本の旗 日本

海上自衛隊では、FMSによって1989年(平成元年)からMH-53Eの取得を開始し、その後、第51航空隊で試験を行い、1990年(平成2年)3月30日、岩国基地所属の第111航空隊に配備された。1994年(平成6年)までの間に11機が取得されている。耐用命数時間は6,000時間とされている。機首右には空中給油プローブに代わり気象レーダーを取り付けている。1995年(平成7年)に事故により1機が失われた。2009年(平成21年)3月以降、耐用命数時間に達した機から逐次除籍がはじまり、2017年(平成29年)3月3日に最後の機体(8625号機・8631号機)が除籍され運用が終了した[1]。後継機はMCH-101である。退役した機体の部品は同機を運用しかつ生産終了のため部品の不足が見込まれていたアメリカに売却されている[2][3]

性能・主要諸元(MH-53E)[編集]

磁気掃海具MK-105を曳航するMH-53E
  • 全長(胴体のみ):30.19(22.35)m
  • 高さ:8.46m
  • 幅:8.41m
  • 主回転翼直径:24.1m
  • 発動機:3基(名称:T64-GE-416/419、出力:4,380SHP×3(パワータービン出力回転数14,280rpm時)
  • 機体重量(自重/全備):15.071t/33.339t
  • 速度(巡航):150KIAS=M0.23
  • 上昇率(海面上):664m/m
  • 上昇限度(実用/限界):5,640m/3,520m(地面効果付きホバリング限界)
  • 航続距離:2,070km(空輸時)
  • 乗員:3名

登場作品[編集]

映画[編集]

トランスフォーマー/リベンジ
ディセプティコンのメンバーである、グラインダーが変形する。

アニメ・漫画[編集]

最臭兵器
対主人公装備に身を包んだNavy SEALs隊員を輸送する。
続・戦国自衛隊
戦国時代タイムスリップしたアメリカ海兵隊の装備を、同じくタイムスリップした自衛隊奪取して使用する。

ゲーム[編集]

Wargame Red Dragon英語版
NATO陣営のアメリカ軍デッキで使用可能なヘリコプターとして登場する。

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]