MH-6 リトルバード

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

AH-6/MH-6 リトルバード

MH-6 Little Bird.jpg

陸軍特殊部隊員4名を搭乗させたMH-6

MH-6 リトルバードは、MDヘリコプターズが生産している軽汎用・攻撃強襲用ヘリコプターである。OH-6の軍用派生版。

愛称はMH-6がリトルバード(Little Bird)、AH-6がキラ-エッグ(Killer Egg)

本項では武装攻撃型のAH-6も記述し、特記がない限りはAH/MH-6と呼称する。

概要[編集]

この機材となったベースのOH-6の前史は当該項目に詳しい記述があるが、AH/MH-6が開発される契機となったのは、1980年イランアメリカ大使館人質事件におけるイーグルクロー作戦である。この作戦については当該項目に詳しい記述があるが、ヘリコプターの選択ミス及びトラブルが重なった事により作戦が失敗してしまった。この失敗による調査委員会で、急襲に必要な部隊と航空機の欠如が指摘され、特殊作戦航空能力開発のための特別プロジェクトである「ハニー・バジャー(ミツアナグマ)作戦(Operation HONEY BADGER)」が開始される事となる。

この計画では第101空挺師団の3個飛行大隊を中心に当時新鋭機だったUH-60及びベトナム戦争でも活躍した大型ヘリコプターCH-47の開発及びイラン大使館の人質の再奪還を目標としていた。

その中でAH/MH-6を開発する事になったのが、第229攻撃ヘリコプター大隊である。OH-6Aを運用していた同大隊は、この作戦の為にパイロットを提供し、アラバマ州フォートラッカーで同機の開発が行われた。そして同機が完成し、先のUH-60、CH-47の部隊と統合しタスクフォース158が創設され、同大隊はリトルバード運用部隊となった。そして第二の奪還作戦が行われる予定であったが、1981年イランとの交渉が進展した結果同年1月20日に開放される事となり、この作戦も中止となった。

ところがこのタスクフォース158は後の同種作戦で必要と判断され、解散せずに現在の第160特殊作戦航空連隊「ナイトストーカーズ」となり、同機は連隊本部特殊作戦航空訓練中隊及び第一大隊に配備され活躍している。

なお、アメリカ陸軍においてはナイトストーカーズのみで運用されているが、FBIHRTにも民間型のMD-530Fが配備されている。

また、派生型としてボーイング・ヘリコプターズが開発した無人航空機(UAV)タイプのAH/MH-6X、電子戦/指揮機のEH-6も存在する。

現在ナイトストーカーズで現役で運用されているのは、MH-6H、AH/MH-6J、AH/MH-6Mである。

主な参加作戦[編集]

アージェントフューリー作戦に参加。アメリカ海軍の船舶へ死傷者を搬送するために活躍。
1983年ロナルド・レーガン政権によるニカラグアへの介入の際の紛争で活躍。
1987年9月にイランからのイラクタンカーへの攻撃を阻止するべくプライムチャンス作戦に参加。イランの機雷敷設船舶を攻撃した。
所謂ソマリア紛争。ゴシックサーペント作戦に参加し、捕獲対象の居るビルへデルタフォースを屋上からエントリーさせる為の支援、MH-60墜落現場へ急行、夜間における民兵掃討で活躍。
イラク・フリーダム作戦に参加。この際AH-6が捕虜になったジェシカ・リンチ救出の為に援護。また、MH-6がイタリア人民間軍事会社社員及び武装勢力に誘拐されたポーランド人実業家の救助に使用される。
ケニアのモンバサで起きたホテル爆破事件の首謀者でアルカーイダと繋がりがあったサレ・アリ・サレ・ナブハンに対する殺害作戦セレスティアル・バランス作戦に参加。AH-6が車列を攻撃しナブハンが死亡した。

バリエーション[編集]

MH-6C
攻撃/輸送兼用型。現在訓練用として使用。
MH-6E
C型改良版。
MH-6H
E型改良版。AN/ALQ-114ジャマー及びAN/AAQ-16第一世代型FLIRを装備。現在も使用されている。
AH-6C
武装型。
AH-6F
C型改良版。
AH-6G
F型改良版。
AH/MH-6J
MD 530MGベースの能力向上型。
HH-47のような5枚の中型液晶モニターからなるグラスコックピットタイプとなり、GPS/慣性航法システムを搭載した型。また、MH型では着脱式ベンチシートが使用可能。
AH/MH-6M MELB(Mission Enhancement Little Bird)
2002年導入のAH/MH-6Jの能力向上改修型。このタイプでは完全に相互運用性が付与された。
また、J型より更に改良が施され、大型液晶モニター2枚、中型モニター1枚などから構成されるグラスコックピットとなり、ナイトビジョンに対応し、第二世代型FLIR AN/AAQ-16、戦術インターネットを搭載する最新型[1]
AH/MH-6X
AH-MH-6MのUAV型。ボーイングAH-6とも
EH-6E
電子戦/指揮機型。

性能諸元[編集]

MD-530ベース

出典: U.S. Army Aircraft,[2] MD 530F data[3][4]

諸元

  • 乗員: 2名
  • 定員: 6名(外装式ベンチ使用時)
  • 全長: 9.80m (32.6ft)
  • 全高: 3.0m (9.8ft)
  • ローター直径: 8.30m (27.4ft)
  • 空虚重量: 722kg (1,591lb
  • 最大離陸重量: 1,406kg (3,100lb)
  • 動力: T-63-A-5-AまたはT63-A-700 ターボシャフト、317kW (425shp) 離陸時:375shp(280kW) × 1
  • ローター: メインローター6枚 テールローター4枚
  • 搭載可能燃料量: 62USガロン(242L)または 403lb(183kg)

性能

  • 最大速度: 282km/h (152ノット
  • 巡航速度: 250km/h (135ノット)
  • 航続距離: 430km (232海里) (5,000ft時)
  • 実用上昇限度: 5,700m (18,700ft)
  • 上昇率: 10.5m/秒 (2,061ft/分)


お知らせ。 使用されている単位の解説はウィキプロジェクト 航空/物理単位をご覧ください。

武装[編集]

採用国[編集]

アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国

登場作品[編集]

映画
隊員を降下させた他、夜間戦闘時に屋上の民兵に対してM134機銃掃射を行った。
ゲーム
アメリカ陸軍とサーラニ王立軍の装備としてAH-6とMH-6が登場。キャンペーン中ではAIが操縦することが多いが、ミッションを自作するなどでプレイヤーも操縦可能。
アメリカ陸軍の装備としてAH-6、MH-6、AH-6Xが登場。キャンペーンのAH-64D アパッチ・ロングボウを使用するミッションではAH-6Xを操作し、AH-64Dのヘルファイアミサイルを誘導することも可能。
「Buzzard」と言う名称で登場。
「Buzzard」と言う名称で登場。
登場するほぼ全ての勢力がAH-6とMH-6を使用(何故かロシア軍まで本機を運用している)。マルチプレイではキルストリークの支援物資の投下を本機が行う。
拡張パック『アーマードフューリ』でAH-6が追加された。ただし、現在はアーマードフューリが無償で提供されている。
アメリカ軍がAH-6を使用。キャンペーン、マルチプレイ共にプレイヤー使用可能。
分類は偵察ヘリとしてマルチプレイで使用可能。最大移動可能員数2名(操縦士副操縦士を含めると4名)が乗り込める。武装はM134×2と任意で誘導ミサイル(ヘルファイア空対地ミサイル)とヒートシーカー(AIM-9空対空ミサイル)のいずれかを装着できる。素早い展開、回収、撤退が可能。

脚注[編集]

  1. ^ Boeing Manned/Unmanned Light Helicopter Makes First Flight”. News Release. St. Louis: Boeing IDS (2006年10月9日). 2011年5月13日閲覧。 [リンク切れ]
  2. ^ Harding, Stephen. "McDonnell-Douglas H-6 Cayuse/Little Bird". U.S. Army Aircraft Since 1947. Schiffer Publishing Ltd., 1997.
  3. ^ MD 530F Overview, MD Helicopters.
  4. ^ MD 530F Performance Specifications. MD Helicopters.

関連項目[編集]