SH-3 シーキング

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

SH-3 シーキング

アメリカ海軍のSH-3H シーキング

アメリカ海軍のSH-3H シーキング

SH-3 シーキング(SH-3 Sea King)は、シコルスキー・エアクラフト社が開発した双発哨戒ヘリコプターである。アメリカ海軍が運用していたH-34 チョクトーの後継に採用された。

開発[編集]

1957年シコルスキーは全天候型哨戒ヘリコプターの開発をアメリカ政府と契約した。H-34 チョクトーの後継として対潜戦の役割も兼ねるものであった。試作機は1959年3月11日に初飛行。1961年6月にHSS-2 シーキングと命名され、アメリカ海軍で運用が決定した。

1962年航空機の命名規則改正によりHSS-2はSH-3に改正された。SH-3 シーキングは、主に対潜戦の任務で使用されたが、対艦攻撃、捜索救難兵員輸送、通信、要人輸送、早期警戒など様々な用途に使用された。

民間向けのシコルスキー S-61も開発された。

設計[編集]

海上救難を行うSH-3

強力なタービンエンジン双発の大型機となったことで、これまでは捜索役と攻撃役の2機(ハンター/キラーチーム)で行わなければならなかった対潜作戦が単機で行えるようになった。開発段階で艦載機を想定していたため、メインローターブレードや尾部のテイルブームなどは折りたたむことができる構造になっている。メインローターブレードとテイルローターブレードは共に5枚である。水陸両用作戦での運用を想定して限定的な着水性能も有する。機体両側に配置されたスポンソンにはエアバッグが格納されており、着水時の衝撃緩和とフロートの役割をなす。

幅広い装備があり、それらは用途によって異なる。空母戦闘群(現 空母打撃群)での運用時は、魚雷4本と爆雷4個か空対艦ミサイル4本のいずれかを装備し、空母戦闘群を間接的に防御するためチャフを搭載した。

早期警戒装備にはディッピングソナーソノブイMADがあり、データリンクを介して得られたデータは艦隊に送信できた。捜索救難任務の際には軍医2名と22名の遭難者か、9名分の担架を搭載できた。

兵員輸送であれば、さらに28名を収容できた。

派生型[編集]

大統領の短距離移動機マリーンワン
XHSS-2
試作機。
YHSS-2
アメリカ海軍向け試作・評価機。
SH-3A
旧HSS-2。最初の生産型。
RH-3A
SH-3Aを掃海型に改修した機体。
HH-3A
SH-3Aを捜索救難型に改修した機体。
SH-3D
SH-3Aのエンジン出力を増強した機体。
SH-3G
SH-3AおよびSH-3Dを輸送汎用型に改修した機体。
SH-3H
SH-3Dに新型の対潜探知装備とレーダーを搭載した機体。
NH-3A
SH-3Aをアメリカ空軍向けに改修した実験機。
HH-3E
アメリカ空軍の捜索救難機。
CH-3A
SH-3Aをアメリカ空軍向けに改修した機体。後のCH-3B。
CH-3B
アメリカ空軍の兵員輸送型機。
VH-3A
アメリカ海兵隊向け要人輸送型機。
VH-3D
アメリカ海兵隊が運用する政府専用輸送機大統領の短距離移動機「マリーンワン」に使用される)。
S-61
アメリカ軍のSH-3に対するシコルスキーの型式番号。
S-61A
デンマーク空軍向け。
S-61A/AH
測量や捜索救難など民間向け汎用ヘリコプター。
S-61B
海上自衛隊のHSS-2に対するシコルスキーの型式番号。
S-61D-3
ブラジル海軍向け。
S-61D-4
アルゼンチン海軍向け。
S-61NR
アルゼンチン空軍向け。
S-61R
アメリカ空軍(CH-3/HH-3)、イタリア空軍他向け。
AS-61
アグスタ社の型式番号。
WS-61
ウェストランド社の型式番号。
CH-124
ユナイテッド・エアクラフト・オブ・カナダ社の型式番号。

三菱のライセンス生産[編集]

日本でも1963年昭和38年)に海上自衛隊の対潜哨戒機HSS-2として導入された。三菱重工業ライセンス生産した機体が1964年(昭和39年)に初飛行し、同年3月に納入された。海自ではHSS-2/S-61Aを「ちどり」と命名している。

日本のS-61は1991年平成3年)まで26年間にわたり185機が生産されたが、そのうち167機がHSS-2で、26年間に日本独自の改造を2度行った。

対潜哨戒型[編集]

防衛庁ではHSS-2の寿命を決めるために、機体構造の疲労試験を行ったが、この作業は新機種の開発期間を決めることにつながるため、それ以降の日本ヘリコプター産業および研究開発の作業量を決定するのに役立った。

HSS-2
海上自衛隊初の大型ターボシャフト・ヘリコプターであり、最初の生産型である。飛行性能、搭載能力ともに従来のレシプロ機とは一線を画す存在で対潜ヘリコプター部隊の近代化に大きく貢献した。アメリカ海軍のSH-3Aに相当する。
対潜捜索用センサとしてAN/AQS-10ディッピングソナーを備えており、またAN/APN-130ドップラー・レーダーと電波高度計、自動安定装置を連動させた高度な自動操縦装置を備えていた。エンジンとしてはCT58-IHI-110-2(出力932キロワット)を搭載していた。
1964年(昭和39年)3月から受領を開始し、1973年(昭和48年)3月までに55機が調達された[1]。これらは、基本的には全て陸上型として完成した[2]
HSS-2A
HSS-2A
HSS-2をもとに、エンジンと電子機器を増強したもので、アメリカ海軍のSH-3Dに相当する。
エンジンはCT58-IHI10-M1(1,044キロワット)とされ、ディッピングソナーもAN/AQS-13に更新したほか、衝突防止用レーダ(ロータ・ヘッド・レーダー)を開発して新たに搭載した。
1974年(昭和49年)から納入が開始され、28機が調達されたが、うち10機は着艦拘束装置(ベアトラップ)に対応した艦載型、残り18機はこれに対応しない陸上専用型であった。ただし艦載型のうち5機が後に陸上型に改装されたほか、23号機以降ではテイルブームを延長すると共に水平安定板を増積することにより空力的改良が施されている[1]1990年(平成2年)全機除籍。
HSS-2B
HSS-2B
HSS-2をもとに、全般にわたって設計・装備の近代化改修を図ったもので、アメリカ海軍のSH-3Hを上回るものとされている。
ディッピングソナーをHQS-102、捜索レーダーをHPS-102に国産化する[2]とともに、AN/ASQ-81磁気探知機(MAD)、AN/ALR-66電子戦支援装置(ESM)、ソノブイ受信機、戦術情報処理表示装置(Tactical Data Display System, TDDS)が追加された[1]。またデジタルASE(Automatic Stabilization Equipment)の開発、計器板のソフトマウント化、アイス・ディフレクタも開発・搭載された。搭載機器の重量増は燃料搭載量にしわ寄せされたため、航続距離がHSS-2Aの約985kmに対し約787kmに減少している。
1979年(昭和54年)12月納入、1980年(昭和55年)12月に部隊使用承認を受け、84機(艦載型48機、陸上型36機)が調達された。同じくシコルスキーのSH-60J シーホークによって更新されて2003年(平成15年)7月7日、大湊航空隊所属の「8167」号機を最後に全機退役。

事故[編集]

年月日 機 種  所 属 機番号  事故内容
1967.1.16 HSS-2 第101航空隊 8008 徳島沖で第3航空群所属のS2F-1 4145号機と空中接触し墜落。乗員10名(2機分)殉職。
1967.10.5 第101航空隊 8013 伊豆大島の急患輸送するため同地へ向かう途中、同島 乳ヶ崎の西北西3浬付近に不時着水、機体は水没。乗員全員救助。
1968.9.29 大湊航空隊 8020 演習での対潜哨戒中に秋田県男鹿半島の北西沖に墜落。乗員2名殉職。
1968.12.25 第101航空隊 8021 訓練中、神奈川県城ヶ島の西南西約20kmの相模湾上に不時着水、機体は水没。乗員4名救助。
1970.3.12 大湊航空隊 8003 飛行訓練中に降雪域でエンジン不調となり、陸奥湾に不時着水。1名殉職。
1970.5.14 第51航空隊 8018
8024
下総航空基地上空で編隊飛行中、空中接触し不時着。
1975.8.7 第101航空隊 8005 飛行訓練中にトランスミッションが故障し、犬吠埼の東方海面に不時着、機体は水没。
1977.2.8 大湊航空隊 8035 陸奥湾の上空で驟雪(しゅうせつ)に遭遇、エンジン故障のため不時着水し、横転。2名殉職。
1977.8.19 小松島航空隊 8037 舞鶴沖を飛行中にパイロンが故障し墜落。2名殉職。
1977.12.7 大湊航空隊 8049 大湊航空基地上空でホバリング中に落下し、機体は大破。
1980.3.30 小松島航空隊 8033 訓練参加のため小松島沖を飛行中に操縦不能となり不時着水、機体は水没。
1977.10.5 HSS-2A 第121航空隊 8058
8059
千葉県上空を編隊飛行中、空中接触し不時着。
1979.5.24 第101航空隊 8070 夜間対潜訓練に参加するため、館山沖を飛行中に墜落、機体は水没。1名殉職。
1980.3.19 第121航空隊 8060 訓練終了後、館山基地に帰投中、機内で火災が発生し不時着水、機体は水没。4名負傷。
1980.11.22 大村航空隊 8083 大村航空基地に着陸中に海上に不時着水、機体は転覆水没後、揚収。
1983.3.4 HSS-2B 第122航空隊 8098 三重県上空を飛行中、山林に不時着した。
1986.3.27 第121航空隊 8100 訓練実施中、御前崎沖で墜落。3名殉職。
1988.6.11 第121航空隊 8094 リムパック参加の途上、ミッドウェー沖で不時着水、水没。当時、護衛艦「しらね」搭載。
1993.7.20 第211教育航空隊 8132 訓練飛行中、海上に不時着水、機体は水没。
1996.2.14 大湊航空隊 8122 青森県沖で訓練飛行中にエンジン停止により不時着水、機体は水没。

輸送・救難型[編集]

海上自衛隊のS-61A
名古屋港・南極観測船「ふじ(二代目)」艦上展示機
海上自衛隊のS-61AH
S-61A
輸送機として3機が採用され、HSS-2と同じく三菱重工業でライセンス生産された。
S-61A-1
輸送機S-61Aの代替として導入された。1976年(昭和51年)から三菱で新造された2機が納入され、後に2機のHSS-2Bが哨戒機器を撤去され、S-61A-1となった。これらは南極観測船「しらせ」の艦載機で、1機は早くに退役し、3機体制となった。
初代「しらせ」退役に伴い2008年(平成20年)10月15日に館山航空基地でS-61A-1「8185」号機が最終飛行を行い全機退役。この3機は海自に最後まで残ったS-61であった。「しらせ」艦載ヘリ後継機のCH-101に転換される。
S-61AH
S-62Jの代替として1977年(昭和52年)より導入された捜索救難(SAR)機。
13機が配備されたが、現在ではUH-60Jへの転換により、全機退役している。

性能・主要諸元[編集]

SH-3 三面図

SH-3H[編集]

  • 全長:16.69m
  • 全高:5.13m
  • 主回転翼直径:18.9m
  • 全長:22.15m(主回転翼含)
  • 空虚重量:6.201t
  • 全備重量:9.525t
  • 超過禁止速度:267km/h=M0.22
  • 巡航速度:219km/h=M0.18
  • 上昇率:616m/min(海面上)
  • 上昇限度:4,480m
  • ホバリング上昇限度:3,200m
  • 航続距離:970km
  • 発動機:ゼネラル・エレクトリックT58-GE-10ターボシャフト×2
  • 出力:1,400hp
  • 燃料容量:3,180リットル(機内)
  • 武装:対潜魚雷または爆雷×4/対艦ミサイル×2
  • 乗員:4名

採用国[編集]

アルゼンチンの旗 アルゼンチン

ブラジルの旗 ブラジル

ブラジル海軍

 デンマーク

デンマーク空軍

インドの旗 インド

インド海軍

 イラン

イラン空軍
イラン海軍

イラクの旗 イラク

イラク空軍

アイルランドの旗 アイルランド

アイルランド沿岸警備隊

イタリアの旗 イタリア

イタリア空軍
イタリア海軍

マレーシアの旗 マレーシア

マレーシア空軍

ペルーの旗 ペルー

ペルー海軍

サウジアラビアの旗 サウジアラビア

サウジアラビア空軍

スペインの旗 スペイン

スペイン海軍

ベネズエラの旗 ベネズエラ

ベネズエラ軍

アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国

アメリカ空軍
アメリカ沿岸警備隊
アメリカ海兵隊
アメリカ海軍


登場作品[編集]

映画[編集]

ファイナル・カウントダウン
ニミッツ級航空母艦ニミッツ」の艦載機であるSH-3Hが登場。母艦とともに真珠湾攻撃直前の時代へタイムスリップし、漂流する民間人と日本海軍パイロットの救助活動や輸送を行う。
平成ゴジラシリーズ
ゴジラ
HSS-2Bが登場。はるな型護衛艦とともにゴジラを捜索する。
ゴジラvsビオランテ
HSS-2Bが登場。芦ノ湖ビオランテを倒したあとに太平洋へ姿を消したゴジラを捜索する。
ゴジラvsキングギドラ
はるな型護衛艦「ひえい」の艦載機であるHSS-2Bが登場。ベーリング海に出現したゴジラを発見する。
ホワイトハウス・ダウン
VH-3Dが3機登場。大統領を救出するためホワイトハウスへ向かうが、テロリストからM2重機関銃による攻撃を受け、やむなく撤退する。
レッド・オクトーバーを追え!
原子力空母エンタープライズ」の艦載機であるSH-3Hが登場。主人公のジャック・ライアン中佐を、ロサンゼルス級原子力潜水艦ダラス」まで輸送する。

ゲーム[編集]

グランド・セフト・オート・サンアンドレアス
「Leviathan」の名称で登場。フロートが装着されており、水上に着水することが可能。

脚注[編集]

  1. ^ a b c 青木謙知「HSS-1からSH-60Kへ 対潜ヘリコプターの発達 (特集 海上自衛隊の艦隊航空)」、『世界の艦船』第696号、海人社、2008年10月、 88-91頁、 NAID 40016204590
  2. ^ a b 石川潤一「海上自衛隊艦載航空部隊発達史 (特集 海上自衛隊のDDHとその将来)」、『世界の艦船』第584号、海人社、2001年7月、 96-99頁、 NAID 40002156111

外部リンク[編集]