SH-3 シーキング

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

SH-3 シーキング

アメリカ海軍のSH-3H シーキング

アメリカ海軍のSH-3H シーキング

SH-3 シーキング英語: SH-3 Sea King)は、シコルスキー・エアクラフト社が開発した双発哨戒ヘリコプターである。アメリカ海軍が運用していたH-34 チョクトーの後継に採用された。

開発[編集]

1957年シコルスキーは全天候型哨戒ヘリコプターの開発をアメリカ政府と契約した。H-34 チョクトーの後継として対潜戦の役割も兼ねるものであった。試作機は1959年3月11日に初飛行。1961年6月にHSS-2 シーキングと命名され、アメリカ海軍で運用が決定した。

1962年航空機の命名規則改正によりHSS-2はSH-3に改正された。SH-3 シーキングは、主に対潜戦の任務で使用されたが、対艦攻撃、捜索救難兵員輸送、通信、要人輸送、早期警戒など様々な用途に使用された。

民間向けのシコルスキー S-61も開発された。

設計[編集]

海上救難を行うSH-3

強力なタービンエンジン双発の大型機となったことで、これまでは捜索役と攻撃役の2機(ハンター/キラーチーム)で行わなければならなかった対潜作戦が単機で行えるようになった。開発段階で艦載機を想定していたため、メインローターブレードや尾部のテイルブームなどは折りたたむことができる構造になっている。メインローターブレードとテイルローターブレードは共に5枚である。水陸両用作戦での運用を想定して限定的な着水性能も有する。機体両側に配置されたスポンソンにはエアバッグが格納されており、着水時の衝撃緩和とフロートの役割をなす。

幅広い装備があり、それらは用途によって異なる。空母戦闘群(現 空母打撃群)での運用時は、魚雷4本と爆雷4個か空対艦ミサイル4本のいずれかを装備し、空母戦闘群を間接的に防御するためチャフを搭載した。

早期警戒装備にはディッピングソナーソノブイMADがあり、データリンクを介して得られたデータは艦隊に送信できた。捜索救難任務の際には軍医2名と22名の遭難者か、9名分の担架を搭載できた。

兵員輸送であれば、さらに28名を収容できた。

派生型[編集]

大統領の短距離移動機マリーンワン
XHSS-2
試作機。
YHSS-2
アメリカ海軍向け試作・評価機。
SH-3A
旧HSS-2。最初の生産型。
RH-3A
SH-3Aを掃海型に改修した機体。
HH-3A
SH-3Aを捜索救難型に改修した機体。
SH-3D
SH-3Aのエンジン出力を増強した機体。
SH-3G
SH-3AおよびSH-3Dを輸送汎用型に改修した機体。
SH-3H
SH-3Dに新型の対潜探知装備とレーダーを搭載した機体。
NH-3A
SH-3Aをアメリカ空軍向けに改修した実験機。
HH-3E
アメリカ空軍の捜索救難機。
CH-3A
SH-3Aをアメリカ空軍向けに改修した機体。後のCH-3B。
CH-3B
アメリカ空軍の兵員輸送型機。
VH-3A
アメリカ海兵隊向け要人輸送型機。
VH-3D
アメリカ海兵隊が運用する政府専用輸送機大統領の短距離移動機「マリーンワン」に使用される)。
S-61
アメリカ軍のSH-3に対するシコルスキーの型式番号。
S-61A
デンマーク空軍向け。
S-61A/AH
測量や捜索救難など民間向け汎用ヘリコプター。
S-61B
海上自衛隊のHSS-2に対するシコルスキーの型式番号。
S-61D-3
ブラジル海軍向け。
S-61D-4
アルゼンチン海軍向け。
S-61NR
アルゼンチン空軍向け。
S-61R
アメリカ空軍(CH-3/HH-3)、イタリア空軍他向け。
AS-61
アグスタ社の型式番号。
WS-61
ウェストランド社の型式番号。
CH-124
ユナイテッド・エアクラフト・オブ・カナダ社の型式番号。

性能・主要諸元[編集]

SH-3 三面図

SH-3H[編集]

  • 全長:16.69m
  • 全高:5.13m
  • 主回転翼直径:18.9m
  • 全長:22.15m(主回転翼含)
  • 空虚重量:6.201t
  • 全備重量:9.525t
  • 超過禁止速度:267km/h=M0.22
  • 巡航速度:219km/h=M0.18
  • 上昇率:616m/min(海面上)
  • 上昇限度:4,480m
  • ホバリング上昇限度:3,200m
  • 航続距離:970km
  • 発動機:ゼネラル・エレクトリック T58-GE-10ターボシャフト×2
  • 出力:1,400hp
  • 燃料容量:3,180リットル(機内)
  • 武装:対潜魚雷または爆雷×4/対艦ミサイル×2
  • 乗員:4名

採用国[編集]

登場作品[編集]

映画[編集]

ファイナル・カウントダウン
ニミッツ級航空母艦ニミッツ」の艦載機であるSH-3Hが登場。母艦とともに真珠湾攻撃直前の時代へタイムスリップし、漂流する民間人と日本海軍パイロットの救助活動や輸送を行う。
ホワイトハウス・ダウン
VH-3Dが3機登場。大統領を救出するためホワイトハウスへ向かうが、テロリストからM2重機関銃による攻撃を受け、やむなく撤退する。
レッド・オクトーバーを追え!
原子力空母エンタープライズ」の艦載機であるSH-3Hが登場。主人公のジャック・ライアン中佐を、ロサンゼルス級原子力潜水艦ダラス」まで輸送する。

ゲーム[編集]

グランド・セフト・オート・サンアンドレアス
「Leviathan」の名称で登場。フロートが装着されており、水上に着水することが可能。

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

出典[編集]

参考文献[編集]

  • 青木, 謙知「HSS-1からSH-60Kへ 対潜ヘリコプターの発達 (特集 海上自衛隊の艦隊航空)」『世界の艦船』第696号、海人社、2008年10月、 88-91頁、 NAID 40016204590
  • 石川, 潤一「海上自衛隊艦載航空部隊発達史 (特集 海上自衛隊のDDHとその将来)」『世界の艦船』第584号、海人社、2001年7月、 96-99頁、 NAID 40002156111
  • 『海上自衛隊25年史』海上幕僚監部、1980年。NCID BA67335381
  • 『海上自衛隊50年史』海上幕僚監部、2003年。NCID BA67335381
  • 日本の航空宇宙工業50年の歩み』日本航空宇宙工業会、2003年。NCID BA64712956
  • Taylor, John W. (1966). Jane's All the World's Aircraft 1965-66. Sampson Low. NCID BA01536928. 
  • Taylor, John W. (1974). Jane's All the World's Aircraft 1974-75. Key Book Service. ISBN 978-0354005029. 
  • Taylor, John W. (1983). Jane's All the World's Aircraft 1982-83. Jane's Publishing Compny Limited. ISBN 978-0710607805. 
  • Lambert, Mark (1991). Jane's All the World's Aircraft 1991-92. Jane's Information Group. ISBN 978-0710609656. 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]