セスナ CH-1 スカイフック

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

CH-1/YH-41 スカイフック

CH-1B / YH-41A

CH-1B / YH-41A

セスナ CH-1 スカイフックは、セスナ社が試作したヘリコプター。派生型にアメリカ陸軍に試験納入されたYH-41 セネカがある。生産は1962年12月に終了し、総生産機数はYH-41などを含め50機未満である。

概要[編集]

セスナ社が1950年代に開発した試作ヘリコプターで飛行には成功したものの、実際に採用された例は少数に留まる[1]。これまでにセスナ社が開発した唯一のヘリコプター[1]。エンジンを前方に配置するという他社製のヘリコプターには無い特徴を有する[1]。この軽飛行機のような配置は、エンジン部へのアクセスを良好にし、整備性を高めていた[2]

名前
セスナ社の他の航空機スカイレーンスカイホークなどの商品名を踏襲している[3]
世界記録
パイクスピークの山頂に着陸した初めてのヘリコプターである。1957年12月28日、エンジンを改良したCH-1Bは、高度 9,076 m(29,777 ft、搭載機器は高度30,355 ftを記録)を達成し、国際航空連盟が認めるレシプロエンジンを搭載したヘリコプターの最高高度記録となった[2]
連邦航空局のIFR認証を受けた最初の航空機である。

歴史[編集]

1952年1月14日、カンザス州ウィチタにあるサイベルヘリコプターを買収した[3]。このサイベル社の製造したサイベルS-4(en)やS-4Bをベースにセスナ CH-1 スカイフックが作り上げられた。

バリエーション[編集]

CH1-1
1953年に製造された外装の無いテストベッド機
CH-1
プロトタイプ 2-place cabin
CH-1A
尾部の安定性を改善したことにより、4人乗りが可能になった。
CH-1B
アメリカ陸軍の要求仕様のために作られた。
YH-41A
アメリカ陸軍との生産契約を行う評価のため、10機納入された。
CH-1C
UH-41A
軍事支援プログラム(MAP)のため海外販売された。
CH-4
アメリカ軍の軽観測ヘリコプター計画のために作られた機体
CH-1D
Continental's "Whirlaway" エンジンを搭載したモデル

運用者[編集]

エクアドルの旗 エクアドル
イランの旗 イラン
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国

仕様[編集]

  • 乗員: 1名
  • 乗客: 3名
  • 全長:12.95m
  • 全高:2.51m)
  • 空虚重量:943kg
  • 全備重量:1,406 kg
  • エンジン: 1 × Continental FSO-526-A 空冷式水平対向6気筒 270 hp (200 kW)
  • 回転翼径:10.67m

出典[編集]

  1. ^ a b c “セスナCH-1/YH-41スカイフック”. J-Wings (イカロス出版). (2018年1月号). 
  2. ^ a b Cessna in the Helicopter Age(Vertical Magazine)
  3. ^ a b c "Steve Remington. “The Cessna CH-1 Helicopter; A Record Setter - Fifty+ Years Later”. CollectAir. 2009年6月21日時点のオリジナルよりアーカイブ。2009年6月21日閲覧。
  4. ^ Apostolo, Giorgio. The Illustrated Encyclopedia of Helicopters, p. 62. Bonanza Books, New York, 1984. 0-517-43935-2.

関連項目[編集]

外部リンク[編集]