VH-71 (航空機)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

VH-71 ケストレル(Kestrel:チョウゲンボウの意)とは、現アグスタウェストランドが開発したEH101をベースとして、加えてロッキード・マーティンベル・エアクラフトが共同で開発した、アメリカ海兵隊マリーンワン(アメリカ大統領専用機)用ヘリコプターである。VH-3D、及びVH-60Nプレジデントホークの後継とされていた(計画は中止、後述)。旧称US101

概要[編集]

2002年7月23日、アグスタウェストランド社とロッキード・マーティン社が中型ヘリの共同開発に関して10年間の契約に調印した。これは、アメリカ空軍アメリカ沿岸警備隊、そしてアメリカ海兵隊のマリーンワン向けに共同開発機を売り込む目的があった。

1961年から約50年が経とうとしている現在でも、マリーンワンとして運用されているVH-3であるが、老朽化と、最新設備を搭載する容量がもはや限界に達していた。加えて、UH-60ブラックホークを改造したVH-60Nも採用しているものの、輸送機への搭載が容易に出来る代わりに、キャビンが非常に狭いと言った欠点を持っていた。 そこで2003年12月アメリカ国防総省が次期大統領専用ヘリコプター計画(VXX)を発表し、このトライアルにUS101を提出した。

ここでライバルとなったのは、シコルスキー・エアクラフト社のH-92スーパーホークであった。このH-92のバックには、L-3 コミュニケーションズノースロップ・グラマンGE・アビエーションなどの有力企業が付いていた。しかし、要求されていた18人乗りかつVC-25エアフォースワン並みの機器を積んで640kmの航続距離を飛行すると言う条件が課されており、H-92ではほぼ新製しなければ到底満たせない条件であった。加えて、US101は3発エンジンだった事が決定打となり、2005年1月28日、US101がトライアルを勝ち抜き、VH-71ケストレルの名称を与えられた。

開発と打ち切り[編集]

国会議員らによるオバマ大統領への陳情書(pdf)

開発に関しては、AW側が36%、ロッキード・マーティンが31%、ベル・エアクラフトが27%、と、他社6%(総計64%)で分配される事となっていた。2008年9月には初号機が初飛行テストに成功、2機が完成し、7機が完成間近の状態であった。

ところが、攻撃攪乱と対核兵器電磁波防御能力、さらにはキッチンの付与など、最終的に約1,900項目もの開発要求が次々追加されていき、当初60億ドル(約6,000億円:1ドル100円)だった開発予算総額が112億ドル(1兆1,200億円、イージス艦10隻が建造できる)と大幅に膨れ上がってしまい、1機4億ドル(400億円)と、F-22ラプター約2.5機分はおろか、VC-25エアフォースワン(3億2,500万ドル)より価格が暴騰してしまった事、2009年1月にアメリカ合衆国大統領ジョージ・W・ブッシュからバラク・オバマに交代、オバマ政権による予算削減のプランに入ってしまい、2009年6月には開発契約を破棄され、事実上の計画打ち切りとなってしまった[1]。実現していれば、2017年度までには27機編成の部隊が発足予定であった。

今後、VH-71用に積み立てられた予算はVH-3D・VH-60の改修に充てられる事となった。これに対してアメリカ非営利団体である『政府の無駄に反対する市民(Citizens Against Government Waste)』がこれに異を唱え、老朽化したヘリを使用すべきではないし、予算を注ぎ込んだ計画を中止すべきではない」としている。 [2]

2014年5月7日、アメリカ海軍はシコルスキー・エアクラフトのS-92を、次期大統領専用ヘリコプターに決定したことを発表した[3]

性能諸元[編集]

  • 乗員:4名
  • 全長:74.1ft (22.81m)
  • 全高:6.65 m (21 ft 10 in)
  • 主回転翼直径:18.59 m (61 ft 0 in)
  • 空虚重量:10.500 t (23,150 lb)
  • 最大離陸重量:15,600kg (34,320lb)
  • 積載能力:14名または立席45名または担架16個。
  • 出力:2,520 shp (1,879 kW) × 3
  • 超過禁止速度:309 km/h=M0.25 (192 mph)
  • 航続距離:1,389 km (750NM)
  • 上昇限度:4,575 m (15,000 ft)
  • 上昇率:2,000 m/min

脚注[編集]

  1. ^ 因みに時を同じくして、アメリカ空軍の戦闘捜索救難 (CSAR)用新型機として選定されかけていたHH-47も中止となっている
  2. ^ [1]
  3. ^ J Wings 2014年8月号

登場作品[編集]

バンテージ・ポイント』(2008年・アメリカ映画)
コンピュータグラフィックス作成の同機が登場。

関連項目[編集]