VADS

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
対空機関砲VADS-1改(M167の派生型)

VADS(Vulcan Air Defense System)は、アメリカ軍で開発された対空機関砲システムである。航空機関砲として有名なM61 バルカンシリーズをもとにして開発された。VADSの通称は「バッズ」である。

概要[編集]

VADSシリーズは、M61 バルカン対空砲バージョンであるM168 20mm機関砲を中核として、レーダーコンピュータなどによる射撃管制装置を組み合わせた半自動システムである。自走式のM163と、牽引式のM167がある。M163の車体はM113装甲兵員輸送車をベースとしている。弾薬は通常、航空機に対して有効である20mm曳光自爆榴弾(HEIT-SD)[1]を使用する。

M168は、アメリカ合衆国ゼネラル・エレクトリック社が開発したM61の派生型である。M61は有名な航空機関砲であり、6,000または4,000発/分という発射速度を誇るが、VADSのM168では3,000または1,000発/分に低下させてある。また、M61の場合は6本ある銃身が正面から見ると真円になるように配置され、一点に対しての射撃における命中率を向上させているのに対して、VADSの場合やや楕円になるように配置されている。これにより発射された砲弾が散らばり弾幕を展開することが可能となっている。

VADSは測距レーダーと弾道計算機を組み合わせて適切な偏差射撃(移動する標的までの距離を計算して未来位置に射撃し、命中させる射撃方法)が可能となっている。現在は赤外線カメラを付加し、より正確な射撃が可能になった改良型への更新が進んでいる。スーダンやイエメンでは、VADSをBTR-152に車載した簡易自走対空砲が存在する。

採用国[編集]

戦争記念館で展示される韓国軍のM167
日本においては、航空自衛隊が航空基地の防空用にM167を導入し、使用している。これには新品と、F-104J/DJの退役機から機関砲を再利用した中古再生品がある。有効射程1.2km。

登場作品[編集]

小説[編集]

『機動要塞「大和」』
第二次世界大戦時にタイムスリップした日本において、航空自衛隊の基地防空隊が、基地に襲来するB-29 スーパーフォートレスを迎撃するために使用する。
『超空の決戦』
タイムゲートを通じて第二次大戦時に派遣された自衛隊が、満州国に襲来するソ連軍航空機を迎撃するために使用する。

脚注[編集]

  1. ^ 発射後一定距離で炸裂(自爆)し、破片効果による航空機の撃墜を狙った弾薬。また、自爆することにより失中時の友軍誤射、不発弾の発生を低減させている。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]