PK (機関銃)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
PK
PKM machine gun in storage.jpeg
PKM機関銃
PK
種類 軍用機関銃
製造国 ソビエト連邦の旗 ソビエト連邦
設計・製造 ミハイル・カラシニコフ
コブロフ社
年代 冷戦
仕様
種別 汎用機関銃
口径 7.62mm
銃身長 PK:658mm
PKM:645mm
PKT:772mm
ライフリング 4条右回り
使用弾薬 7.62x54mmR弾
装弾数 ベルト給弾式
作動方式 ガス圧利用(ロングストロークピストン式)ロータリーボルト式
全長 PK:1,173mm
PKM:1,160mm
PKT:1,098mm
重量 PK:9,000g
PKM:7,500g
PKT:10,500g
発射速度 PK・PKM:650発/分
PKT:800発/分
銃口初速 PK・PKM:825m/秒
有効射程 1,000m
歴史
設計年 1960年
製造期間 1960年-
配備期間 1961年-
配備先 ソビエト連邦軍ロシア連邦軍など
テンプレートを表示

PK機関銃ロシア語ПК ペカー;Пулемёт Калашниковаプリミョート・カラーシュニカヴァ:「カラシニコフ機関銃」)は、ソビエト連邦製の7.62mm口径汎用機関銃である。この銃は、ソ連軍1960年代SG-43重機関銃およびRP-46軽機関銃の後継として、AK-47を設計したことで著名なミハイル・カラシニコフが設計した。

概要[編集]

PK機関銃は、ミハイル・カラシニコフにより設計された戦後第1世代の汎用機関銃である。1961年から配備が開始されている。

内部構造は基本的に、カラシニコフが設計したAK-74小銃と同様の機構で設計された。作動方式は、ガス圧利用(ロングストロークピストン方式)、ロータリーボルト式である。

この機関銃は、銃身にキャリングハンドルを装着して素早い銃身交換を可能なように設計しており、冷却効果を高めるために銃身には銃身と平行に溝が彫られている。二脚架はガスチューブ部に設けられ、銃を地面に置いたままで銃身だけを交換できる。合板製の銃床には大きな穴が開けられ、軽量化を図ると同時に、運搬や射撃の際につかみやすい形状をしている。

この銃の弾丸は、ワルシャワ条約機構の制式弾薬でもある7.62x54mmR弾(リム付)であり、25連発の非分離式金属製ベルト(後に100連発式に延長、前任のPM1910重機関銃SG-43重機関銃用の250連発リンクも使用可能)に装着して使用する。100発以上連射したい時はリンク同士を弾薬をピン代わりに使用して接続することも可能である。また、給弾口の下の本体下部には弾丸を取り付けた弾薬リンクを収納した弾薬箱を取り付ける金具が存在し、移動しながらの射撃も可能となっている。

大きなテーパーとリムの付いた7.62x54mmR弾を使用するため、弾薬は一旦弾薬リンクから後方に引き抜かれ、その後下方の薬室に向け送り込まれるという複雑な給弾方式が取られている。西側の一般的なベルト給弾式機関銃は給弾口が左側に位置するのに対し、PK機関銃では給弾口がそれぞれ右側に配置されている。PM1910などのロシア製ベルト給弾式機関銃は、すべてこの方式となっている。

改良型のPKMは、製造工程簡略化のために銃身の溝(フルント)を廃止した銃身を使用し、生産効率向上と軽量化のために一部の部品の製造方法を削り出しからプレス加工に換えるなどの変更を加えたものである。重量は弾薬無しの状態でわずか7.5kgである。1969年に制式採用された。

PK系の機関銃は、開発時既にAK-47およびRPDという7.62x39mm弾による分隊編制が進んでおり、いわゆる軽機関銃用途ではなく、狙撃兵歩兵中隊の機関銃小隊に配備され、各歩兵小隊を支援する任務を帯びている。 RPDやRPKといった分隊支援火器では射程・威力で不十分、また、各小隊のSVDでは火力で不十分な目標に対して、これを制圧することが求められている。

PK系の機関銃は、リム付き弾薬を使用し給弾機構が複雑となるという問題点を持つにも関わらず、同世代の西側の機関銃と較べかなり軽量であり、その信頼性の高さと併せて、西側諸国でも「弾薬と給弾システム以外は総合性能の高い汎用機関銃」と高く評価されている。

派生型[編集]

PKS/PKMS
PK/PKMを三脚に据付けた場合にこの名で呼ばれる。
PKSN/PKMSN
上述のPKS/PKMSにNSPU暗視装置を装備したタイプ。
PKT機関銃
PKT/PKMT
戦車同軸機銃用にSGMT機関銃の後継機銃として設計された派生型の一種で、銃身を容易に交換できないために連射に耐えられるように銃身を厚くしたほか、電気式の遠隔操作用トリガーと硝煙排出装置を装備している。
T-62以降の戦車やBMP歩兵戦闘車BTR-60以降の装甲兵員輸送車BRDM-2装甲偵察車など、ソ連ロシア製の主だった装甲戦闘車両に装備されている。
PKB/PKMB
車両や戦車の砲塔上に設置するもので、引き金の代わりに押し金が後端に装備されている。
PKP ペチェネグ
PKP ペチェネグ(6P41)英語版ロシア語版
PKMを分隊支援火器として運用しやすいように改良したもの。ルイス軽機関銃のものと同じ原理の空冷放熱機能を持つ銃身ジャケットを備え、二脚は再設計されたものが銃口付近に設けられた。そのため、銃身の迅速交換は考慮されていない。現在、ロシアの特殊部隊を中心に配備が始まっている。

ソ連以外での派生型・コピー品[編集]

80式汎用機関銃
中国北方工業公司がPKMをコピー生産したもの。人民解放軍への配備は限定的で、輸出をメインとしている。
86式同軸機銃
80式を基に開発された同軸機銃。中国版PKMT。
73式軽機関銃
朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)によるPKの派生型。弾帯のほか、バナナ形状の箱型弾倉も使用できる。箱型弾倉はレシーバーの上側から挿入される。銃口制退器、照準器、ガスチューブ、二脚、銃床の形状が独自のデザインとなっている。
82式機関銃
朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)がPKMを生産したもの。ハングル刻印があり、生産しているのは確かだが、特殊部隊向けで広範囲に配備されていないとされる。九州南西海域工作船事件で沈没後、引き上げられた工作船より一挺発見された。
セルビア製のツァスタバ M84
ツァスタバ M84英語版クロアチア語版セルビア語版
セルビアユーゴスラビア)のツァスタバ・アームズ社がPKMを基に生産したもの。M53機関銃の後継として制式化された。光学照準器暗視装置が装着できるマウントが装備され、PK機関銃特有の銃床の穴が無くなっている。
ツァスタバ M86
PKMTと同様の同軸機銃用モデル。M-84戦車などに搭載されている。
7.62x54mmアーセナルマシンガンMG-1M
ブルガリアアーセナル社が製造する。構造はPKMを基とするが、銃身に独自の改良が加えられている。
UKM-2000
ポーランド製。7.62x51mm NATO弾を使用可能とするなど、独自の改良がされている。
Mayak KM-7.62
ウクライナのMayak社がPKMを基に生産したもの。基になったPKMより操作性が向上した[1]
Mayak KT-7.62/KTM-7.62
KM-7.62を基に開発された同軸機銃用モデル。

採用国[編集]

登場作品[編集]

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]