中華人民共和国現役将校法

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
中華人民共和国の軍事
中国人民解放軍軍徽
最高軍事指導機関
中央軍事委員会国家
国務院機関
国防部 国防科工局
国家国防動員委員会 国家辺海防委員会
中華人民共和国武装力量
中国人民解放軍の旗 中国人民解放軍
People's Armed Police Flag.svg 中国人民武装警察部隊
中国民兵
戦区
東部戦区 南部戦区 西部戦区
北部戦区 中部戦区
軍種
中国人民解放軍陸軍の旗 陸軍 中国人民解放軍海軍の旗 海軍 中国人民解放軍空軍の旗 空軍
中国人民解放軍ロケット軍の旗 ロケット軍
中央軍事委員会直轄独立部隊
戦略支援部隊
中央軍委聯勤保障部隊
中央軍事委員会直属院校
国防大学 軍事科学院 国防科学技術大学
作戦空間別戦力
陸軍 海軍陸戦隊 空軍空降兵

海軍 陸軍船艇部隊

空軍 海軍航空兵 陸軍航空兵

ロケット軍
海軍核潜艇部隊 空軍爆撃機部隊

戦略支援部隊航天系統部

戦略支援部隊網絡系統部
駐特別行政区部隊
駐香港部隊 駐マカオ部隊
階級制度
人民解放軍 武装警察
軍事思想と歴史
人民戦争理論 人海戦術
解放軍の歴史
ゲリラ 運動戦 超限戦
関連法規
国家安全法 国防法 兵役法
国防動員法 国防教育法 人民防空法
国防交通法 国家情報法 ネット安全法
反テロリズム法 反スパイ法
現役士官法 予備役士官法
人民武装警察法
民兵工作条例
士官階級条例 軍政治工作条例

中華人民共和国現役将校法(ちゅうかじんみんきょうわこくげんえきしょうこうほう)とは、中華人民共和国軍事に関する行政法。原語表記「中华人民共和国现役军官法」。

概要[編集]

中国軍事の基幹法として国防法があり、徴兵・兵役の募集に関する法律が兵役法であり、現役将校法は募兵後の規定を定めたものである。1988年9月5日に成立し、2000年12月28日に修正された。8章54条からなる法律である。詳細を規定した条例として「军官军衔条例(内務条令)」があり、また、関連条例として「军官服役条例(規律条令)」(兵役法36条による設置)がある。本法律と兵役法および各条例と合わせ、中国解放軍の軍制度を規定している。なお、「現役士官法」と翻訳する例も見受けられる。[1]


脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]