ネパールの大統領

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ネパールの旗 ネパール連邦民主共和国
大統領
संघीय प्रजातान्त्रिक गणतन्त्र नेपालको राष्ट्रपति
Emblem of Nepal.svg
Bidya bhandaRi.jpg
現職者:
ビドヤ・デビ・バンダリ
(第2代)
就任日: 2015年10月29日
任期 5年
任命者 ネパール制憲議会
初代 ラーム・バラン・ヤーダブ
創設 2008年5月18日[A 1]
公式サイト Office of the President, Nepal
  1. ^ 王制廃止日。
テンプレートを表示

ネパールの大統領(ネパールのだいとうりょう、ネパール語: संघीय प्रजातान्त्रिक गणतन्त्र नेपालको राष्ट्रपति)は、ネパール連邦民主共和国元首大統領)である。

概要[編集]

ネパールの大統領は儀礼的かつ象徴的なものであり、政治の実権は首相が握る。

選出[編集]

暫定憲法の規定により、制憲議会の得票が過半数の候補者を選出する。

大統領の一覧[編集]

大統領 所属政党 在任期間 備考
0- Girija P koirala.jpg ギリジャー・プラサード・コイララ
गिरिजा प्रसाद कोइराला
ネパール会議派
(NC)
0- 2007年1月15日
- 2008年7月23日
暫定元首[1]
01 Dr. Ram Baran Yadav.jpg ラーム・バラン・ヤーダブ
रामवरण यादव
ネパール会議派
(NC)
01 2008年7月23日
- 2015年10月29日
02 Bidya bhandaRi.jpg ビドヤ・デビ・バンダリ
विद्यादेवी भण्डारी
ネパール統一共産党
(CPN–UML)
02 2015年10月29日
- (現職)

脚注[編集]

  1. ^ 暫定憲法公布に伴い、首相として暫定国家元首に就任。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]