ネパールの大統領

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ネパールの旗 ネパール連邦民主共和国
大統領
संघीय प्रजातान्त्रिक गणतन्त्र नेपालको राष्ट्रपति
現職者
ラム・チャンドラ・パウデル(第3代)
रामचन्द्र पौडेल

就任日 2023年3月13日
種類元首
ネパール軍最高指揮官(名目上)
呼称閣下
庁舎ラストラパティ・バワン
所在地カトマンズ
任命選挙人団による間接選挙
連邦議会議員、州議会議員による選出)
任期5年(3選禁止)
根拠法令ネパール連邦民主共和国憲法
前身国王
初代就任ラーム・バラン・ヤーダブ
創設2008年5月28日 (15年前) (2008-05-28)[A 1]
職務代行者副大統領
ラム・サハヤ・ヤーダブ英語版
俸給月額 150,450 ルピー[1]
ウェブサイトOffice of the President of Nepal
  1. ^ 王制廃止日。

ネパールの大統領(ネパールのだいとうりょう、ネパール語: संघीय प्रजातान्त्रिक गणतन्त्र नेपालको राष्ट्रपति)は、ネパール連邦民主共和国元首たる大統領である。

沿革[編集]

2007年1月に王国議会下院は暫定憲法を採択され、国王の統治権が削除された。君主制の停止中、首相であるギリジャー・プラサード・コイララが暫定元首を兼任した。

2008年5月28日、制憲議会は政体を連邦民主共和制とする決議を行い、247年に亘る君主制を廃止し大統領制を導入した。

資格[編集]

45歳以上の連邦議会議員で、法による不適格要件が無い者。大統領を通算2期務めた者は立候補資格がない[注 1]

選出[編集]

連邦議会議員と州議会議員で構成される選挙人団による間接選挙で過半数の得票で当選。過半数の得票を得た候補者がいない場合、上位2名による決選投票で選出する[注 2]

大統領の一覧[編集]

ネパールの旗 ネパール王国[編集]

元首 所属政党 在任期間 備考
00 ギリジャー・プラサード・コイララ
गिरिजा प्रसाद कोइराला
ネパール会議派
(NC)
2007年1月15日
- 2008年7月23日
1年 + 190日 暫定元首
首相
[注 3]

ネパールの旗 ネパール連邦民主共和国[編集]

大統領 所属政党 在任期間 備考
001 ラーム・バラン・ヤーダブ
रामवरण यादव
ネパール会議派
(NC)
1 2008年7月23日
- 2015年10月29日
7年 + 98日 任期特例
[注 4]
002 ビドヤ・デビ・バンダリ
विद्यादेवी भण्डारी
ネパール統一共産党
(CPN–UML)
2 2015年10月29日
- 2019年1月15日
8年 + 204日
3 2019年1月15日
- 2023年3月13日
003 ラム・チャンドラ・パウデル
रामचन्द्र पौडेल
ネパール会議派
(NC)
4 2023年3月13日
-(現職)
1年 + 68日

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ ネパール連邦民主共和国憲法第64条。
  2. ^ ネパール連邦民主共和国憲法第62条。
  3. ^ 暫定憲法公布に伴い、首相として暫定国家元首に就任。
  4. ^ 暫定憲法第63条の規定により、大統領任期は5年であるが、第297条の規定により暫定憲法公布時の正副大統領に限り、次の正副大統領を選出するまで(新憲法が公布されるまで)を任期とする。[2]

出典[編集]

  1. ^ How much are VIPs, including President and PM, paid monthly?”. thehimalayantimes.com (2016年7月20日). 2023年11月19日閲覧。
  2. ^ Constitution of Nepal 2072 - ネパール暫定憲法(英語)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]