中華人民共和国の最高指導者一覧

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
中華人民共和国

中華人民共和国の政治


関連項目: 香港の政治マカオの政治

他国の政治 · 地図
政治ポータル

中華人民共和国の最高指導者一覧(ちゅうかじんみんきょうわこくのさいこうしどうしゃいちらん)は、中華人民共和国の政策決定について最終決定権を行使した人物の一覧である。

概要[編集]

中華人民共和国の政治構造は、憲法に明記されているように、中国共産党が国家を領導(上下関係を前提とする指導)する。従って、中国共産党の最高指導者が国家の最高指導者となる。

中国共産党の最高指導者は、党則上、中国共産党中央委員会総書記1982年以前は中央委員会主席)であるが、1980年代鄧小平のように、党の最高職に立たずに最高指導者となったケースもある。これは、党の最高職である主席・総書記と、中国共産党の党軍であり、事実上の国軍でもある中国人民解放軍を統帥する中国共産党中央軍事委員会主席を務める人物が分かれていたからである。鄧小平は権力の源泉となる軍の統帥権者である党中央軍事委員会主席の地位を確保し、自身の腹心の配下である胡耀邦趙紫陽らを党総書記に据えることで主導権を掌握した。鄧小平は、1987年10月の第13回党大会で党中央委員中央政治局常務委員を退いたものの党中央軍事委員会主席の地位は確保し、さらに第13期党中央委員会第1回全体会議(第13期1中全会)で、党中央政治局の重要決定に関する最終決定権を承認された。その後、1989年第二次天安門事件を受けて開催された第13期5中全会で鄧小平は党総書記の江沢民に党中央軍事委員会主席を譲って「完全引退」を宣言し、無位無官の身となったが、以後も江沢民の後見役として1992年に「南巡講話」を発表し、改革開放路線を推し進めるよう党指導部に迫るなど、最高実力者として振舞った。

同年10月の第14回党大会において江沢民体制が確立したことにより、鄧小平から江沢民へ最高指導者としての地位が移行した。江沢民は党総書記・中央軍事委員会主席とともに、1993年国家元首である中華人民共和国主席国家主席)に就任、党・国家・軍の三権を掌握した。これは毛沢東が国家主席に在職(1954年 - 1959年)していたとき以来のことである。中国共産党の最高指導者が党・国家・軍の最高職を独占する権力集中体制は、次代の胡錦濤、次々代の習近平体制にも継承された。

歴代最高指導者[編集]

※太字の人物は「党中央の核心」と位置付けられた人物。

姓名 肖像 統治期間 党首 国家元首 行政府首相 軍の統帥者
党中央委員会主席 中央人民政府主席 政務院総理 党中央軍事委員会主席
1 毛沢東 Mao Zedong portrait.jpg 1949年10月1日
- 1976年9月9日
毛沢東 毛沢東 周恩来 毛沢東
国家主席 国務院総理
毛沢東 周恩来
劉少奇
空席
全国人民代表大会常務委員長
朱徳
空席
華国鋒
空席
空席 空席 空席
2 華国鋒 Hua Guofeng-1.jpg 1976年10月7日
- 1978年12月22日
華国鋒 華国鋒
葉剣英
3 鄧小平 Deng Xiaoping.jpg 1978年12月22日
- 1989年11月9日
趙紫陽
胡耀邦 鄧小平
党中央委員会総書記
胡耀邦
国家主席
李先念
趙紫陽
李鵬
楊尚昆
江沢民
4 江沢民 Jiang Zemin St. Petersburg2002.jpg 1989年11月9日
- 2002年11月15日
江沢民
江沢民
朱鎔基
5 胡錦濤 Hu Jintao Cannes2011.jpg 2002年11月15日
- 2012年11月15日
胡錦濤
胡錦濤 温家宝
胡錦濤
6 習近平 Xi Jinping 2016.jpg 2012年11月15日 - 習近平 習近平
習近平 李克強

参考文献[編集]

  • 曽憲義・小口彦太編『中国の政治 開かれた社会主義への道程』(早稲田大学出版部、2002年)
  • 毛里和子『新版 現代中国政治』(名古屋大学出版会、2004年)
  • 高橋和之編『新版 世界憲法集』(岩波書店〈岩波文庫〉、2007年)

関連項目[編集]