ミャンマーの大統領

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ミャンマーの旗 ミャンマー連邦共和国
大統領
ပြည်ထောင်စု သမ္မတ မြန်မာနိုင်ငံတော်‌ သမ္မတ
State seal of Myanmar.svg
Win Myint NLD.jpg
現職者
ウィン・ミン英語版

就任日 2018年3月30日
指名者 連邦議会
任命者 大統領選出会議
任期 1期5年、再任は1期限り
規定文書 ミャンマー連邦共和国憲法
初代 サオ・シュエ・タイク英語版
創設 1948年1月4日
副官 副大統領
ウェブサイト www.president-office.gov.mm

ミャンマーの大統領(ミャンマーのだいとうりょう、ပြည်ထောင်စု သမ္မတ မြန်မာနိုင်ငံတော်‌ သမ္မတ)は、ミャンマー(ビルマ)の国家元首たる大統領である。

概要[編集]

1947年憲法[編集]

1947年制定の初代憲法では、大統領は民族代表院(上院)と地域代表院(下院)の議員によって選出され、行政権を有していた。助言を与える補助機関として、首相国務大臣からなる連邦政府(内閣の名称)が存在し、首相は下院の指名に基づいて大統領が任命し、国務大臣は首相の指名に基づいて大統領が任命した[1]。任期は5年で、各主要民族から順次選出される不文律があった。

第一軍政 (1962-1974)[編集]

1962年から1974年までの間、ビルマでは軍事政権の最高決定機関である連邦革命評議会[2]の議長が、大統領の代わりに国家元首職を務めていた。

1974年憲法[編集]

1974年制定の第二代憲法では、大統領は国家を代表する存在で、国家評議会[3]の議長が大統領に就任することとなっていた。

第二軍政 (1988-2008)[編集]

1988年以降は、軍事政権の最高決定機関である国家平和発展評議会(SPDC)の議長が、大統領の代わりに国家元首職を務めている。

2008年憲法[編集]

2008年に制定された憲法の規定により、大統領と二人の副大統領が連邦議会によって選出されることとなった。なお、任期途中で大統領が辞任した場合には第一副大統領が一時的に大統領代行となり、7労働日以内に連邦議会で後任の大統領を選出しなければならない[4][5]

歴代大統領の一覧[編集]

Flag of Burma (1948-1974).svg ビルマ連邦(1948年 - 1974年)[編集]

氏名 所属政党 在任期間
1 サオ・シュエ・タイク英語版
စဝ်ရွှေသိုက်
Sao Shwe Thaik
Sao Shwe Thaik.jpg 反ファシスト
人民自由連盟

(AFPFL)
1948年1月4日
- 1952年3月16日
2 バー・ウ英語版
ဘဦး
Ba U
Ba U.JPG 反ファシスト
人民自由連盟
(AFPFL)
1952年3月16日
- 1957年3月13日
3 ウィン・モン英語版
မန်းဝင်းမောင်
Win Maung
Mahn Win Maung.jpg 反ファシスト
人民自由連盟
(AFPFL)
1957年3月13日
- 1962年3月2日

[6]
ネ・ウィン
နေဝင်း
Ne Win
President Ne Win Portrait.JPG 無所属
軍人
1962年3月2日
- 1974年3月4日

Flag of Myanmar (1974-2010).svg ビルマ連邦社会主義共和国(1974年 - 1988年)[編集]

氏名 所属政党 在任期間
4 ネ・ウィン
နေဝင်း
Ne Win
President Ne Win Portrait.JPG ビルマ
社会主義計画党

(BSPP)
1974年3月4日
- 1981年11月9日
5 サン・ユ
စန်းယု
San Yu
San Yu portrait.JPG ビルマ
社会主義計画党
(BSPP)
1981年11月9日
- 1988年7月25日
6 セイン・ルイン
စိန်လွင်
Sein Lwin
Replace this image JA.svg ビルマ
社会主義計画党
(BSPP)
1988年7月25日
- 1988年8月12日
大統領
代行
エー・コ英語版
အေးကို၊ ဦး
Aye Ko
U Aye Ko.jpg ビルマ
社会主義計画党
(BSPP)
1988年8月12日
- 1988年8月19日
7 マウン・マウン
မောင်မောင်
Maung Maung
Dr Maung Maung.jpg ビルマ
社会主義計画党
(BSPP)
1988年8月19日
- 1988年9月18日

Flag of Myanmar (1974-2010).svg ビルマ連邦(1988年 - 1989年)→ ミャンマー連邦(1989年 - 2010年)[編集]

クーデターにより軍部が権力を掌握し、国家法秩序回復評議会(1997年11月以降は国家平和発展評議会)の議長が大統領に代わって国家元首となった。

氏名 所属政党 役職名及び在任期間
ソウ・マウン
စောမောင်
Saw Maung
Replace this image JA.svg 無所属
(軍人)
国家法秩序回復評議会議長
1988年9月18日 - 1992年4月23日
タン・シュエ
သန်းရွှေ
Than Shwe
Than Shwe 2010-10-11.jpg 無所属
(軍人)
1992年4月23日 - 1997年11月15日
国家平和発展評議会議長
1997年11月15日 - 2011年3月30日

Flag of Myanmar.svg ミャンマー連邦共和国(2010年 - )[編集]

氏名 所属政党 在任期間
8 テイン・セイン
သိန်းစိန်
Thein Sein
TheinSeinASEAN.jpg 連邦団結
発展党

(USDP)
2011年3月30日
- 2016年3月30日
9 テイン・チョー
ထင်ကျော်
Htin Kyaw
President Htin Kyaw.jpg 国民民主連盟
(NLD)
2016年3月30日
- 2018年3月21日
大統領代行 ミン・スエ
မြင့်ဆွေ
Myint Swe
Replace this image JA.svg 連邦団結
発展党

(USDP)
2018年3月21日
- 2018年3月30日
10 ウィン・ミン英語版
ဝင်းမြင့်
Win Myint
Win Myint NLD.jpg 国民民主連盟
(NLD)
2018年3月30日
-

脚注[編集]

  1. ^ 首相と国務大臣は共に地域代表院の議員でなければならず、連邦政府は下院に対して連帯責任を負った(議院内閣制)。
  2. ^ ビルマ軍の高級将校16名によって構成された。
  3. ^ 国家評議会:人民議会英語版国会の名称)閉会中に法的拘束力を持つ命令を出す権限が与えられた組織。地方行政区分を基準に選出された国会議員28人と首相によって構成され、議長は大統領に就任することとなっていた。非常事態宣言条約の締結・批准・脱退など高度な政治的権限が付与されていた。
  4. ^ ミャンマー大統領辞任=健康不安が理由か – 2018年3月21日配信、時事通信社
  5. ^ ミャンマー大統領が辞任 7日以内に後任選出 – 2018年3月21日配信、日本経済新聞
  6. ^ クーデターにより軍事政権に移行し、大統領に代わって連邦革命評議会の議長が権力を掌握。

関連項目[編集]