ネパール王国の君主

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ネパール王国の君主(ネパールおうこくのくんしゅ)は、現在のネパール全体を支配した君主である。

ネパール王の称号は初代プリトビ・ナラヤン・シャハの代から第7代プリトビ・ビール・ビクラム・シャハまでは「マハーラージャーディラージャ」(Mahārājādhirāja、大王の中の王)の称号を[1][2]、第8代トリブバンから終代のギャネンドラの治世までは「国王」(King)の称号を使用した[3][4]

概要[編集]

1768年ゴルカ王国の君主プリトビ・ナラヤン・シャハがカトマンズ・マッラ朝を滅ぼし、1769年までにカトマンズ盆地を統一。これにより、ネパール王国が成立した。ただし、ギルバン・ユッダの治世まではネパール全体の王ではなかった。

1846年ラナ家王宮大虐殺事件で宰相位を世襲するようになると、宰相ジャンガ・バハドゥル・ラナは王に「カスキとラムジュンの大王」の称号を与える勅令を出させた[5]。その後、ジャンガ・バハドゥルは宗主国であるイギリスがこの称号を地方藩主の称号としかみなしていないと知ると、新たに首相にして大王を意味する異例の称号「首相・大王」を与える勅令を出させ、以後歴代のラナ家首相がこの称号を名乗った[6]。ここに首相が事実上の王となり、王に代わって全権を行使する専制体制が構築された。

1951年王政復古によりラナ家の統治は終わり、「首相・大王」の称号は廃止され、専制体制は崩壊した[7]。その後、王を元首とし、内閣、議会が政治を運営する立憲君主制が取られた。

だが、1960年マヘンドラのクーデターよって内閣、議会は解散させられ、専制政治がはじめられた[7]。その後、1990年のビレンドラの治世まで国王親政が取られていた。

また、ネパール王以外にも下位の王(ムスタン王国サリャーン王国ジャージャルコート王国バジャーン王国を統治した諸王)が存在し、これらは地方藩主として扱われた。これら地方藩主もまた、2008年の王政廃止に伴って退位した。

一覧[編集]

君主名 生没年月日 即位 退位 補足 家系 画像
プリトビ・ナラヤン・シャハ
  • वडामहाराजधिराज पृथ्वीनारायण शाह
(1723-01-07) 1723年1月7日[8]1775年1月11日(1775-01-11)(52歳) 1768年9月25日 1775年1月11日 ゴルカナラ・ブーパール・シャハの息子 シャハ家 Prithvi Narayan Shah of Nepal
プラタープ・シンハ・シャハ
  • प्रतापसिंह शाह
(1751-04-16) 1751年4月16日1777年11月17日(1777-11-17)(26歳) 1775年1月11日 1777年11月17日 プリトビ・ナラヤン・シャハの息子 シャハ家 Pratap Singh Shah of Nepal
ラナ・バハドゥル・シャハ
  • रण बहादुर शाह
(1775-05-25) 1775年5月25日1806年4月25日(1806-04-25)(30歳) 1777年11月17日 1799年3月8日
退位
プラタープ・シンハ・シャハの息子 シャハ家 Rana Bahadur Shah of Nepal
ギルバン・ユッダ・ビクラム・シャハ
  • गीर्वाणयुद्ध विक्रम शाह
(1797-10-19) 1797年10月19日1816年11月20日(1816-11-20)(19歳) 1799年3月8日 1816年11月20日 ラナ・バハドゥル・シャハの息子(庶子 シャハ家 Girvan Yuddha Bikram Shah of Nepal
ラジェンドラ・ビクラム・シャハ
  • राजेन्द्र विक्रम शाह
(1813-12-03) 1813年12月3日1881年7月10日(1881-07-10)(67歳) 1816年11月20日 1847年5月12日
廃位
ギルバン・ユッダ・ビクラム・シャハの息子 シャハ家 Rajendra Bikram Shah of Nepal
スレンドラ・ビクラム・シャハ
  • सुरेन्द्र बिक्रम शाह
(1829-10-20) 1829年10月20日1881年5月17日(1881-05-17)(51歳) 1847年5月12日 1881年5月17日 ラジェンドラ・ビクラム・シャハの息子 シャハ家 Surendra Bikram Shah of Nepal
プリトビ・ビール・ビクラム・シャハ
  • पृथ्वी बीर विक्रम शाह
(1875-08-18) 1875年8月18日1911年12月11日(1911-12-11)(36歳) 1881年5月17日 1911年12月11日 スレンドラ・ビクラム・シャハの孫 シャハ家 Prithvi Bir Bikram Shah of Nepal
トリブバン・ビール・ビクラム・シャハ
  • त्रिभुवन वीर विक्रम शाह
(1906-06-30) 1906年6月30日1955年3月13日(1955-03-13)(48歳) 1911年12月11日 1950年11月7日
廃位
プリトビ・ビール・ビクラム・シャハの息子 シャハ家 Tribhuvan Bir Bikram Shah of Nepal
ギャネンドラ・ビール・ビクラム・シャハ
  • ज्ञानेन्द्र शाह
(1947-07-07) 1947年7月7日(70歳) 1950年11月7日 1951年1月7日
廃位
トリブバン・ビール・ビクラム・シャハの孫 シャハ家 Gyanendra Bir Bikram Shah of Nepal
トリブバン・ビール・ビクラム・シャハ
復位
  • त्रिभुवन वीर विक्रम शाह
(1906-06-30) 1906年6月30日1955年3月13日(1955-03-13)(48歳) 1951年1月7日
復位
1955年3月13日 プリトビ・ビール・ビクラム・シャハの息子 シャハ家 Tribhuvan Bir Bikram Shah of Nepal
マヘンドラ・ビール・ビクラム・シャハ
  • महेन्द्र वीर विक्रम शाह
(1920-06-11) 1920年6月11日1972年1月31日(1972-01-31)(51歳) 1955年3月14日 1972年1月31日 トリブバン・ビール・ビクラム・シャハの息子 シャハ家 Mahendra Bir Bikram Shah of Nepal
ビレンドラ・ビール・ビクラム・シャハ
  • वीरेन्द्र वीर विक्रम शाह
(1945-12-28) 1945年12月28日2001年6月1日(2001-06-01)(55歳) 1972年1月31日 2001年6月1日
殺害
マヘンドラ・ビール・ビクラム・シャハの息子 シャハ家 Birendra Bir Bikram Shah of Nepal
ディペンドラ・ビール・ビクラム・シャハ
  • दीपेन्द्र वीर विक्रम शाह
(1971-06-27) 1971年6月27日2001年6月4日(2001-06-04)(29歳) 2001年6月1日 2001年6月4日
自殺
ビレンドラ・ビール・ビクラム・シャハの息子 シャハ家
ギャネンドラ・ビール・ビクラム・シャハ
復位
  • ज्ञानेन्द्र शाह
(1947-07-07) 1947年7月7日(70歳) 2001年6月4日 2008年5月28日
廃位
マヘンドラ・ビール・ビクラム・シャハの息子 シャハ家 Gyanendra Bir Bikram Shah of Nepal

脚注[編集]

  1. ^ Nepal 5
  2. ^ Nepal 9
  3. ^ Nepal 10
  4. ^ Nepal 13
  5. ^ 佐伯『世界歴史叢書 ネパール全史』、p.558
  6. ^ 佐伯『世界歴史叢書 ネパール全史』、p.559
  7. ^ a b 佐伯『世界歴史叢書 ネパール全史』、p.611
  8. ^ Accordingly Royal Ark, he was born on 25 December 1722

参考文献[編集]

  • 佐伯和彦 『世界歴史叢書 ネパール全史』 明石書店、2003年 

関連項目[編集]