スレンドラ・ビクラム・シャハ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
スレンドラ・ビクラム・シャハ
Surendra Bikram Shah
ネパール王
Surendra Bikram Shah.jpg
スレンドラ・ビクラム・シャハ
在位 1847年 - 1881年
戴冠式 1847年5月17日

全名 スレンドラ・ビクラム・シャハ
出生 1829年10月20日
カトマンズハヌマン・ドーカ宮殿
死去 1881年5月17日
カトマンズハヌマン・ドーカ宮殿
配偶者 トライローキャ・ラージャ・ラクシュミー・デビー
子女 トライローキャ・ビクラム・シャハ
ナレンドラ・ビクラム・シャハ
王朝 ゴルカ朝
父親 ラジェンドラ・ビクラム・シャハ
宗教 ヒンドゥー教
テンプレートを表示

スレンドラ・ビクラム・シャハ(Surendra Bikram Shah、1829年10月20日 - 1881年5月17日)は、ネパール王国の第6代君主(在位:1847年 - 1881年)。第5代君主ラジェンドラ・ビクラム・シャハの息子。

生涯[編集]

1829年10月20日、ネパール王ラジェンドラ・ビクラム・シャハの息子として生まれた[1]

若いころは素行不良であり、さまざまな問題を起こした[2]。そのため、1842年に重臣、市民、軍などが集結し、その統治権停止を父王ラジェンドラに求めた[2]。困惑した父は第二正妃ラージャ・ラクシュミー・デビーに全権を委譲し[2]、数年にわたる権力闘争が続いた。

1847年、スレンドラは父王がその王妃とともに宰相ジャンガ・バハドゥル・クンワル(ジャンガ・バハドゥル・ラナに改名)にインドに追放されたのち、即位した[1][3]。スレンドラはすべての実権を奪われ、一生ラナの傀儡として過ごす[4]

スレンドラの息子トライローキャ・ビクラム・シャハはジャンガ・バハドゥル・ラナの二人の娘と結婚する。トライローキャは弟ナレンドラ王子や反ラナ勢力とともに王権を取り戻そうと計画したが、1878年に急死した[5]

1881年5月17日、スレンドラが死ぬと、孫でトライローキャの息子プリトビ・ビール・ビクラム・シャハが王位を継承した[1][5]

脚注[編集]

  1. ^ a b c Nepal 8
  2. ^ a b c 佐伯『世界歴史叢書 ネパール全史』、p.534
  3. ^ 佐伯『世界歴史叢書 ネパール全史』、p.542
  4. ^ 佐伯『世界歴史叢書 ネパール全史』、p.494
  5. ^ a b 佐伯『世界歴史叢書 ネパール全史』、p.564

参考文献[編集]

  • 佐伯和彦 『世界歴史叢書 ネパール全史』 明石書店、2003年9月24日。ISBN 9784750317885 

関連項目[編集]