ルドラ・シャハ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ルドラ・シャハ(Rudra Shah、生年不詳 - 1673年)は、ネパールゴルカ王国の第7代君主(在位:1661年 - 1673年)。第6代君主クリシュナ・シャハの息子。

生涯[編集]

1661年、父クリシュナ・シャハが死亡したことにより、王位を継承した[1]

1671年マクワンプル・セーナ王国で王子シュバ・セーナが父王ハリハラ・セーナに反逆するためカトマンズ盆地に援軍を求め、パタン・マッラ朝が応じた。その際、ルドラはパタン王シュリーニヴァーサ・マッラに援軍を送り、マクワンプルの攻撃に向かわせている[2]

1673年、ルドラは死亡し、息子のプリトビパティ・シャハが王位を継承した[1]

脚注[編集]

  1. ^ a b Nepal 2
  2. ^ 佐伯『世界歴史叢書 ネパール全史』、p.487

参考文献[編集]

  • 佐伯和彦 『世界歴史叢書 ネパール全史』 明石書店、2003年 

関連項目[編集]