トライローキャ・ラージャ・ラクシュミー・デビー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
トライローキャ・ラージャ・ラクシュミー・デビー
Trailokya Rajya Lakshmi Devi
ネパール王妃
在位 1847年 - 1850年

出生 不詳
死去 1850年10月
カトマンズハヌマン・ドーカ宮殿
配偶者 スレンドラ・ビクラム・シャハ
子女 トライローキャ・ビクラム・シャハ
ナレンドラ・ビクラム・シャハ
宗教 ヒンドゥー教
テンプレートを表示

トライローキャ・ラージャ・ラクシュミー・デビー(Trailokya Rajya Lakshmi Devi, 生年不詳 - 1850年10月)は、ネパール王国の第6代君主スレンドラ・ビクラム・シャハの王妃。

生涯[編集]

1843年5月1日カトマンズハヌマン・ドーカ宮殿で結婚した[1]。彼女はグルミの王家の出であった[1]

1850年10月、トライローキャはスレンドラ王に先立って、ハヌマン・ドーカ宮殿で死亡した[1]

脚注[編集]

  1. ^ a b c Nepal 8

参考文献[編集]

  • 佐伯和彦 『世界歴史叢書 ネパール全史』 明石書店、2003年。 

関連項目[編集]