朝鮮民主主義人民共和国国務委員会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
朝鮮民主主義人民共和国国務委員会
조선민주주의인민공화국 국무위원회
Emblem of North Korea.svg
委員会概要
設立年月日 2016年6月29日
管轄 朝鮮民主主義人民共和国政府
行政官
朝鮮民主主義人民共和国国務委員会
各種表記
ハングル 조선민주주의인민공화국국무위원회
漢字 朝鮮民主主義人民共和國國務委員會
発音 チョソンミンジュジュイインミンゴンファグク クンムウィウォヌェ
日本語読み: ちょうせんみんしゅしゅぎじんみんきょうわこくこくむいいんかい
英語表記: State Affairs Commission of the Democratic People's Republic of Korea
テンプレートを表示

朝鮮民主主義人民共和国国務委員会(ちょうせんみんしゅしゅぎじんみんきょうわこくこくむいいんかい)は、2016年6月29日に設立された朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)における国家主権の最高政策指導機関[1]

委員会を司る国務委員長は北朝鮮の最高指導者と規定されており、金正恩がその地位に就いている[1]

概要[編集]

2016年6月29日に開催された第13期最高人民会議第4回会議で憲法が改正され、それまでの国防委員会に代わって新設された。国防委員会は第2代最高指導者・金正日の執権時代に掲げられた先軍政治の思想の基に重要視された「最高国防指導機関」だったが、新たに設置された国務委員会は改正憲法により「最高政策指導機関」と規定され、軍事に加えて外交、経済などの国家全体に責任を持つ機関として位置づけられた[2][1][3]

これにより、初代最高指導者・金日成の執権時代に「国家主権の最高指導機関」とされていた中央人民委員会[4]を頂点とする政治体制に近くなったものと分析されている。また、国防委員会の構成員は主に朝鮮人民軍の軍人(制服組)で占められていたが、新設された国務委員会では軍人よりも朝鮮労働党の党人が重用されている[2][1][3]

このような組織改編は、2011年12月に金正日が急逝したのを受けて第3代最高指導者となった金正恩が父親の正日が残した「遺訓」から脱して、改めて金正恩体制の確立を内外にアピールしたものであると分析された[2]。その一方で、国防委員会は金日成の死後に大量の餓死者を出した1990年代の苦難の行軍の時期に強化された一種の非常管理体制であり、国務委員会への組織改編は非常事態が一段落し、社会主義体制による正常な国家に戻ったことをアピールしたものとも分析された[5]

また、金正恩が最高指導者に就任した後に行われた軍事的な決定は国家機関の国防委員会よりも、党機関の党中央軍事委員会で下されることが多くなっており、党の役割が再強化されたといわれており[6]、その分析を裏付けるように国防委員会が廃止されて党人が多く参画する国務委員会が設立されたことになる。

国防委員会の傘下機関であった人民武力部人民保安部国家安全保衛部は、それぞれ部から省へと格下げ改編され、国務委員会の傘下機関となった[7]

国防委員会からの変更点[編集]

憲法改正によって国防委員会から国務委員会に変更されたことで、委員会と委員長の役割と職権が変更された。以下に主な変更点をあげる。

なお、国家の最高指導者としての委員長の職権のうち「国家の全般事業を指導する」、「委員会の事業を指導する」、「他の国と結んだ重要条約を批准または廃棄する」については変更がなかった[1]

国務委員会の役割の変更点[編集]

  • 「国家主権の最高国防指導機関」(前憲法106条)を「国家主権の最高政策指導機関」に変更。
  • 「先軍革命路線を貫徹するための国の主要政策を立てる」「国家の全般的武力と国防建設事業を指導する」(前憲法109条1項と2項)を「国防建設事業をはじめとする国の重要政策を討議決定する」に変更。
  • 「国防部門の重要な機関を設置または廃止する」「軍事称号を制定し、将官以上の軍事称号を授与する」を削除。

国務委員会委員長職権の変更点[編集]

  • 「国防部門の重要な幹部を任命または解任する」(前憲法103条3項)を「国家の重要な幹部を任命または解任する」に変更。
  • 「戦時の国家防衛委員会を組織する」を追加。

構成員[編集]

2016年6月29日、第13期最高人民会議第4回会議[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e 北 개정헌법 살펴보니…'최고영도자' 김정은 권력집중에 초점”. 聯合ニュース (2016年6月30日). 2016年6月30日閲覧。
  2. ^ a b c 金正恩氏「国務委員長」に就任 最高人民会議、独裁体制強める”. 日本経済新聞 (2016年6月30日). 2016年6月30日閲覧。
  3. ^ a b c 김정은, 당·국가 최고위직 겸직… 아버지 시대와 결별”. 国民日報 (2016年6月30日). 2016年6月30日閲覧。
  4. ^ 中央人民委員会の委員長は国家主席が兼任。国家主席には金日成が就いていた。
  5. ^ 金正恩氏、国務委員長に…党・国家とも最高位”. 毎日新聞 (2016年6月30日). 2016年6月30日閲覧。
  6. ^ 朝鮮労働党大会「設計図なき戴冠式」(4) 金与正「中央委員」人事の意味”. THE HUFFINGTON POST (2016年5月21日). 2016年6月1日閲覧。
  7. ^ 北朝鮮、保衛部を保衛省に格下げ 東亜日報 2016年8月16日

関連項目[編集]