モンゴルの大統領

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
モンゴル国の旗 モンゴル国
大統領 
Монгол Улсын Ерөнхийлөгч
State emblem of Mongolia.svg
国章
地位 元首
所在地 ウランバートル
指名 国民大会議
任期 4年(3選禁止)
初代就任 ポンサルマーギーン・オチルバト
創設 1990年3月21日
ウェブサイト 公式サイト

モンゴルの大統領(モンゴルのだいとうりょう、モンゴル語: Монгол Улсын Ерөнхийлөгч, Mongol Ulsyn Yerönkhiilögch)は、モンゴル国元首大統領)である。

概要[編集]

半大統領制を採用しており、大統領は憲法で「国民の統合の象徴」と規定されている。行政権は議院内閣制に基づき内閣に属している。

権限[編集]

  • 首相の指名。候補者はその後、国民大会議議会)によって承認または拒否される。これは概して象徴的な権限であり、実質的には議会が首相を指名する。
  • 国民大会議の可決した法案の拒否権(3分の2の賛成で覆される)。
  • 裁判官任命の承認。
  • 国家安全保障会議議長。
  • モンゴル国軍司令官。

選出[編集]

大統領は4年ごとに国民による直接選挙で選出される。これには2つの制約がある。候補者は、国民大議会を代表する政党の一つに推薦されなければいけない。しかしながら、大統領に選出された者は、就任前に政党の党籍を離脱する必要がある。

モンゴル国の憲法における、大統領となるための要件は

  • モンゴル国生まれ
  • 年齢が45歳以上
  • 就任前に5年以上モンゴル国に居住

の3つである。

大統領の一覧[編集]

モンゴルの初代大統領が誰であるかについては論争がある。この称号自体はモンゴルの民主化の前には実際には存在しなかったが、 同様の役割を担う官職は社会主義時代にも存在した。ボグド・ハーン政権ハーン、ジェプツンダンバ・ホトクト8世(ボグド・ハーンJebtsundamba Khutugtu:モンゴルにおけるチベット仏教の長で、宗教的、政治的な指導者。化身ラマ。)が初代「大統領」とされる場合もあるが、一般的にはそれ以後の非宗教的な指導者に対して用いられる。1924年に臨時元首であったBalingiin Tserendorjが初代大統領とされる場合もあるが、公式に指導者となったのは1924年11月28日に人民大会議の議長に指名されたNavaandorjiin Jadambaaである。その1日後に、指導権限は人民小会議幹部会議長に再編成された。その後すぐに、称号の変化に続いて、人民大会議幹部会議長に変更された。そして1990年「大統領」の称号が採用され現在に至る。

大統領 所属政党 在任期間 備考
Flag of the Mongolian People's Republic (1924–1940).svg モンゴル人民共和国人民大会議議長
01 1 Placeholder no text.svg ヤダンバア英語版
Навандоржийн Жадамба
モンゴル人民革命党 1924年11月28日
- 1924年11月29日
Flag of the Mongolian People's Republic (1924–1940).svg モンゴル人民共和国人民小会議幹部会議長
大統領 所属政党 在任期間 備考
02 2 Genden.jpg ゲンドゥン
Пэлжидийн Гэндэн
モンゴル人民革命党 1924年11月29日
- 1927年11月15日
03 3 Placeholder no text.svg ダムディンスレン英語版
Жамцангийн Дамдинсурэн
モンゴル人民革命党 1927年11月16日
- 1929年1月23日
04 4 Kh. Choibalsan around 1925.jpg ホルローギーン・チョイバルサン
Хорлоогийн Чойбалсан
モンゴル人民革命党 1929年1月24日
- 1930年4月27日
05 5 Placeholder no text.svg ロソリン・ラーガン英語版
Лосолын Лааган
モンゴル人民革命党 1930年4月27日
- 1932年7月2日
06 6 AnandynAmar.jpg アナンディーン・アマル
Анандын Амар
モンゴル人民革命党 1932年7月2日
- 1936年3月22日
07 7 DansranbilegiinDogsom.jpg ダンスランビレギイン・ドグソム英語版
Дансранбилэгийн Догсом
モンゴル人民革命党 1936年3月22日
- 1939年7月9日
- - (空席) - 1939年7月9日
- 1940年7月6日
08 8 GonchigiinBumtsend.jpg ゴンチギン・ブムチェンド英語版
Гончигийн Бумцэнд
モンゴル人民革命党 1940年7月6日
- 1951年7月6日
モンゴル人民共和国の旗 モンゴル人民共和国人民大会議幹部会議長
08 8 GonchigiinBumtsend.jpg ゴンチギン・ブムチェンド
Гончигийн Бумцэнд
モンゴル人民革命党 1951年7月6日
- 1953年9月23日
0- Sükhbaataryn Yanjmaa.jpg スフバータル・ヤンジマー英語版
Сухбаатарын, Янжмаа
モンゴル人民革命党 1953年9月23日
- 1954年7月7日
09 9 JamsrangiinSambuu.png ジャムスランギーン・サンブー英語版
Жамсрангийн Самбуу
モンゴル人民革命党 1954年7月7日
- 1972年5月20日
0- Placeholder no text.svg ツァガーンラムィン・ドゥゲルスレン英語版
Цаганламын Дугэрсурэн
モンゴル人民革命党 1972年5月20日
- 1972年6月28日
0- Placeholder no text.svg ソノムィン・ルブサン英語版
Сономын Лувсан
モンゴル人民革命党 1972年6月28日[1]
- 1974年6月11日
10 10 Yumjaagiin Tsedenbal Berlin, VIII.jpg ユムジャーギィン・ツェデンバル
Юмжаагийн Цэдэнбал
モンゴル人民革命党 1974年6月11日
- 1977年6月28日
11 1977年6月28日[2]
- 1981年6月29日
12 1981年6月29日[3]
- 1984年8月23日[4]
解任
0- Placeholder no text.svg Nyamyn Jagvaral
Жагварал Нямын
モンゴル人民革命党 1984年8月23日
- 1984年12月12日
11 13 Jambyn Batmönkh.jpg ジャムビィン・バトムンフ
Жамбын Батмөнх
モンゴル人民革命党 1984年12月12日[5]
- 1990年3月21日
12 14 Ochirbat-Punsalmaa.jpg ポンサルマーギーン・オチルバト
Пунсалмаагийн Очирбат
モンゴル人民革命党 1990年3月21日[6]
- 1990年9月3日
モンゴル人民共和国の旗 モンゴル人民共和国大統領
大統領 所属政党 在任期間 備考
12 15 Ochirbat-Punsalmaa.jpg ポンサルマーギーン・オチルバト
Пунсалмаагийн Очирбат
モンゴル人民革命党 1990年9月3日[7]
- 1992年2月12日
モンゴル国の旗 モンゴル国大統領
大統領 所属政党 在任期間 備考
01 1 Ochirbat-Punsalmaa.jpg ポンサルマーギーン・オチルバト
Пунсалмаагийн Очирбат
モンゴル人民革命党 1992年2月12日[8]
- 1993年6月6日
01 2 モンゴル社会民主党 1993年6月6日
- 1997年6月20日
02 3 Natsagiin Bagabandi (Cropped).png ナツァギーン・バガバンディ
Нацагийн Багабанди
モンゴル人民革命党 1997年6月20日
- 2000年6月6日
4 2000年6月6日
- 2005年6月24日
03 5 Nambaryn Enkhbayar 2005.jpg ナンバリーン・エンフバヤル
Намбарын Энхбаяр
モンゴル人民革命党 2005年6月24日
- 2009年6月18日
04 6 Tsakhiagiin Elbegdorj (Cropped).png ツァヒアギーン・エルベグドルジ
Цахиагийн Элбэгдорж
民主党 2009年6月18日
- 2013年7月10日
7 2013年6月
- 2017年7月10日
05 8 Khaltmaagiin Battulga 2016.jpg ハルトマーギーン・バトトルガ
Халтмаагийн Баттулга
民主党 2017年7月10日
- (現職)

脚注[編集]

  1. ^ 幹部会第一副議長に選出され、国家元首職を代行。「1972年のモンゴル - 中ソ対立下の微妙な姿勢」 『アジア動向年報1973』 アジア経済研究所、1973年、103ページ。
  2. ^ 第9期人民大会議第1回会議において改選。1977年のモンゴル - 雪害による経済困難 『アジア動向年報1978』 アジア経済研究所、1978年、100ページ。
  3. ^ 第10期人民大会議第1回会議において改選。鯉淵信一「1981年のモンゴル - 第7次5カ年計画開始の年」 『アジア動向年報1982』 アジア経済研究所、1982年、96ページ。「重要日誌 モンゴル 1981年」同左、100ページ。
  4. ^ 人民大会議第5回臨時本会議において解任。「重要日誌 モンゴル 1984年」 『アジア動向年報1985』アジア経済研究所、1985年、101ページ。
  5. ^ 第9期人民大会議第6回会議において選出。「重要日誌 モンゴル 1984年」 『アジア動向年報1985』アジア経済研究所、1985年、103ページ。
  6. ^ 人民大会議において選出。「重要日誌 モンゴル 1990年」 『アジア動向年報1991』アジア経済研究所、1991年、105ページ。
  7. ^ 新憲法下の人民大会議において88.15%の得票で選出。「重要日誌 モンゴル 1990年」 『アジア動向年報1991』アジア経済研究所、1991年、108ページ。
  8. ^ 新憲法が施行され、国名が「モンゴル国」に変更。http://d-arch.ide.go.jp/browse/pdf/1992/103/1992103DIA.pdf

関連項目[編集]

外部リンク[編集]