フィリピンの大統領

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

フィリピンの大統領(フィリピンのだいとうりょう)では、フィリピン共和国国家元首である大統領職の概要、および歴代在任者の一覧を扱う。

概要[編集]

フィリピン共和国の大統領は国民の直接選挙によって選ばれ、任期は6年である(なお、大統領を補佐する副大統領も国民の選挙により選ばれる)。

フィリピンの大統領一覧[編集]

( )内は在任期間を示す。

ビアクナバト共和国(1897年11月-12月)[編集]

フィリピン第一共和国(マロロス共和国)(1899年1月-1901年3月)[編集]

  • エミリオ・アギナルド(1899年1月23日-1901年3月23日)

フィリピン自治領政府(1935年11月-1946年7月)[編集]

フィリピン第二共和国(1943年10月-1945年8月)[編集]

  • ホセ・ラウレル1943年10月14日 - 1945年8月17日)
    • 日本軍の実質支配下に成立した「フィリピン共和国」である。1944年12月21日にはマニラを離れてバギオに移転、1945年4月28日には日本に亡命、同年8月17日に政府の解消を宣言した。

第三共和国(現フィリピン共和国)(1946年7月-)[編集]

参考文献[編集]

関連項目[編集]