フィデル・ラモス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
フィデル・ラモス
Fidel Ramos
RAMOS pentagon 1998.jpg
アメリカウィリアム・コーエン国防長官(右)と(1998年4月8日)

任期 1992年6月30日1998年6月30日
副大統領 ジョゼフ・エストラーダ

フィリピンの旗 フィリピン共和国
第17代国防大臣
任期 1988年1月22日 – 1991年7月18日
大統領 コラソン・アキノ

出生 (1928-03-18) 1928年3月18日(93歳)
アメリカ合衆国の旗 アメリカ領フィリピン パンガシナン州リンガエン
政党 ラカス党など
出身校 ウェストポイント陸軍士官学校国費留学
イリノイ州立大学
配偶者 アメリタ・マルティネス
子女 5人
署名 Fidel V. Ramos Signature.svg

フィデル・バルデス・ラモス(英語:Fidel Valdez Ramos、通称:FVR1928年3月18日 - )は、フィリピンの政治家、軍人。第12代フィリピン共和国大統領。国防大臣などを務めた。フィリピンの歴史上唯一のプロテスタントの大統領である。

経歴[編集]

初期[編集]

2011年8月3日日本経済新聞社会長杉田亮毅(左から1人目)、元内閣総理大臣福田康夫(右から2人目)、日本駐箚フィリピン特命全権大使マニュエル・ロペス(右から1人目)と

1928年3月18日にパンガシナン州リンガエンに誕生した。父のナルシソは下院議員、外務大臣を務めていた。1946年にアメリカウェストポイント陸軍士官学校国費留学し、1950年に士官学校を卒業した後は、同年にイリノイ州立大学で工学の学士号を取得した。

軍人[編集]

1952年に朝鮮戦争に従軍し、1966年から1968年まで在ベトナムフィリピン軍民事担当参謀長であった。1972年に国家警察軍司令官として、フェルディナンド・マルコス大統領が布告した非常事態体制を保障した。

1986年2月に国軍参謀次長であった際、フアン・ポンセ・エンリレ国防大臣と共にマルコス大統領の独裁に反対して決起し、エドゥサ革命で政権崩壊に貢献した。その後は国軍参謀総長としてコラソン・アキノ大統領を支え、クーデター未遂が相次いだ困難な時局を乗り切った。1988年1月に国防大臣に就任し、1991年7月まで同職にあった。

政界[編集]

1992年6月に大統領に就任した。在任中は国営企業の民営化・外資の誘致に注力し、国内の需要に必要な発電所を建設した。ラモスの経済政策は国民の支持を得る事となり、1995年5月の議会選挙では多数派を占める事が出来た。2期目の出馬を否定し、1998年6月をもって退任した。

著作[編集]

家族[編集]

1954年10月にアメリタ・マルティネスと結婚し、2人の間に5人の子女が誕生した。

脚注[編集]

外部リンク[編集]

先代:
コラソン・アキノ
フィリピンの旗 フィリピン共和国大統領
第12代:1992年6月30日 – 1998年6月30日
次代:
ジョセフ・エストラーダ
先代:
ラファエル・イレート
フィリピンの旗 フィリピン共和国国防大臣
第17代:1988年1月22日 – 1991年7月18日
次代:
レナート・デヴィラ