ディオスダド・マカパガル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ディオスダド・マカパガル
Diosdado Macapagal
Diosdado Macapagal photo.jpg

任期 1961年12月30日1965年12月30日
副大統領 エマニュエル・ペラエス英語版[1]

出生 1910年9月28日
パンパンガ州ルバオ英語版
死去 (1997-04-21) 1997年4月21日(86歳没)[1]
マカティ[1]
政党 自由党
出身校 フィリピン大学
(芸術準学士)
聖トマス大学
(法学士・法学修士・民法博士・経済博士)[1]
子女 グロリア・アロヨ[1]

ディオスダド・マカパガル(Diosdado Macapagal、1910年9月28日 - 1997年4月21日)はフィリピンの第9代大統領[1]。第三共和国としては5代目の大統領にあたる[1]

経歴[編集]

大統領就任以前[編集]

1910年9月28日、ディオスダド・マカパガルはフィリピンのパンパンガ州ルバオ英語版で生まれた[1][2]1933年フィリピン大学で芸術の準学士を取り、1936年聖トマス大学で法学の学士を取得し[1]弁護士になった[2][注釈 1]第二次世界大戦後は外務省英語版で働き[2]、1946年に法務担当外務次官補[注釈 2]、1947年には英国との交渉のチーフ[1]、1948年にはワシントンD.C.にある駐米フィリピン大使館の二等書記官に就任した[2]。1949年には、フィリピンの国会の下院である代議院議員としてパンパンガ州の第一区から選出され、以後1957年まで下院議員を務めた[1]。マカパガルは自由党に所属していたが、1957年から1961年まではナショナリスタ党英語版カルロス・ガルシア大統領の下で副大統領を務めた[2]

第9代大統領[編集]

1961年の選挙英語版では、マカパガルは進歩党英語版と協力してガルシア大統領と対立した[2]。彼は政治的腐敗と戦うことを公約に掲げ[2]1961年11月14日に行われた総選挙英語版で得票数355万4840票、得票率55パーセントで大統領に当選、12月30日に就任した[1]。就任後は贈収賄の抑制やフィリピン経済の活性化を目標にしていたものの、ナショナリスタ党員の多い上院と下院に反対された[2]1965年の総選挙英語版ではフェルディナンド・マルコスに敗北して退任した[2]

退任後[編集]

1972年にマカパガルは憲法制定会議の議長に就任し、1973年に憲法草案が起草された[2]

1997年4月21日マカティで死去[1][2]。遺体はタギッグにある英雄墓地英語版に埋葬された[2]

2019年現在、200ペソ紙幣に肖像が使用されている。また、2003年から2012年までクラーク国際空港がディオスダド・マカパガル国際空港に改称されていた。

私生活[編集]

2回結婚しており、2人の妻との間に子供が2人ずついる[1]。1人目の妻とは1938年に結婚したが、彼女は1943年に亡くなっている[1]。2人目の妻とは1946年に結婚して娘と息子が1人ずつ生まれており、娘は後に同じくフィリピン大統領となったグロリア・アロヨである[1]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 大統領記念博物館のホームページでは「1st in the Philippine Bar (1935)」と記載されており[1]、1935年に弁護士の試験を受けて1位で通過したものと思われる。
  2. ^ 原文の「Assistant Secretary of Foreign Affairs for Legal Affairs」より直訳。

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q Diosdado Macapagal”. Presidental Museum & Library. 2017年11月20日閲覧。
  2. ^ a b c d e f g h i j k l Diosdado Macapagal, ブリタニカ百科事典, https://www.britannica.com/biography/Diosdado-Macapagal 2017年11月20日閲覧。 

外部リンク[編集]