カタールの元首一覧

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

この記事はカタールの元首一覧である。

カタールの支配権は、1868年にカタールがバーレーンから独立して以来、サーニー家が独占している。

サーニー家の人々の名は、通常のイスラム圏の名前の規則に基づいた父・祖先の名や称号を含んだものであり、出典によってそれらの並びが異なる。

サーニー家時代[編集]

ハーキム[編集]

カタールは1868年にバーレーンから事実上の独立を果たすが、1871年にはオスマン帝国の支配下となる[1]1916年にはイギリスの保護領となる。1878年まで、カタールの支配者はハーキム (Hakimと呼ばれた。

  • ムハンマド・ビン・サーニー(Muhammad bin Thani) (1868年9月12日 - 1878年)
    独立時のサーニー家の首長。

アミール[編集]

1878年の以降、サーニー家の長はアミール首長)を名乗るようになった。

出典・注釈[編集]

  1. ^ a b c 在カタール日本国大使館 カタール情報
  2. ^ “タミム皇太子が権力継承=「新たな時代」最年少首長誕生-カタール”. 時事通信. (2013年6月25日). http://www.jiji.com/jc/c?g=int_30&k=2013062500578 2013年6月26日閲覧。 

関連項目[編集]