カタールの国章

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
カタールの国章
Emblem of Qatar.svg
詳細
使用者 カタール
採用 1976年

カタール国章(カタールのこくしょう)は、1976年に制定されたものである。二本の交差した白い新月刀(シミター)が描く円の中に、青いと白いの線、その上に浮かぶダウ船と二本の椰子の生える島があしらわれている。その周りを大きい帯が円形に囲み、上下を半分に分かつようにぎざぎざの線が描かれ、その上半分は白色、下は茶色になっている(これはカタールの国旗の柄である)。上半分の白い部分にはクーフィー体アラビア文字で「カタール国」(دولة قطر)の名が、下半分の茶色い部分には白いローマ字で英語の国名(State of Qatar)が書かれている。

カタールの旗と国章

国章には、右図のように、英語の国名の入っていないもの、帯の内部が黄色くなっているもの、新月刀の色が茶色いものもある。以前は国章に真珠貝や二本の椰子の枝をあしらっていた。

国章に描かれているシンボルには、この地域に共通するものもある。アラブの伝統的な新月刀はサウジアラビアの国章オマーンの国章にも登場する。海上交易を表すダウ船はクウェートの国章アラブ首長国連邦の国章にも登場する。椰子の木はサウジアラビアの木でもある。

関連項目[編集]