パキスタンの国章

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
パキスタンの国章
State emblem of Pakistan.svg
詳細
使用者 パキスタン・イスラム共和国
採用 1954年
モットー ウルドゥー語: ایمان ، اتحاد ، نظم
「信頼、統一、鍛錬」

パキスタン国章(パキスタンのこくしょう)は政府承認で1954年に採用された。紋章は通常緑色である。

構成[編集]

  • 頂上の三日月と星は、パキスタンの主な宗教であるイスラム教を表している。
  • 紋章の中心には、農業を表すシールドがあり、その中には採用当時のパキスタンの4つの主な作物、すなわち綿ジュート小麦の描写がされている。
  • シールドのまわりの花のリースはパキスタンの歴史を表している。
  • 下の飾り書きは、パキスタン建国の父であるムハンマド・アリー・ジンナーの発言である。
ウルドゥー語: ایمان ، اتحاد ، نظم
信頼、統一、鍛練


関連項目[編集]