生物理工学部

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

生物理工学部(せいぶつりこうがくぶ)は、バイオテクノロジーを教育研究するために日本大学におかれている学部の名称である。

一般に理学部工学部農学部で個別に扱われてきた学問領域を統合した学部とされている。

近畿大学生物理工学部[編集]

概要

「生物に学ぶ工学」をテーマとして和歌山に開設された学部。

沿革
設置学科

2010年1年次入学生まで

2010年1年次入学生から

東海大学生物理工学部[編集]

概要

学部の英称を“The School of Biological, Science and Engineering”と称する。

沿革
  • 1988年4月 - 北海道東海大学工学部(生物工学科、海洋環境学科、情報システム学科)が開設。
  • 2008年4月 - 東海大学、九州東海大学、北海道東海大学を統合し、東海大学生物理工学部(生物工学科、海洋生物科学科、生体機能科学科)として、改組・開設。
  • 2012年 - 学生の募集停止。
設置学科

関連項目[編集]

外部リンク[編集]