航空科学専門学校

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

航空科学専門学校(こうくうかがくせんもんがっこう)は、1942年昭和17年)12月、財団法人国防理工学園により設立された私立旧制専門学校である。

概要[編集]

現在の東海大学の前身である。

全寮制であり、物理科の学生は鉄舟寺、航空科の学生は三保寮(サマーハウス)を使用していた。

沿革[編集]

  • 1942年(昭和17年)
    • 12月8日 - 専門学校令により(物理科・航空科)を設立認可。
  • 1943年昭和18年
    • 4月8日 - 入学式を挙行。
    • 4月9日 - 三保仮校舎(サマーハウス)で講義開始。
    • 10月31日 - 駒越校舎に新校舎が完成。
    • 11月1日 - 本校舎(駒越校舎)で講義開始。
    • 12月8日 - 駒越校舎落成式を挙行。
  • 1944年昭和19年
    • 6月1日 - 駒越校舎に移転。サマーハウスを閉鎖。
  • 1945年昭和20年

校舎[編集]

  • 駒越校舎
  • 三保仮校舎

校長[編集]

理事[編集]

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  • 東海大学学園史資料センター写真展 『建学の地、清水』2008年

外部リンク[編集]