東海大学総合社会科学研究所

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
学校法人東海大学 > 東海大学総合社会科学研究所
東海大学総合社会科学研究所
正式名称 東海大学総合社会科学研究所
組織形態 大学附置研究所
所在地 日本の旗 日本
259-1292
神奈川県平塚市北金目4-1-1
北緯35度21分39秒東経139度16分20.9秒座標: 北緯35度21分39秒 東経139度16分20.9秒
設立年月日 2016年
ウェブサイト http://www.ssr.u-tokai.ac.jp/
テンプレートを表示

東海大学総合社会科学研究所(とうかいだいがくそうごうしゃかいかがくけんきゅうじょ)は、東海大学の附置研究所の一つで、2016年平成28年)に設立。

概要[編集]

社会科学に関する諸問題を総合的に研究し、社会の発展に寄与・貢献することを目的としている。著しい社会環境の変化の諸側面を捉え、それを考察するにあたり、既存の学問領域にとらわれない複合領域的な研究部門を設定し、実務家を含む学内外の研究者によって研究を推進している[1]

沿革[編集]

  • 2016年
    • 総合社会科学研究所を開設。

組織[編集]

  • 知的財産部門
  • Eコマース部門
  • 地域創造部門

所在地[編集]

  • 神奈川県平塚市北金目4-1-1

関連項目[編集]

出典[編集]

外部リンク[編集]