東海大学自然史博物館

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
東海大学 > 東海大学自然史博物館
Japanese Map symbol (Museum) w.svg 東海大学自然史博物館
Natural History Museum, Social Education Center TOKAI University
Tokai University, Natural History Museum.jpg
施設情報
愛称 恐竜のはくぶつかん
前身 恐竜館(自然史博物館)
東海大学自然史博物館(恐竜館・地球館)
専門分野 自然史
事業主体 東海大学社会教育センター
開館 1981年(昭和56年)10月
所在地 424-8620
静岡県静岡市清水区三保2389
位置 北緯35度1分7秒
東経138度31分7.5秒
座標: 北緯35度1分7秒 東経138度31分7.5秒
公式サイト 東海大学自然史博物館
プロジェクト:GLAM

東海大学自然史博物館(とうかいだいがくしぜんしはくぶつかん、英称:Natural History Museum, Social Education Center TOKAI University)は、東海大学社会教育センターが社会教育活動の一環として活動する施設の一つである

概要[編集]

当館と東海大学海洋科学博物館の2つの博物館と三保研修館(宿泊・集会・研修施設)の3施設を中心とした社会教育活動を学芸員を配置し展開している。大学本体は、近傍にキャンパスを置く海洋学部を通じて海洋に関する教育研究を行っており、教育研究の利用に共する施設群であるとともに、この知識を広く一般市民に啓蒙普及することを目的として運営している自然史博物館である[1][2]

開館の端緒は、1973年東海大学読売新聞社の共催による『大恐竜展』で分散開催された建屋(現在の静岡市清水区三保)とソビエト科学アカデミーが所蔵するレプリカの恐竜化石標本を活用する形で開館された(もう一方は、東京・上野国立科学博物館での開催)。

現在の建屋(旧・東海大学人体科学博物館)は、元逓信省経理局営繕課長である建築家の山田守によるもの。

沿革[編集]

  • 1981年10月 前身の恐竜館(自然史博物館)が開館。
  • 1983年4月 隣接する未使用の建物を「地球館」として整備し開館。
  • 1983年5月 「東海大学自然史博物館(恐竜館・地球館)」と改称。
  • 1986年11月 自然史博物館研究報告第1号を発行。
  • 1992年 恐竜館と地球館を統合しリニューアル・オープン。
  • 1993年1月 東海大学自然史博物館と改称。
  • 2001年11月12日 再リニューアル・オープンに向けて計画閉館。
  • 2002年1月2日 閉館した東海大学人体科学博物館(2000年10月30日閉館)の建屋へ移設し再リニューアル・オープン。
  • 2015年4月1日 本学の大学生(短大生は除く)は入館料無償化へ移行。

施設[編集]

交通アクセス[編集]

電車・バスの利用
車の利用

関連項目[編集]

東海大学海洋科学博物館

脚注[編集]

外部リンク[編集]

座標: 北緯35度1分7秒 東経138度31分7.5秒