伊達秀晃

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

伊達秀晃(だて ひであき、1985年4月11日 - )は陸上競技選手長距離種目)。山口県出身。防府市華陽中-大牟田高 - 東海大 - 中国電力(中国電力陸上競技部)。

略歴[編集]

同学年のライバル北村聡松岡佑起上野裕一郎とともに「学生四天王」と呼ばれていた。東海大学入学後はインカレや駅伝を中心に活躍を見せ、3年連続区間賞獲得(2度の区間新記録を含む)の活躍で2005年から2007年まで出雲駅伝3連覇や、第81回大会箱根駅伝の往路優勝に貢献した。 大学の1年後輩に同じ長距離種目で活躍中の佐藤悠基がいる。

主な戦績[編集]

記録[編集]

5000m 10000m ハーフマラソン
2001年
(高校1年)
14分57秒51 31分21秒3
2002年
(高校2年)
14分30秒12
2003年
(高校3年)
13分55秒95
※(当時)高校歴代6位
29分30秒05
2004年
(大学1年)
14分00秒32 29分06秒2 1時間02分08秒
※自己ベスト

※ジュニア日本記録
※日本人学生歴代7位
2005年
(大学2年)
13分47秒74 28分51秒54 1時間02分38秒
2006年
(大学3年)
13分37秒71
※自己ベスト
28分21秒32
※自己ベスト
2007年
(大学4年)
13分43秒53 28分25秒02
2008年 13分51秒32 28分49秒09 1時間03分13秒
2009年

関連項目[編集]