世古和

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
世古 和 Portal:陸上競技
選手情報
フルネーム せこ のどか
ラテン文字 Nodoka Seko
国籍 日本の旗 日本
競技 陸上競技 (短距離走)
種目 100m, 200m
所属 CRANE (乗馬クラブクレイン)
大学 筑波大学
生年月日 (1991-07-28) 1991年7月28日(28歳)
出身地 三重県
身長 154cm
体重 49kg
成績
地域大会決勝 アジア大会
4x100mR : 5位 (2018年)
東アジア大会
4x100mR : 2位 (2009年)
国内大会決勝 日本選手権
100m : 優勝 (2018年)
4x100mR : 2位 (2010, 2013年)
自己ベスト
60m 7秒49 (2010年)
100m 11秒50 (2018年)
200m 24秒24 (2009年)
400m 55秒73 (2009年)
100mハードル 14秒06 (2011年)
400mハードル 59秒57 (2011年)
編集 テンプレートのヘルプを表示する

世古 和(せこ のどか、1991年7月28日 - )は、三重県出身の陸上競技選手。専門は短距離走で、100mの自己ベストは11秒50。2018年アジア大会女子4×100mリレー日本代表。CRANE(乗馬クラブクレイン)所属。

経歴[編集]

1991年7月28日三重県に生まれる。血液型はA型。両親は陸上経験者で、宇治山田商業高等学校出身の父は4×100mリレーにおいて全国2位の実績を誇る[1]

小学生時代[編集]

1年時から器械体操に取り組んでいたが、両親から勧められて3年時から陸上競技も始める。3年時に60mで9秒54、4年時に60mで9秒12の県小学生記録(ともに当時)を樹立。5年時には全国小学生陸上の100mで4位入賞するなど活躍したが、当時は体操に夢中で陸上競技はあまり好きではなかったという[2]

中学生時代[編集]

五十鈴中学校に進学してからも体操に取り組んでいたが、2年の春に脊椎4本骨折の大怪我をして体操は続けられなくなった[3]。3年の春に陸上部の顧問から誘われて陸上部に入部し、本格的に陸上を始めると、全日本中学校選手権の200mで6位、ジュニアオリンピックの200mで5位、日本ジュニア室内大阪の60mで4位に入るなど活躍した。

高校生時代[編集]

2007年、父の母校でもある宇治山田商業高等学校に進学。

1年時からインターハイに出場し、4×100mリレーで3位入賞に貢献。2年時にはインターハイの100mと200mで2位、国民体育大会の100mで3位と優勝を逃すも、日本ユース選手権の200mを大会記録(当時)で制して初の全国優勝を成し遂げた。

高校3年時にはインターハイの100mを高校歴代6位(当時)の11秒68、4×100mリレーを高校歴代2位タイ・大会タイ(ともに当時)の46秒02で制して2冠を達成。更に10月の国民体育大会日本ジュニア選手権の100mを制して高校3冠を達成した。12月には高校生ながら東アジア大会の4×100mリレー日本代表に選出され、1走を務めて銀メダル獲得に貢献した。

大学生時代[編集]

2010年、筑波大学に進学。

1年時には関東インカレの4×100mリレーで44秒87の関東学生記録・大会記録を樹立しての優勝に貢献、日本選手権の100mと200mで入賞、世界ジュニア選手権に出場、日本ジュニア選手権の100mで優勝するなど活躍した。しかし、2年時と3年時は後脛骨筋と左ハムストリングスを肉離れする怪我をして思ったような活躍はできず、当時はほとんど陸上が楽しいとは思えなかったという。大学3年時には実家に1週間ほど帰り競技から離れた[4]

大学4年の春に乗馬クラブクレインから内定を貰い、陸上は大学で引退すると決めていた。ところが、夏に100mで4年ぶりの自己ベストを更新するなど充実した日々を過ごし、日本インカレの前くらいから陸上を続けたいと思い始めるようになった。日本インカレは100mを学生歴代8位タイ(当時)の11秒64で制して初の大学日本一に輝いた。その後、陸上を続けたい気持ちを会社側に伝えたところ理解を得られ、大学卒業後も陸上競技を続けることになった。

社会人時代[編集]

2014年[編集]

乗馬クラブクレインに入社。

2015年[編集]

6月に日本選手権の100mで過去最高の5位に入ると、9月には全日本実業団選手権の100mを11秒60の自己ベスト(当時)で制し、社会人になって初の全国タイトルを獲得した。

2016年[編集]

4月29日の織田記念国際100m決勝で11秒80(-1.8)をマークし、日本人トップの2位に入った(福島千里は決勝を棄権)[5]。6月は5日の布勢スプリント100mで自身初の11秒5台となる11秒57(+0.7)をマークすると、25日の日本選手権100m決勝では11秒75(-0.2)をマークして3位に入り、初の表彰台に上った。この結果、リオデジャネイロオリンピックの4×100mリレー日本代表候補に選出[6]。日本が出場権を獲得すれば日本代表となったが、出場権を獲得することはできなかった[注 1][7]

2017年[編集]

春先に負った怪我の影響もあり、6月の日本選手権100mは2大会連続の表彰台を逃すも(5位)、7月22日のオールスターナイト陸上(実業団・学生対抗)100mでは11秒52(+1.4)をマークし、自己ベストを0秒05更新して2位に入った[8]

人物・エピソード[編集]

  • 中学の頃に競馬好きのいとこの影響で馬が好きになり、ディープインパクトに当時夢中になった[9]。ディープインパクトの他に好きな競走馬はウオッカ[4]
  • 中学2年時に体操で大怪我をして落ち込んでいた時に両親が乗馬クラブに入会させてくれた。高校に進学して本気で陸上に取り組むようになってからはやめてしまったが、当時から将来は馬に関わる仕事をしたいと思い、就職活動では乗馬の指導員になりたくて乗馬クラブクレインを志望した。
  • 大学時代の一時期ハードルに取り組んでいたが、これは筑波大学の学年対抗という大会でハードルを跳んだ結果、大学のコーチである谷川聡(110mハードル日本記録保持者)から「いけるかもしれないぞ」と勧められたのがきっかけだった。
  • 当初は「陸上は大学まで」と決め、大学3年の11月頃から就職活動を開始し、現在入社した乗馬クラブクレインの他にスポーツメーカーや食品メーカーなどを志望していた。就職活動をしながら競技を続けるのは大変だったが、そのせいもあって内定を貰い陸上だけに集中できるようになった4月以降の練習はとても楽しく、練習に取り組む姿勢も変わった。「結果が出たから陸上が楽しくなったのではなく、楽しくなってきたから結果がついてきた」という[10]
  • 大学4年時に復活した理由について本人は、教育実習と就職活動をして陸上一筋ではなくなったこと(以前は結果を求めるあまり陸上に対してストイックになりすぎていた)、研修の乗馬で体幹と内転筋を鍛えられたこと、4年生になって(世間から)忘れ去られていたことなどを挙げている。

自己ベスト[編集]

  • 記録欄の( )内の数字は風速m/s)で、+は追い風を意味する。
種目 記録 年月日 場所 備考
屋外
100m 11秒50 (+1.8) 2018年6月3日 日本の旗 鳥取市
200m 24秒24 (+0.4) 2009年7月11日 日本の旗 伊勢市
400m 55秒73 2009年8月16日 日本の旗 伊勢市
100mハードル 14秒06 (+1.1) 2011年5月1日 日本の旗 つくば市
400mハードル 59秒57 2011年9月10日 日本の旗 熊本市
室内
60m 7秒49 2010年2月10日 日本の旗 大阪市

主な成績[編集]

  • 備考欄の記録は当時のもの

国際大会[編集]

大会 場所 種目 結果 記録 備考
2009 (高3) 日韓中ジュニア交流競技会 大韓民国の旗 木浦 100m 2位 12秒24 (-1.1)
100m 優勝 12秒53 (-2.4)
4x100mR 優勝 47秒26 (1走)
4x100mR 優勝 47秒01 (1走)
東アジア大会 (en 香港の旗 香港 4x100mR 2位 44秒89 (1走)
2010 (高3) 日中ジュニア室内 日本の旗 大阪 60m 優勝 7秒49
2010 (大1) 世界ジュニア選手権 カナダの旗 モンクトン 100m 準決勝 12秒28
4x100mR 予選 45秒78 (2走)
2015 (社2) 日中韓3カ国交流 日本の旗 札幌 100m 4位 11秒70 (+1.8)
4x100mR 2位 45秒08 (3走)
2016 (社3) 日中韓3カ国交流 大韓民国の旗 金泉 4x100mR 優勝 44秒84 (3走)
2018 (社5) アジア大会 インドネシアの旗 ジャカルタ 4x100mR 5位 44秒93 (3走)

日本選手権[編集]

大会 場所 種目 結果 記録 備考
2009 (高3) 第93回 横浜市 4x100mR 8位 46秒54 (4走)
2010 (大1) 第94回 丸亀市 100m 8位 11秒91 (+0.9)
200m 8位 24秒88 (-1.4)
横浜市 4x100mR 2位 45秒27 (4走)
2011 (大2) 第95回 横浜市 4x100mR 4位 45秒80 (3走)
2012 (大3) 第96回 横浜市 4x100mR 予選 47秒26 (1走)
2013 (大4) 第97回 横浜市 4x100mR 2位 45秒96 (3走)
2014 (社1) 第98回 福島市 100m 予選 11秒91 (+0.7)
2015 (社2) 第99回 新潟市 100m 5位 11秒89 (-0.3)
2016 (社3) 第100回 名古屋市 100m 3位 11秒75 (-0.2)
2017 (社4) 第101回 大阪市 100m 5位 11秒72 (+0.2)
2018 (社5) 第102回 山口市 100m 優勝 11秒64 (+0.8)

その他[編集]

  • 主要大会を記載
大会 場所 種目 結果 記録 備考
2002 (小5) 全国小学生陸上 東京都 100m 4位 14秒17 (-0.5)
2006 (中3) 全日本中学校選手権 丸亀市 200m 6位 25秒41 (+1.4)
ジュニアオリンピック 横浜市 200m 5位 25秒77 (0.0)
2007 (中3) 日本ジュニア室内大阪 大阪市 60m 4位 7秒94
2007 (高1) インターハイ 佐賀市 100m 予選 12秒46 (-1.6)
4x100mR 3位 47秒06 (4走)
国民体育大会 秋田市 4x100mR 準決勝 47秒40 (4走)
日本ユース選手権 大分市 100m 8位 12秒30 (+1.2)
2008 (高2) インターハイ 熊谷市 100m 2位 11秒92
200m 2位 24秒80
4x100mR 準決勝 47秒50 (4走)
国民体育大会 大分市 100m 3位 11秒92
4x100mR 予選 47秒51 (4走)
日本ユース選手権 鳥取市 100m 3位 11秒86 (+1.7)
200m 優勝 24秒47 (+1.6) 大会記録
2009 (高3) インターハイ 奈良市 100m 優勝 11秒68 (+1.6) 高校歴代6位
200m 3位 24秒50 (+0.3)
4x100mR 優勝 46秒02 (4走) 高校歴代2位タイ
大会タイ記録
4x400mR 7位 3分51秒43 (4走)
国民体育大会 新潟市 100m 優勝 11秒86 (0.0)
4x100mR 5位 46秒26 (4走)
日本ジュニア選手権 甲府市 100m 優勝 11秒75 (+0.3)
2010 (大1) 出雲陸上 出雲市 100m 優勝 12秒29 (-2.1)
織田記念 広島市 100m 7位 11秒90 (+1.7)
国際グランプリ大阪 大阪市 100m 6位 11秒81 (-0.1)
関東インカレ (1部) 東京都 4x100mR 優勝 44秒87 (4走) 関東学生記録
4x400mR 6位 3分42秒85 (1走)
日本インカレ 東京都 200m 準決勝 24秒88 (+3.0)
4x100mR 予選 47秒23 (4走)
国民体育大会 千葉市 100m 7位 11秒99 (+0.5)
4x100mR 準決勝 47秒02 (4走)
日本ジュニア選手権 名古屋市 100m 優勝 11秒98 (+0.6)
200m 予選 25秒10 (+1.8)
水戸招待 水戸市 100m 2位 11秒91 (+3.0)
2011 (大2) 織田記念 広島市 100m 予選 12秒18 (-0.9)
関東インカレ (1部) 東京都 100mH 準決勝 DNS 予選14秒25 (-2.1)
日本インカレ 熊本市 400mH 予選 59秒57 自己ベスト
4x100mR 3位 46秒08 (3走)
4x400mR 4位 3分42秒91 (3走)
国民体育大会 山口市 100m 予選 12秒33 (-1.1)
400m 予選 57秒78
4x100mR 準決勝 46秒95 (3走)
2012 (大3) 日本インカレ 東京都 100m 予選 12秒41 (-1.8)
4x100mR 3位 45秒99 (4走)
2013 (大4) 水戸招待 水戸市 100m 4位 12秒07 (-0.7)
関東インカレ (1部) 東京都
横浜市
100m 2位 12秒43 (-2.6)
200m 3位 24秒36 (+0.7)
4x100mR 3位 46秒48 (1走)
4x400mR 2位 3分41秒74 (4走)
日本学生個人選手権 平塚市 100m 8位 12秒11 (+1.0)
200m 準決勝 25秒48 (-0.4)
日本インカレ 東京都 100m 優勝 11秒64 (+1.6) 自己ベスト
4x100mR 優勝 45秒84 (3走)
4x400mR 8位 3分54秒46 (4走)
国民体育大会 調布市 100m 4位 11秒91 (-0.5)
4x100mR 準決勝 47秒09 (2走)
実業団・学生対抗 平塚市 100m 2位 11秒74 (+2.7)
メドレーR 優勝 2分10秒41 (2走)
2014 (社1) 出雲陸上 出雲市 100m 優勝 11秒70 (+0.9)
織田記念 広島市 100m 6位 11秒76 (+1.5)
静岡国際 袋井市 200m B決勝 24秒50 (+0.6)
水戸招待 水戸市 100m 決勝 DNS 予選12秒04 (+2.0)
ゴールデングランプリ東京 東京都 4x100mR 5位 52秒21 (2走)
東日本実業団選手権 福島市 100m 優勝 11秒91 (-1.5)
布勢スプリント 鳥取市 100m 3位 11秒77 (+2.0)
国民体育大会 諫早市 100m 準決勝 12秒09 (+0.8)
4x100mR 準決勝 47秒38 (4走)
2015 (社2) 織田記念 広島市 100m 6位 12秒03 (-0.2)
静岡国際 (NGP) 袋井市 200m 4位 24秒67 (+0.7)
ゴールデングランプリ川崎 川崎市 100m 6位 11秒65 (+1.2)
東日本実業団選手権 熊谷市 100m 2位 11秒64 (+2.2)
200m 決勝 DNS 予選24秒88 (+1.5)
全日本実業団選手権 岐阜市 100m 優勝 11秒60 (+0.4) 自己ベスト
国民体育大会 和歌山市 100m 4位 11秒81 (+0.3)
4x100mR 予選 46秒56 (2走) 準決勝進出[注 2]
2016 (社3) オーストラリア選手権 シドニー 100m 準決勝 11秒87 (-0.6)
200m 予選 24秒84 (-1.0)
織田記念 広島市 100m 2位 11秒80 (-1.8)
静岡国際 袋井市 4x100mR 優勝 45秒11 (3走)
ゴールデングランプリ川崎 川崎市 4x100mR 2位 43秒95 (3走)
ワールドチャレンジ北京 北京市 4x100mR 2位 43秒81 (3走)
布勢スプリント 鳥取市 100m 優勝 11秒57 (+0.7) 自己ベスト
全日本実業団選手権 大阪市 100m 2位 11秒80 (+0.1)
国民体育大会 北上市 100m 3位 11秒90 (+0.5)
4x100mR 準決勝 47秒04 (2走)
2017 (社4) 織田記念 広島市 100m B決勝 12秒00 (+2.0)
水戸招待 水戸市 100m 6位 12秒07 (+1.4)
東日本実業団選手権 秋田市 100m 優勝 11秒68 (-0.5)
布勢スプリント 鳥取市 100m 2位 11秒68 (+2.1)
実業団・学生対抗
(オールスターナイト陸上)
平塚市 100m 2位 11秒52 (+1.4) 自己ベスト
メドレーR 優勝 2分07秒37 (1走)
2018 (社5) 織田記念 広島市 100m 4位 11秒66 (+1.3)
水戸招待 水戸市 100m 2位 12秒24 (-5.0)
東日本実業団選手権 熊谷市 100m 優勝 11秒74 (+2.5)
布勢スプリント 鳥取市 100m 4位 11秒50 (+1.8) 自己ベスト
実業団・学生対抗
(オールスターナイト陸上)
平塚市 100m 優勝 11秒52 (+1.1)
全日本実業団選手権 大阪市 100m 優勝 11秒66 (-0.1)
国民体育大会 福井市 100m 優勝 12秒21 (-2.8)
4x100mR 予選 47秒06 (2走)

参考文献[編集]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ リレーの出場権を獲得するには、有効期間内にマークした上位2レースのタイムの合計で世界ランキング16位以内に入る必要があり、圏外だった日本はランキングを上げるため、7月3日に日中韓3カ国交流陸上、9日と10日に大阪選手権に参加。世古は3レース全てで日本チームの3走を務めたが、日本チームは16位以内に浮上するような好タイムをマークすることはできなかった。
  2. ^ 予選のみ出場。準決勝の三重は47秒53の3組8着で敗退

出典[編集]

  1. ^ 「連続写真で見る陸上競技の技術」『月刊陸上競技』第43巻第11号、講談社、2009年10月号、 238-239頁。
  2. ^ 第4号 (PDF, 287 KB) 三重陸協たより 2015年11月18日閲覧
  3. ^ 高校生特集2”. 三重陸協コラム (2008年1月10日). 2015年11月8日閲覧。
  4. ^ a b <首都スポ>五輪へ駆け抜ける 乗馬クラブのスプリンター世古和”. 中日スポーツ (2015年11月5日). 2015年11月8日閲覧。
  5. ^ 「日本GPシリーズ 織田記念」『月刊陸上競技』第50巻第7号、講談社、2016年6月号、 72頁。
  6. ^ リオ五輪の陸上代表 44人を発表”. NHK (2016年6月27日). 2016年7月1日閲覧。
  7. ^ 陸上女子リレー、リオ五輪絶望的=ランキング圏内入れず”. 時事通信社 (2016年7月10日). 2016年7月26日閲覧。
  8. ^ 「実業団・学生対抗」『月刊陸上競技』第51巻第10号、講談社、2017年9月号、 134頁。
  9. ^ 「2014 春に飛び立つアスリート」『月刊陸上競技』第48巻第6号、講談社、2014年5月号、 74頁。
  10. ^ 「陸マガ何でも相談室」『陸上競技マガジン』第65巻第5号、ベースボール・マガジン社、2015年3月号、 160頁。

外部リンク[編集]