第105回日本陸上競技選手権大会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
第105回日本陸上競技選手権大会
主催 日本陸上競技連盟
開催地 大阪市
日程 2021年6月24日 - 27日
競技場 長居陸上競技場
(ヤンマースタジアム長居)
実施種目 トラック、フィールド
種目数 34

第105回日本陸上競技選手権大会(だい105かいにほんりくじょうきょうぎせんしゅけんたいかい)兼東京2020オリンピック競技大会日本代表選手選考競技会は、2021年6月24日から6月27日まで4日間の日程で長居陸上競技場(ヤンマースタジアム長居)を会場に開催された陸上競技の選手権。主催は日本陸上競技連盟。 長居陸上競技場における開催は2017年の第101回大会以来、4年ぶり5回目。トラック・フィールド種目の男女計34種目の競技を実施した。

本大会以外での種目の日程は以下の通り[1]。なおリレーは開催中止となった。

大会日程・実施種目[編集]

H 予選 ½ 準決勝 F 決勝

出典:[2]

参加資格[編集]

大会結果[編集]

本大会と他種目の日本選手権を扱う。表中の選手名・所属名は便宜上略称を含む。

男子[編集]

優勝 2位 3位
100m
(+0.2 m/s)
多田修平
住友電工
10.15 デーデー・ブルーノ
東海大
10.19 山縣亮太
セイコー
10.27
200m
(+1.0 m/s)
小池祐貴
住友電工
20.46 デーデー・ブルーノ
東海大
20.63 鈴木涼太
城西大
20.73
400m 川端魁人
三重教員AC
45.75 佐藤拳太郎
富士通
46.06 鈴木碧斗
東洋大
46.48
800m 田母神一喜
阿見AC
1:46.68 金子魅玖人
中央大
1:46.86 川元奨
スズキ
1:46.89
1500m 河村一輝
トーエネック
3:39.18 森田佳祐
小森コーポ
3:39.59 舟津彰馬
九電工
3:39.99
5000m 遠藤日向
住友電工
13:28.67 松枝博輝
富士通
13:30.21 坂東悠汰
富士通
13:31.46
10000m 伊藤達彦
Honda
27:33.38 田澤廉
駒澤大
27:39.21 鈴木芽吹
駒澤大
27:41.68
110mH
(+1.2 m/s)
泉谷駿介
順天堂大
13.06
日本新記録大会新記録
金井大旺
ミズノ
13.22
大会新記録
高山峻野
ゼンリン
13.37
400mH 黒川和樹
法政大
48.69 安部孝駿
ヤマダホールディングス
48.87 岸本鷹幸
富士通
49.29
3000mSC 三浦龍司
順天堂大
8:15.99
日本新記録ジュニア日本新記録大会新記録
山口浩勢
愛三工業
8:19.96 青木涼真
Honda
8:20.70
走高跳 戸邉直人
JAL
2m30 真野友博
九電工
2m27 衛藤昂
味の素AGF
2m24
棒高跳 竹川倖生
丸元産業
5m70 江島雅紀
富士通
5m60 石川拓磨
東京海上日動CS
山本聖途
トヨタ自動車
5m60
走幅跳 橋岡優輝
富士通
8m36
(+0.6 m/s)
大会新記録
津波響樹
大塚製薬
7m91
(-0.6 m/s)
城山正太郎
ゼンリン
7m90
(+0.1 m/s)
三段跳 山下祐樹
Break Parking
16m12
(+0.5 m/s)
安立雄斗
福岡大
16m04
(+1.2 m/s)
池畠旭佳瑠
駿大AC
15m96
(+0.2 m/s)
砲丸投 武田歴次
栃木スポ協
18m64 佐藤征平
新潟アルビレックスRC
18m04 村上輝
日本体育施設
17m90
円盤投 堤雄司
ALSOK群馬
59m29 湯上剛輝
トヨタ自動車
57m46 幸長慎一
四国大
57m35
ハンマー投 福田翔大
日本大
71m37 柏村亮太
ヤマダホールディングス
69m77 木村友大
ゼンリン
68m82
やり投 小南拓人
染めQ
80m88 ディーン元気
ミズノ
79m94 小椋健司
栃木スポ協
78m45
十種競技 中村明彦
スズキ
7833 奥田啓祐
第一学院高教
7768 清水剛士
三重陸協
7661
20km競歩
50km競歩 丸尾知司
愛知製鋼
3:38:42
大会新記録
勝木隼人
自衛隊体育学校
3:42:34 小林快
新潟アルビレックスRC
3:43:31
クロスカントリー
出典:[4][5][6][7]

女子[編集]

優勝 2位 3位
100m
(-1.9 m/s)
兒玉芽生
福岡大
11.62 壹岐あいこ
立命館大
11.64 名倉千晃
NTN
11.78
200m
(-1.0 m/s)
兒玉芽生
福岡大
23.46 鶴田玲美
南九州ファミリーマート
23.65 齋藤愛美
大阪成蹊大
23.70
400m 小林茉由
J.VIC
52.86 松本奈菜子
東邦銀行
53.35 青山聖佳
大阪成蹊AC
53.42
800m 卜部蘭
積水化学
2:03.71 広田有紀
新潟アルビレックスRC
2:04.18 田中希実
豊田織機TC
2:04.47
1500m 田中希実
豊田織機TC
4:08.39 卜部蘭
積水化学
4:10.52 井手彩乃
ワコール
4:13.49
5000m 廣中璃梨佳
JP日本郵政G
15:05.69 新谷仁美
積水化学
15:13.73 田中希実
豊田織機TC
15:18.25
10000m 廣中璃梨佳
JP日本郵政G
31:11.75 安藤友香
ワコール
31:18.18 小林成美
名城大
32:08.45
100mH
(0.0 m/s)
寺田明日香
ジャパンクリエイト
13.09 清山ちさと
いちご
13.22 鈴木美帆
長谷川体育施設
13.35
400mH 山本亜美
立命館大
57.30 宇都宮絵莉
長谷川体育施設
57.83 イブラヒム愛紗
メイスンワーク
58.16
3000mSC 山中柚乃
愛媛銀行
9:41.84
大会新記録
吉村玲美
大東文化大
9:45.52 藪田裕衣
大塚製薬
9:46.44
走高跳 武山玲奈
環太平洋大
1m78 竹内萌
栃木スポ協
1m78 岡野弥幸
埼玉栄高
1m73
棒高跳 諸田実咲
栃木スポ協
4m20 那須眞由
籠谷
田中伶奈
香川大
4m10 - -
走幅跳 秦澄美鈴
シバタ工業
6m40
(-1.3 m/s)
髙良彩花
筑波大
6m30
(-1.0 m/s)
竹内真弥
チームミズノアスレティック
6m20
(+2.2 m/s)
三段跳 森本麻里子
内田建設AC
13m37
(+1.4 m/s)
髙良彩花
筑波大
13m03
(+2.1 m/s)
剱持早紀
長谷川体育施設
13m02
(+1.0 m/s)
砲丸投 郡菜々佳
九州共立大
16m01 大野史佳
埼玉大
15m64 尾山和華
今村病院
15m18
円盤投 齋藤真希
東京女子体育大
52m89 辻川美乃利
内田洋行AC
52m05 郡菜々佳
九州共立大
50m30
ハンマー投 渡邊茜
丸和運輸機関
66m24 勝山眸美
オリコ
63m03 村上来花
弘前実業高
62m25
やり投 北口榛花
JAL
61m49 斉藤真理菜
スズキ
59m10 武本紗栄
大阪体育大
57m95
七種競技 山﨑有紀
スズキ
5909 大玉華鈴
日本体育大
5622 利藤野乃花
わらべや日洋
5364
20km競歩
クロスカントリー
出典:[4][5][8]

出典[編集]

  1. ^ 2021年度 主要競技会日程 (PDF)”. 日本陸上競技連盟. 2021年6月27日閲覧。
  2. ^ a b 第105回日本陸上競技選手権大会 兼 第37回U20日本陸上競技選手権大会 競技日程 (PDF)”. 日本陸上競技連盟. 2021年6月27日閲覧。
  3. ^ 第105回日本陸上競技選手権大会 参加資格 (PDF)”. 日本陸上競技連盟 (2021年1月25日). 2021年6月27日閲覧。
  4. ^ a b リザルト (PDF)”. 日本陸上競技連盟. 2021年6月28日閲覧。
  5. ^ a b 女子10000m (PDF)”. 日本陸上競技連盟. 2021年6月28日閲覧。
  6. ^ 第105回日本陸上競技選手権大会・混成競技 (PDF)”. 日本陸上競技連盟. 2021年6月28日閲覧。
  7. ^ 第105回日本陸上競技選手権大会50km競歩 (PDF)”. 日本陸上競技連盟. 2021年6月28日閲覧。
  8. ^ 第105回日本陸上競技選手権大会・混成競技 (PDF)”. 日本陸上競技連盟. 2021年6月28日閲覧。

外部リンク[編集]