デクスター・リー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
デクスター・リー Portal:陸上競技
100 m Memorial Van Damme 2010.jpg
選手情報
ラテン文字 Dexter Lee
国籍 ジャマイカの旗 ジャマイカ
競技 トラック競技 (短距離走)
種目 100m
生年月日 (1991-01-18) 1991年1月18日(25歳)
身長 185cm
体重 88kg
成績
世界選手権 4x100mR 予選2組2着 (2011年)
地域大会決勝 中央アメリカ・カリブ選手権
100m 3位 (2011年)
4x100mR 優勝 (2011年)
国内大会決勝 ジャマイカ選手権
100m 6位 (2011年)
最高世界ランク 100m 28位 10秒06 (2011年)
自己ベスト
60m 6秒66 (2010年)
100m 10秒06 (2011年)
200m 20秒86 (2010年)
編集 テンプレートのヘルプを表示する

デクスター・リーDexter Lee1991年1月18日 ‐ )は、ジャマイカの男子陸上競技選手。専門は短距離走100mで10秒06の自己ベストを持つ、2011年大邱世界選手権4×100mリレー金メダリストである。また、世界ユース選手権世界ジュニア選手権の100mでジャマイカ男子初の金メダルを獲得した選手であり、世界ジュニア選手権の100mを連覇した唯一の選手である。

経歴[編集]

2007年[編集]

7月、オストラヴァで開催された世界ユース選手権の100mとメドレーリレーに出場。100mは決勝で10秒51(-0.4)をマークし、同じジャマイカのニッケル・アシュミードに0秒03差で競り勝ち、この種目でジャマイカ男子選手初となる優勝を成し遂げた[注 1][1]。また、これは主要世界大会(オリンピック世界選手権世界ジュニア選手権世界ユース選手権ユニバーシアード)を通じて、ジャマイカ男子選手が100mで獲得した初の金メダルでもあった。それまでの主要世界大会の100mにおけるジャマイカ男子選手の最高成績は、1952年ヘルシンキオリンピックハーブ・マッキンリー1968年メキシコシティオリンピックレノックス・ミラー1976年モントリオールオリンピックドン・クォーリー2005年ヘルシンキ世界選手権マイケル・フレイターが記録した2位だった。メドレーリレーは決勝で1走(リー、Ramone McKenzieニッケル・アシュミード、Dwayne Extol)を務めると、1分52秒18のユースジャマイカ最高記録(当時)をマークしての銅メダル獲得に貢献した[2]

2008年[編集]

7月、ブィドゴシュチュで開催された世界ジュニア選手権の100mと4×100mリレーに出場。100mは決勝で10秒40(-0.8)をマークし、Wilhelm van der Vyver(10秒42)とTerrell Wilks(10秒45)を破り、この種目でジャマイカ男子選手初となる優勝を成し遂げた[注 2][3]。また、世界ユース選手権と世界ジュニア選手権の100mで金メダルを獲得した史上4人目の男子選手となった[注 3]。4×100mリレーは決勝で2走(オシェイン・ベイリー、リー、ニッケル・アシュミード、ヨハン・ブレーク)を務めると、アメリカ(38秒98)に次ぐ39秒25で銀メダル獲得に貢献した[4]

2010年[編集]

7月、モンクトンで開催された世界ジュニア選手権の100mと200mと4×100mリレーに出場。100mは2大会連続で決勝に進出すると、決勝では10秒21(-0.7)をマークし、チャールズ・シルモン(10秒23)とジミー・ヴィコ(10秒28)を破り2連覇を達成した[5]。この種目での2連覇は大会史上初の快挙だった[6]。世界大会初出場となった200mは予選で不正スタートのため失格に終わった[7]。4×100mリレーでは決勝でアンカー(Brandon Tomlinson、Bernardo Brady、Odean Skeen、リー)を務めると、アメリカ(38秒93)に次ぐ39秒55で銀メダル獲得に貢献した[8]

2011年[編集]

9月、大邱で開催された世界選手権の4×100mリレーに出場。予選では決勝に向けて温存されたウサイン・ボルトに代わりアンカー(ネスタ・カーターマイケル・フレーター、ヨハン・ブレーク、リー)を務め、38秒07をマークしての決勝進出に貢献したが、決勝での出番はなかった[9]。ジャマイカは優勝し、予選を走ったリーもシニアの世界大会で初のメダルとなる金メダルを手にした。

自己ベスト[編集]

記録欄の( )内の数字は風速m/s)で、+は追い風を意味する。

種目 記録 年月日 場所 備考
屋外
100m 10秒06 (+2.0) 2011年5月22日 ブラジルの旗 サンパウロ
200m 20秒86 (+1.0) 2010年6月13日 ジャマイカの旗 スパニッシュ・タウン
室内
60m 6秒66 2010年2月12日 アメリカ合衆国の旗 フェイエットビル

主要大会成績[編集]

大会 場所 種目 結果 記録 備考
2006 カリフタゲームズ英語版 (U17) レザビーム 100m 優勝 10秒72 (+0.8)
4x100mR 優勝 41秒39 (4走)
2006 中央アメリカ・カリブジュニア選手権英語版
(U17)
ポートオブスペイン 100m 2位 10秒68 (+1.8)
4x100mR 優勝 40秒83 (4走)
2007 カリフタゲームズ (U17) プロビデンシアリス 100m 優勝 10秒34 (+1.0) 大会記録
200m 優勝 21秒09 (+1.2) 大会記録
4x100mR 優勝 41秒11
2007 世界ユース選手権 オストラヴァ 100m 優勝 10秒51 (-0.4) ジャマイカ男子初優勝
メドレーR 3位 1分52秒18 (1走)
2008 カリフタゲームズ (U20) バセテール 100m 2位 10秒48 (+0.1)
4x100mR 優勝 39秒80 (4走)
2008 世界ジュニア選手権 ブィドゴシュチュ 100m 優勝 10秒40 (-0.8) ジャマイカ男子初優勝
4x100mR 2位 39秒25 (2走)
2009 パンアメリカンジュニア選手権英語版 ポートオブスペイン 100m 4位 10秒33 (+0.7)
4x100mR 3位 40秒06 (4走)
2010 世界ジュニア選手権 モンクトン 100m 優勝 10秒21 (-0.7) 大会初の連覇達成
200m 予選 DQ フライング
4x100mR 2位 39秒55 (4走)
2011 中央アメリカ・カリブ選手権英語版 マヤグエス 100m 3位 10秒18 (-0.5)
4x100mR 優勝 38秒81 (2走)
2011 世界選手権 大邱 4x100mR 予選 38秒07 (4走) 2組2着 (決勝進出[注 4])
2015 パンアメリカン競技大会 トロント 4x100mR 決勝 DNF (2走)

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ これまでのジャマイカ男子最高成績は、1999年ブィドゴシュチュ大会のオマー・ブラウンが記録した3位だった。女子は1999年ブィドゴシュチュ大会でベロニカ・キャンベル=ブラウンが優勝している。
  2. ^ これまでのジャマイカ男子最高成績は、1998年アヌシー大会のドワイト・トーマス2004年グロッセート大会レマルド・ローズ英語版2006年北京大会ヨハン・ブレークが記録した3位だった。女子は1992年ソウル大会でニコール・ミッチェル英語版2000年サンティアゴ大会でベロニカ・キャンベル=ブラウンが優勝している。
  3. ^ 過去に達成した選手は、イギリスマーク・ルイス=フランシス(1999年世界ユース選手権・2000年世界ジュニア選手権)、トリニダード・トバゴダレル・ブラウン(2001年世界ユース選手権・2002年世界ジュニア選手権)、イギリスのハリー・アイキネス=アリエティ(2005年世界ユース選手権・2006年世界ジュニア選手権)。
  4. ^ 予選のみ出場。決勝のジャマイカは37秒04で優勝。

出典[編集]

外部リンク[編集]

記録
前年:
アメリカ合衆国の旗 マルクス・ローランド英語版
(10秒03)
100m
ジュニアシーズンベスト記録保持者
(10秒16)

タイ記録保持者 / フランスの旗 ジミー・ヴィコ
2010年
次年:
フランスの旗 ジミー・ヴィコ
(10秒07)
前年:
アメリカ合衆国の旗 Rynell Parson
(10秒23)
100m
ユースシーズンベスト記録保持者
(10秒36)

2008年
次年:
アメリカ合衆国の旗 Prezel Hardy
日本の旗 九鬼巧
(10秒34)
功績
過去:
なし
主要世界大会100m
ジャマイカ人金メダリスト(男子)

2007年世界ユース選手権
2人目:
ウサイン・ボルト
2008年オリンピック
3人目:
イギリスの旗 ハリー・アイキネス=アリエティ
2005年2006年
世界ユース選手権世界ジュニア選手権
両大会100m金メダリスト(男子)

2007年・2008年2010年
5人目:
未定