中原全敏

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
中原勝利から転送)
移動先: 案内検索
中原 全敏
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 鹿児島県
生年月日 (1944-11-30) 1944年11月30日(73歳)
身長
体重
172 cm
75 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 内野手
プロ入り 1968年 ドラフト5位
初出場 1969年
最終出場 1980年
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

中原 全敏(なかはら まさとし、1944年11月30日 - )は、鹿児島県出身の元プロ野球選手。ポジションは内野手1969年から1972年までの登録名は中原 勝利

来歴・人物[編集]

鹿児島商業高校では同期のエース浜崎正人を擁し、三塁手として1962年夏の甲子園に出場。準々決勝に進出するが、中京商林俊宏三輪田勝利らの継投に抑えられ敗退した[1]。他の高校同期に中堅手下須崎詔一がいる。

卒業後、日本電信電話公社九州支社へ入社し電電九州へ入部。中心打者として活躍し、1966年のプロ野球ドラフト会議近鉄バファローズから6位指名されるが入団拒否した。1968年都市対抗野球大会に出場、1回戦で盛岡鉄道局の泉沢彰に完封負けを喫する[2]

同年のプロ野球ドラフト会議東映フライヤーズに5位指名され入団する。3年目の1971年には岩下光一に代り三塁手に定着、78試合に先発出場するが、翌1972年は移籍入団の高橋博士にポジションを譲る。その後は内野のユーティリティプレイヤーとして起用され、1975年には末永吉幸菅野光夫を抑え遊撃手のレギュラーを獲得。1977年には二塁手として起用されるが、翌1978年富田勝が二塁手に回り出場機会が減少。1980年限りで引退した。

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
1969 東映
日拓
日本ハム
34 47 45 1 9 0 0 0 9 2 0 0 0 0 2 0 0 12 2 .200 .234 .200 .434
1970 11 6 6 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 4 0 .000 .000 .000 .000
1971 107 304 278 20 56 8 4 4 84 22 2 2 8 0 17 2 1 59 8 .201 .250 .302 .552
1972 47 44 40 3 4 2 0 0 6 2 0 0 1 0 3 1 0 9 2 .100 .163 .150 .313
1973 76 83 75 6 20 2 0 1 25 3 2 0 0 1 7 0 0 8 4 .267 .325 .333 .659
1974 81 181 166 10 34 4 0 0 38 9 3 5 3 0 11 0 1 22 3 .205 .258 .229 .487
1975 84 207 184 17 42 3 0 0 45 16 4 2 12 2 9 0 0 13 4 .228 .262 .245 .506
1976 101 225 197 17 48 6 2 0 58 14 6 5 13 2 13 0 0 18 4 .244 .288 .294 .582
1977 110 254 232 17 46 3 1 2 57 14 5 4 5 1 14 0 2 22 5 .198 .249 .246 .495
1978 76 87 78 7 22 1 2 0 27 7 1 2 4 0 5 0 0 15 0 .282 .325 .346 .671
1979 29 27 24 3 4 2 0 0 6 0 1 0 0 0 3 0 0 2 0 .167 .259 .250 .509
1980 4 4 4 0 1 0 0 0 1 0 0 0 0 0 0 0 0 1 0 .250 .250 .250 .500
通算:12年 760 1469 1329 101 286 31 9 7 356 89 24 20 46 6 84 3 4 185 32 .215 .263 .268 .531
  • 東映(東映フライヤーズ)は、1973年に日拓(日拓ホームフライヤーズ)に、1974年に日本ハム(日本ハムファイターズ)に球団名を変更

背番号[編集]

  • 8 (1969年 - 1970年)
  • 30 (1971年 - 1973年)
  • 23 (1974年 - 1980年)

登録名[編集]

  • 中原 勝利 (なかはら まさとし、1969年 - 1972年)
  • 中原 全敏 (なかはら まさとし、1973年 - 1980年)

脚注[編集]

  1. ^ 「全国高等学校野球選手権大会70年史」朝日新聞社編 1989年
  2. ^ 「都市対抗野球大会60年史」日本野球連盟 毎日新聞社 1990年

関連項目[編集]