1951年の読売ジャイアンツ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
1951年の読売ジャイアンツ
成績
日本一
対南海 4勝1敗[1]
セントラル・リーグ優勝
79勝29敗6分 勝率.731[2]
本拠地
都市 東京都文京区
球場
後楽園球場
Gthumb.svg
球団組織
オーナー 正力松太郎
経営母体 読売新聞社
監督 水原茂
« 1950
1952 »

1951年の読売ジャイアンツ(1951ねんのよみうりジャイアンツ)は、水原茂監督の2年目のシーズンである。

概要[編集]

この年の巨人は前年までマイナーリーグに所属し、シーズン序盤に加入した与那嶺、首位打者の川上、本塁打・打点の2冠王の青田らが名を連ねた打線が爆発的な得点力を発揮し、投手陣もチーム防御率2点台と圧倒的な強さを見せつけた。6月に8連勝、7月に15連勝、9月に11連勝と貯金50を重ね、独走でセ・リーグ優勝を飾った。そして、日本シリーズでは南海を4勝1敗で破り、日本一に輝いた。

チーム成績[編集]

レギュラーシーズン[編集]

開幕オーダー
1 千葉茂
2 平井三郎
3 青田昇
4 宇野光雄
5 南村侑広
6 多田文久三
7 小松原博喜
8 内藤博文
9 別所毅彦
1951年セントラル・リーグ順位変動
順位 4月終了時 5月終了時 6月終了時 7月終了時 8月終了時 最終成績
1位 巨人 -- 巨人 -- 巨人 -- 巨人 -- 巨人 -- 巨人 --
2位 国鉄 0.0 松竹 1.5 名古屋 3.5 名古屋 11.0 名古屋 14.0 名古屋 18.0
3位 名古屋 2.5 大阪 2.0 松竹 7.5 松竹 14.5 松竹 19.0 大阪 20.5
4位 大洋 3.0 名古屋 4.5 大阪 9.0 大阪 15.0 大阪 19.5 松竹 27.0
5位 松竹 3.5 国鉄 大洋 12.5 大洋 18.5 国鉄 25.0 国鉄 31.5
6位 広島 4.0 大洋 4.5 国鉄 13.5 国鉄 18.5 大洋 25.5 大洋 37.0
7位 大阪 4.5 広島 7.5 広島 17.0 広島 25.0 広島 33.5 広島 41.0
期間
成績
11勝6敗3分
勝率.647
11勝9敗2分
勝率.550
15勝4敗
勝率.789
13勝1敗
勝率.929
12勝3敗1分
勝率.800
17勝6敗
勝率.739
1951年セントラル・リーグ最終成績
順位 球団 勝率
優勝 読売ジャイアンツ 79 29 6 .731 -
2位 名古屋ドラゴンズ 62 48 3 .564 18.0
3位 大阪タイガース 61 52 3 .540 20.5
4位 松竹ロビンス 53 57 5 .482 27.0
5位 国鉄スワローズ 46 59 2 .438 31.5
6位 大洋ホエールズ 40 64 4 .385 37.0
7位 広島カープ 32 64 3 .333 41.0

[2]

日本シリーズ[編集]

1951年 日本ワールドシリーズ
日付 試合 ビジター球団(先攻) スコア ホーム球団(後攻) 開催球場
10月10日(水) 第1戦 読売ジャイアンツ 5-0 南海ホークス 大阪球場
10月11日(木) 第2戦 読売ジャイアンツ 7-0 南海ホークス
10月12日(金) 移動日
10月13日(土) 第3戦 南海ホークス 2-3 読売ジャイアンツ 後楽園球場
10月14日(日) 第4戦 雨天中止
10月15日(月)
10月16日(火) 南海ホークス 4-3 読売ジャイアンツ
10月17日(水) 第5戦 南海ホークス 2-8 読売ジャイアンツ
優勝:読売ジャイアンツ(初優勝)

[1]

個人成績[編集]

投手成績[編集]

  • 色付き規定投球回(135イニング)以上の選手
  • 太字はリーグ最高
選手















































W
H
I
P
 
/別所毅彦 47 30 25 4 4 21 9 -- -- .700 1222 301.1 252 15 88 -- 1 131 3 0 112 82 2.45 1.13
/松田清 34 28 15 4 0 23 3 -- -- .885 896 227.2 186 5 64 -- 5 93 3 2 61 51 2.01 1.10
/藤本英雄 31 25 16 3 3 15 7 -- -- .682 822 206.1 189 7 41 -- 3 88 1 1 89 72 3.13 1.11
/大友工 29 14 3 0 0 11 4 -- -- .733 556 137.2 114 11 43 -- 3 51 1 3 44 37 2.42 1.14
/中尾碩志 29 16 4 0 1 9 6 -- -- .600 541 130.1 124 8 37 -- 0 60 0 2 56 44 3.02 1.24
/兼吉寛 12 0 0 0 0 0 0 -- -- ---- 120 28.0 22 1 18 -- 1 12 0 0 14 12 3.86 1.43
/多田文久三 3 1 0 0 0 0 0 -- -- ---- 17 2.1 5 0 4 -- 1 1 0 0 5 3 9.00 3.86

主な打撃成績[編集]

  • 色付き規定打席(打数280)以上の選手
  • 太字はリーグ最高
選手











































O
P
S
 
/[[]]|

オールスターゲーム1951[編集]

この年から日本プロ野球でオールスター戦が開始された。

選出選手・スタッフ
ポジション 名前
コーチ 水原茂
投手 別所毅彦
藤本英雄
中尾碩志
一塁手 川上哲治
二塁手 千葉茂
遊撃手 平井正明
左翼手 青田昇
  • 太字はファン投票で選ばれた選手。

できごと[編集]

入団・退団[編集]

シーズン開幕前[編集]

本節では、前シーズン終了から本シーズン開幕までの入退団について記述する。

入団[編集]

選手名 前所属 備考
投手
25 兼吉寛 滝川高 新入団
捕手
27 楠協郎 西鉄クリッパース 移籍
36 佐々信義 三田学園 新入団
内野手
8 平井正明 西日本パイレーツ 移籍
26 桝重正 兵庫工業高 新入団
外野手
1 南村不可止 西日本パイレーツ 移籍
39 高野進 熊谷商業 新入団
40 辰野静男 北見北斗高 新入団

退団[編集]

選手名 去就
投手
吉江英四郎 社会人・大昭和製紙に移籍(アマ復帰)
捕手
永井洋二郎 現役引退
内野手
加地健三郎 現役引退
外野手
五十嵐辰馬 現役引退

シーズン開幕後[編集]

本節では、本シーズン開幕から本シーズン終了までの入退団について記述する。

入団[編集]

選手名 前所属 備考
捕手
9 長島進 毎日オリオンズ 途中移籍
外野手
7 与那嶺要 サンフランシスコ・シールズ傘下 4月入団
24 樋笠一夫 広島カープ 途中移籍

退団[編集]

選手名 去就
内野手
山川武範 広島カープに移籍

選手・スタッフ[編集]

[3]

  • 登録名変更
    • 山川喜作→山川武範

表彰選手[編集]

別所毅彦(投手、3年ぶり3度目)
川上哲治(一塁手、2年ぶり5度目)
千葉茂(二塁手、5年連続5度目)
平井正明(遊撃手、初受賞)
青田昇(外野手、2年連続3度目)

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 1951年度日本シリーズ”. 2015年10月15日閲覧。
  2. ^ a b 年度別成績 1951年 セントラル・リーグ”. 2015年10月15日閲覧。
  3. ^ 読売巨人軍公式HP 背番号変遷”. 2015年10月5日閲覧。