菊地和正

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
菊地 和正
20120310 Kazumasa Kikuchi pitcher of the Yokohama BayStars, at Seibu Dome.JPG
DeNA時代
(2012年3月10日、西武ドームにて)
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 群馬県高崎市
生年月日 (1982-06-27) 1982年6月27日(35歳)
身長
体重
181 cm
83 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 2004年 ドラフト6巡目
初出場 NPB / 2005年9月25日
最終出場 NPB / 2014年4月9日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
コーチ歴
  • 群馬ダイヤモンドペガサス (2015)

菊地 和正(きくち かずまさ、1982年6月27日 - )は、群馬県高崎市出身の元プロ野球選手投手、右投右打)・コーチ

経歴[編集]

プロ入り前[編集]

群馬県高崎市出身。樹徳高校時代は県予選で敗退し、甲子園出場はならなかった。地元の上武大学に進学し、エースとして活躍。チームを関甲新学生野球連盟1部リーグ優勝に導いた。

140km台後半のストレートと切れのある変化球のコンビネーションがスカウトの目に留まり、2004年のプロ野球ドラフト会議北海道日本ハムファイターズから6巡目で指名を受け入団。上武大学出身者として初のプロ野球選手となった。

日本ハム時代[編集]

2005年9月25日オリックス戦でプロ入り初登板。3年目の2007年シーズンまでは二軍で過ごすことが多く、一軍では登板する機会が殆どなく、2008年は11試合の登板で防御率9.90に終わった。

2009年、防御率3.67と自己最高の成績を残し、左の宮西尚生とともにチームトップの58試合に登板しリーグ3位の26ホールドポイントをマークした。

2010年2月8日に右手薬指末節骨先端の亀裂骨折と診断され[1]、前半は戦線離脱。7月16日に一軍に復帰、17試合に登板し、防御率1.45の成績を残した。

2011年は一軍登板はなく、11月17日林昌範と共に戦力外通告を受けた[2]。12月11日にまた林と共に横浜DeNAベイスターズが獲得を発表[3]

DeNA時代[編集]

2012年5月30日の対福岡ソフトバンクホークス戦で、二死二、三塁の場面から登板して一人を抑え、移籍後初勝利[4]。8月2日の対広島東洋カープ戦の9回表に會澤翼への頭部死球で危険球宣告を受けて退場となった山口俊に代わって一死満塁の場面で緊急登板、プロ入り初セーブを記録。シーズン終盤には勝ちパターンとしても起用され[5]、結果、チーム最多及びキャリアハイの63試合に登板し、14ホールド、防御率2.37と安定した成績を残した。契約更改では球団から「チームではトップの評価」と高評価を受け、年俸は2600万円に倍増[6]

DeNA時代の菊地の投球フォーム
(2012年3月20日、横浜スタジアム)

2014年には、4月4日の対広島戦(マツダスタジアム)で延長11回から救援登板。しかし、先頭打者・梵英心への初球がサヨナラ本塁打になったことで、NPB史上26人目の1球敗戦投手になった[7]。結局、一軍公式戦には2試合しか登板できず、10月3日に球団から戦力外通告を受けた[8]

2014年12月2日にNPBから自由契約選手として公示された[9]が、菊地自身には現役続行への意向が強く、同年10月には右肩の手術を受けた[10]。さらに、2015年には、2月6日から4日間にわたって古巣・日本ハムの春季キャンプに参加。春季キャンプでは異例の入団テストを受けたが、古巣への復帰には至らなかった。

BCリーグ・群馬時代[編集]

2015年2月20日に、BCリーグ群馬ダイヤモンドペガサスに入団。同年には、投手コーチを務めながら[11]、リーグ戦25試合の登板で1勝2敗3セーブ、防御率2.88という成績を残した。

その一方で、同年11月10日には、NPB球団への復帰を視野に12球団合同トライアウト草薙球場)に参加。シートバッティング形式による対戦打者3人のうち、先頭打者の田上健一から空振りで三振を奪ったものの、残り2人から二塁打1本を含む2安打を浴びた[12]。この結果を受けて、同月19日に現役引退[10][13][14]25日に群馬からの退団[15]を相次いで発表した。

選手としての特徴・人物[編集]

投球割合の8割近くを占める平均球速約141km/h[16]、最速150km/h以上の球威のある速球が武器で、NPB通算の奪三振率は8.03。しかし、2014年の右肩手術後は、このような剛速球が影を潜めた[10]

与四死球率は低く(2009年は1投球回当たり0.21個、通算でも0.23個)、特に2009年はチームでは武田勝に次ぐ低さを誇った。変化球は落差の大きいフォークに加え、スライダーカーブシュートを投げる。2012年は本拠地が狭い横浜スタジアムのDeNAへ移籍したことにより、バットの芯を外すためのカットボールを習得した[5]

横浜スタジアムでは中継ぎ投手はリリーフカーに乗ってマウンドに向かうが、DeNA時代の菊地は、「さらし者みたいで嫌」という理由でダッシュでマウンドに向かっていた[5]

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
2005 日本ハム 1 0 0 0 0 0 0 0 0 ---- 3 1.0 0 0 0 0 0 1 0 0 0 0 0.00 0.00
2007 1 0 0 0 0 0 0 0 0 ---- 8 2.0 1 0 1 0 0 3 0 0 0 0 0.00 1.00
2008 11 0 0 0 0 0 0 0 0 ---- 49 10.0 17 1 3 1 0 4 0 0 11 11 9.90 2.00
2009 58 0 0 0 0 5 2 0 21 .714 252 61.1 59 5 11 2 2 62 2 0 25 25 3.67 1.14
2010 17 0 0 0 0 1 1 0 1 .500 80 18.2 18 0 6 2 0 13 0 0 4 3 1.45 1.29
2012 DeNA 63 0 0 0 0 3 2 1 14 .600 204 49.1 34 2 24 4 2 19 1 0 15 13 2.37 1.18
2013 24 0 0 0 0 0 1 0 4 .000 95 20.0 28 2 7 0 2 12 0 0 13 11 4.95 1.75
2014 2 0 0 0 0 0 1 0 0 .000 2 0.1 1 1 0 0 0 0 0 0 1 1 27.00 3.00
通算:8年 177 0 0 0 0 9 7 1 40 .563 693 162.2 158 11 52 9 6 114 3 0 69 64 3.54 1.29

記録[編集]

NPB

独立リーグでの投手成績[編集]










































W
H
I
P
2015 群馬 25 0 1 2 3 .333 118 25.0 27 1 7 6 12 0 0 10 8 2.88 1.36
通算:1年 25 0 1 2 3 .333 118 25.0 27 1 7 6 12 0 0 10 8 2.88 1.36

背番号[編集]

  • 47 (2005年 - 2011年)
  • 30 (2012年 - 2015年)

登場曲[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 北海道日本ハムファイターズ公式サイト 菊池選手診断結果
  2. ^ 選手退団のお知らせ”. 北海道日本ハムファイターズ公式サイト (2011年11月17日). 2011年11月18日閲覧。
  3. ^ 補強着々 横浜DeNAに鶴岡復帰 日本ハムから2投手も獲得発表
  4. ^ “ハム戦力外右腕 DeNAに恩返し「個人的なことよりチームの勝利嬉しい」”. スポニチSponichi Annex (スポーツニッポン). (2012年5月31日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2012/05/31/kiji/K20120531003364680.html 2013年4月18日閲覧。 
  5. ^ a b c 「AURORA VISION」、『週刊ベースボール』2012年11月19日号、ベースボール・マガジン社、 55頁、 雑誌20443-11/19。
  6. ^ 【DeNA】菊地倍増「トップの評価」 - 2012年11月21日,日刊スポーツ
  7. ^ DeNA 最下位転落 昇格即登板の菊池は1球敗戦投手に”. スポニチ Sponichi Annex (2014年4月5日). 2014年4月24日閲覧。
  8. ^ 2015年度選手契約についてDeNA球団公式サイト2014年10月3日配信
  9. ^ 2014年度 自由契約選手 日本野球機構オフィシャルサイト 2014年12月5日閲覧。
  10. ^ a b c “150キロ超剛球戻らず…BC群馬の前DeNA菊地 引退へ”. スポーツニッポン. (2015年11月12日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2015/11/12/kiji/K20151112011492830.html 
  11. ^ 選手兼投手コーチ就任のお知らせ ベースボール・チャレンジ・リーグオフィシャルサイト 2015年2月20日閲覧。
  12. ^ “2015年合同トライアウト速報”. 日刊スポーツ. (2015年11月10日). http://www.nikkansports.com/baseball/news/1562569.html 
  13. ^ “日本ハム、DeNAで活躍した菊地が現役引退”. 日刊スポーツ. (2015年11月12日). http://www.nikkansports.com/baseball/news/1565142.html 
  14. ^ “引退”. 菊地和正オフィシャルサイト『きくち通信』. (2015年11月19日). http://ameblo.jp/kazumasa30kikuchi/entry-12097335293.html 
  15. ^ “退団”. 菊地和正オフィシャルサイト『きくち通信』. (2015年11月25日). http://ameblo.jp/kazumasa30kikuchi/entry-12099492155.html 
  16. ^ 『2013 プロ野球オール写真選手名鑑』 日本スポーツ企画出版社、2013年、93頁。ISBN 978-4-905411-11-6
  17. ^ a b 2005年9月25日 【公式戦】 試合結果 (オリックスvs北海道日本ハム)
  18. ^ 2009年4月5日 【公式戦】 試合結果 (北海道日本ハムvs東北楽天)
  19. ^ 2009年4月15日 【公式戦】 試合結果 (北海道日本ハムvsオリックス)
  20. ^ 2012年8月2日 【公式戦】 試合結果 (横浜DeNAvs広島東洋)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]