須永英輝

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
須永 英輝
NF-Hideki-Sunaga20090826.jpg
日本ハム時代(2009年8月26日)
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 東京都荒川区
生年月日 (1985-10-28) 1985年10月28日(31歳)
身長
体重
181 cm
85 kg
選手情報
投球・打席 左投左打
ポジション 投手
プロ入り 2003年 ドラフト2巡目
初出場 2004年6月16日
最終出場 2015年9月21日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

須永 英輝(すなが ひでき、1985年10月28日 - )は、東京都荒川区出身の元プロ野球選手投手)。左投左打。

経歴[編集]

プロ入り前[編集]

東京都荒川区出身。2001年浦和学院高校に進学。1年時の夏にメンバー入りし2学年上の大竹寛の引退後、1年秋からエースを務めた。甲子園通算63奪三振。高校時代は、135~145km/h台の速球に、キレのある変化球で空振りを取るスタイルであった。打撃のセンスもあり、一時は浦和学院打線のクリーンアップを担った。

2002年春の第74回選抜大会では、優勝候補の一角だった平安高校に快勝し、ベスト8に進出。準々決勝で同大会優勝校だった報徳学園高校と対戦し、初回に3点を奪うも直後に逆転され惜敗した。2002年夏の選手権大会ではその報徳学園高校と対戦し勝利。2回戦で鎌倉健を擁する川之江高校に5-1とリードするもサヨナラ負けを喫した。

2003年第75回選抜大会では、21世紀枠の隠岐高校に14奪三振で勝利。次戦・智弁和歌山高校戦では序盤に4-0とリードするも終盤に追いつかれ延長12回にサヨナラ負け。

2003年の春季関東大会では、優勝を果たした。準決勝戦では、涌井秀章、成瀬善久を擁する神奈川の強豪・横浜高校に勝利した。 捲土重来で4度目の夏の甲子園を目指したが、埼玉大会の準決勝で聖望学園に2-1とサヨナラ負けを喫した。準々決勝の花咲徳栄戦は、選抜大会の出場校同士の対決でもあるので、事実上の決勝戦とも言われた。

2003年のプロ野球ドラフト会議前には、巨人入りを熱望。巨人以外に指名された場合は社会人野球に進むと表明していたが、当日の会議で日本ハムが2巡目で強行指名。当日の会見ではプロ入り拒否の姿勢も見せ、直後の指名あいさつも拒否したが、2週間悩んだ末に北海道日本ハムファイターズへの入団に合意した。

日本ハム時代[編集]

1年目の2004年イースタン・リーグで6月途中までに6勝を挙げた。同年6月16日の千葉ロッテマリーンズ戦で1軍初先発したが、3回7失点で降板。2軍では最終的に10勝を挙げ、イースタン・リーグの最多勝利となった。

2年目以降は制球の乱れが目立ち、不振に陥った。2005年2006年と2年連続で、1試合に先発登板したのみに終わった。2005年9月27日の対ロッテ戦では、9回を無失点に抑えたにも関わらず、打線も小林宏之の前に無得点に抑え込まれ、勝利投手になれなかった。2006年に先発した試合では、後続の失点で初勝利を逃した。

2007年は3試合に中継ぎとして登板。同年6月14日の横浜ベイスターズ戦の延長11回裏にフェルナンド・セギノールの代走として出場した。2008年は1軍登板なし。

2007年12月、東京ドームの元ボールガールの女性と結婚。2009年6月、第一子となる長男が誕生。

2009年、開幕1軍入りを果たし、主に左のワンポイントとして登板。同年8月5日、3年ぶりに先発し6回まで無安打に抑えたが7回に連打を浴び降板、初勝利を逃した[1]。その次の登板となった8月12日、5回8失点で降板し、2軍に降格した[2]

2010年は、5試合に中継ぎとして登板するも、防御率7点台と打ち込まれた。同年10月には、第17回IBAFインターコンチネンタルカップ日本代表に選ばれた。

2010年11月9日ウィルフィン・オビスポとの交換トレードで、紺田敏正と共に読売ジャイアンツへ移籍した。

巨人時代[編集]

巨人時代の須永(2011年)

2011年は3年ぶりの一軍登板なしに終わった。二軍では、セットアッパーとして羿に次ぐチーム2位の51試合に登板し、防御率2.86を記録した。

2012年は3月に左ひじ内側側副靭帯再建手術を受け、シーズンをリハビリに費やしたため、一軍・二軍ともに登板はなかった[3]

2013年も一軍登板はなかった。契約更改後、本人が「もう後がないと思う」と語った[4]

2014年5月20日に一軍登録される。5月23日の対千葉ロッテマリーンズ戦で2010年9月以来となる1347日ぶりの登板を果たすが、1/3回を3失点と打ちこまれ二軍降格となった[5]

日本ハム復帰[編集]

2015年6月10日北篤矢貫俊之とのトレードで矢野謙次と共に北海道日本ハムファイターズへ移籍、約4年半ぶりの復帰となった[6]

2016年シーズンは一軍登板がないまま終えた。10月1日戦力外通告を受け[7]、その後引退を表明。球団スタッフとして内定している[8]。13年のプロ生活で実働8年、一軍では1勝も挙げられないまま引退となった。

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
2004 日本ハム 5 2 0 0 0 0 2 0 -- .000 68 12.2 21 3 10 1 0 8 1 0 13 13 9.24 2.45
2005 1 1 0 0 0 0 0 0 0 ---- 30 9.0 4 0 2 0 0 6 0 0 0 0 0.00 0.67
2006 1 1 0 0 0 0 0 0 0 ---- 23 6.0 4 1 2 0 0 3 0 0 1 1 1.50 1.00
2007 3 0 0 0 0 0 0 0 0 ---- 12 1.1 6 2 2 0 0 0 0 0 8 8 54.00 6.00
2009 9 2 0 0 0 0 1 0 2 .000 83 18.0 20 6 8 0 3 7 0 0 17 17 8.50 1.56
2010 5 0 0 0 0 0 0 0 0 ---- 47 10.1 14 1 5 0 0 9 1 0 9 9 7.84 1.84
2014 巨人 1 0 0 0 0 0 0 0 0 ---- 5 0.1 3 0 1 0 0 0 0 0 3 3 81.00 12.00
2015 日本ハム 5 0 0 0 0 0 0 0 0 .000 24 5.1 7 2 1 0 0 2 1 0 4 3 5.06 1.50
通算:8年 30 6 0 0 0 0 3 0 2 .000 292 63.0 79 15 31 1 3 35 3 0 55 54 7.71 1.75

記録[編集]

背番号[編集]

  • 13 (2004年 - 2010年)
  • 37 (2011年 - 2012年)
  • 66 (2013年 - 2015年途中)
  • 33 (2015年途中 - 2016年)

登場曲[編集]

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]