梶本達哉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
梶本 達哉
OB-Tatsuya-Kajimoto.jpg
オリックス時代
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 兵庫県西脇市
生年月日 (1986-08-21) 1986年8月21日(32歳)
身長
体重
187 cm
72 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り NPB / 2007年 育成選手ドラフト1巡目
初出場 NPB / 2011年5月14日
最終出場 NPB / 同上
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

梶本 達哉(かじもと たつや、1986年8月21日 - )は、兵庫県西脇市出身の元プロ野球選手投手)。右投右打。

来歴・人物[編集]

プロ入り前[編集]

西脇高時代は、甲子園出場経験は無し。

高校卒業後は、天理大学へと進学するも休学し、2007年四国・九州アイランドリーグ愛媛マンダリンパイレーツに入団[1]。愛媛時代は29試合に登板し15勝6敗1セーブ、144奪三振、防御率2.27。最多勝のタイトルを獲得した。

2007年のプロ野球ドラフト会議オリックス・バファローズから育成1巡目で指名を受け入団。

プロ入り後[編集]

2008年5月30日支配下選手登録される[2]ウエスタン・リーグでは24試合に登板し、0勝5敗で防御率4.29。勝ち星こそなかったが、チーム最多の投球回数となる77回2/3イニングを投げ、終盤にはクローザーも任された[1]

2009年5月25日、初めて一軍登録されたが登板機会の無いまま5月28日に登録抹消された。

2010年も、一軍登録されたが登板機会の無いまま抹消されシーズンを終える。ウエスタン・リーグでは7勝を挙げ最多勝のタイトルを獲得し、台湾で開催された第17回IBAFインターコンチネンタルカップの日本代表に選ばれた。

2011年は、5月12日に一軍登録され、5月14日日本ハム戦でプロ初登板を果たした。しかし、その後の登板は無く、10月9日戦力外通告を受け[3]、12月2日に自由契約公示された[4]

退団後[編集]

選手としての特徴[編集]

最速149km/hのストレートスライダーが武器で、プロ入り後にフォークを本格的に磨き落ち幅の違う2種類を投げ分けていた[1][5]

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
2011 オリックス 1 0 0 0 0 0 0 0 0 ---- 9 1.1 3 0 2 0 0 1 2 0 3 3 20.25 3.75
通算:1年 1 0 0 0 0 0 0 0 0 ---- 9 1.1 3 0 2 0 0 1 2 0 3 3 20.25 3.75

記録[編集]

NPB

独立リーグでの投手成績[編集]

年度 球団


















2007 愛媛 29 4 15 6 1 .714 158.2 63 6 144 40 2.27
通算:1年 29 4 15 6 1 .714 158.2 63 6 144 40 2.27
  • 各年度の太字はリーグ最高

背番号[編集]

  • 19 (2007年)
  • 114 (2008年 - 2008年5月29日)
  • 94 (2008年5月30日 - 同年終了)
  • 99 (2009年 - 2011年)

脚注[編集]

  1. ^ a b c リーグ出身NPB選手たちは今 ~梶本達哉(オリックス)編~”. SPORTS COMMUNICATIONS (2009年1月26日). 2014年3月25日閲覧。
  2. ^ 梶本達哉投手・支配下選手登録のお知らせ”. オリックス・バファローズ (2008年5月30日). 2014年3月25日閲覧。
  3. ^ 戦力外通告のお知らせ”. オリックス・バファローズ (2011年10月9日). 2014年3月25日閲覧。
  4. ^ 2011年度 自由契約選手
  5. ^ 2007年育成ドラフト指名者 梶本達哉”. スポニチ Sponichi Annex. 2014年3月25日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]