大嶺翔太

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
大嶺 翔太
千葉ロッテマリーンズ #50
Shouta ohmine.jpg
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 沖縄県石垣市
生年月日 (1991-09-17) 1991年9月17日(26歳)
身長
体重
180 cm
78 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 内野手
プロ入り 2009年 ドラフト3位
初出場 2014年8月1日
年俸 950万円(2017年)[1]
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

大嶺 翔太(おおみね しょうた、1991年9月17日 - )は、沖縄県石垣市出身のプロ野球選手内野手)。右投右打。千葉ロッテマリーンズ所属。

同じくロッテに所属する大嶺祐太は実兄。入団1年目の2010年から2013年までの登録名は翔太だった[2]

来歴・人物[編集]

プロ入り前[編集]

石垣島生まれ。小学校2年生時から野球を始める。ポジションはショートなど内野が多かったが、小学校6年生からピッチャーを兼任した。中学時代は軟式野球部に所属し主にショート、ピッチャーとしても中学校3年生時には140キロに到達。兄の祐太にあこがれて県立八重山商工高校に入学。強肩を買われ1年夏には捕手でレギュラー。その後投手、遊撃手などを兼任する。3年夏は1番に入り三塁手兼投手として活躍したが、準決勝で同大会を優勝する興南高校に敗戦。なお、これで八重山商工は大嶺在籍時の3年連続で、夏の県大会にて興南に敗れることとなった。1学年下の後輩に田中貴也巨人)がいる。

2009年プロ野球ドラフト会議で、兄・祐太の所属する千葉ロッテマリーンズから3巡目で指名。11月15日契約金4000万円・年俸600万円(いずれも推定金額)で仮契約を結んだ。

しかし同年12月4日石垣市内の居酒屋で同級生と飲酒および喫煙に至ったところを沖縄県警察本部八重山警察署補導[3]。八重山商工高校は補導された学生全員に対して、同月11日から2週間の停学処分を課した。当初、一部報道機関では少年法に則り実名での報道は行わなかったが、同年のドラフト会議でロッテ球団が指名した選手5名の中で未成年は大嶺のみであったため、実名で報道されなかったことがかえって個人を特定する原因となる。このため、ロッテ球団では翔太を入団会見に同席させない一方で、今後の指導の徹底を発表[4]。入団の内定は、2010年1月17日にまでずれ込んだ[3]

2010年1月22日にロッテと正式に契約を締結。同日開催の入団会見では、翔太自身が前述の不祥事を謝罪するとともに、登録名を翔太にすることが発表された[5]。なお、この不祥事に対するペナルティーとして、入団初年度の年俸を当初の仮契約から50万円減額[6]。祐太も、自身のブログで謝罪のコメントを出した。

プロ入り後[編集]

2010年(1年目)からイースタンリーグの公式戦でチーム最多の90試合に出場。主に「9番・サード」で起用され、打率.260、本塁打3、打点17という記録を残した。また、台湾で開催された第17回IBAFインターコンチネンタルカップの日本代表に選ばれた。

2013年(4年目)までは一軍公式戦への出場機会がなかった。

2014年に「原点に返るために何かを変えよう」という理由で、登録名を本名の大嶺翔太に変更[2]。また同年1月22日には、前年8月16日に一般人の女性と結婚したことや、既に第1子がいることを公表した[7]。この年の7月に一軍昇格。8月7日の対楽天戦でプロ初安打を本塁打で飾った[8]。同月14日の対北海道日本ハムファイターズ戦で、初めて祐太と兄弟での一軍同時出場を果たす[9]。10月のファーム日本選手権においては猛打賞の活躍でMVPを獲得した[10]

2015年はキャンプ、オープン戦で好調を維持し、自身初めて開幕一軍入りを勝ち取る。6月には「侍ジャパン大学日本代表 対 NPB選抜」の、NPB選抜[11]に選出。29日の壮行試合に1番二塁手で先発出場して3安打を放ち、プロ一軍経験者の貫禄を示した。

2016年は開幕一軍を逃し、シーズン序盤~中盤は主にファームで出場する。しかし8月28日の昇格以降は一軍に定着。9月は50打数15安打で打率.300、プロ初を含む3度の猛打賞をマークするなど活躍した。

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
2014 ロッテ 16 26 24 3 5 0 0 2 11 3 0 1 0 1 1 0 0 6 0 .208 .231 .458 .689
2015 41 30 25 2 3 0 0 0 3 2 0 0 1 1 2 0 1 6 0 .120 .207 .120 .327
2016 38 80 72 5 17 4 1 0 23 7 0 0 6 0 2 0 0 20 2 .236 .257 .319 .576
2017 91 240 214 15 44 9 2 5 72 23 1 0 9 2 14 0 1 56 1 .206 .255 .336 .592
NPB:4年 186 376 335 25 69 13 3 7 109 35 1 1 16 4 19 0 2 88 3 .206 .250 .325 .575
  • 2017年度シーズン終了時

年度別守備成績[編集]


一塁 二塁 三塁 遊撃
















































2014 6 19 1 0 0 1.000 2 3 1 0 0 1.000 7 1 9 4 1 .714 -
2015 26 51 3 1 6 .982 7 11 12 1 3 .958 2 1 2 0 1 1.000 -
2016 1 0 0 0 0 .--- 20 36 59 2 8 .979 13 5 4 0 0 1.000 1 0 1 0 0 1.000
2017 16 42 3 1 2 .978 - 49 21 62 6 5 .933 36 35 62 5 11 .951
通算 49 112 7 2 8 .983 29 50 72 3 11 .976 71 28 77 10 7 .913 37 35 63 5 11 .951
  • 2017年度シーズン終了時

記録[編集]

背番号[編集]

  • 50 (2010年 - )

登録名[編集]

  • 翔太 (しょうた、2010年 - 2013年)
  • 大嶺 翔太 (おおみね しょうた、2014年 - )

代表歴[編集]

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]