野原将志

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
野原 将志
HT-Masashi-Nohara.jpg
阪神時代(2009年7月15日、阪神鳴尾浜球場)
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 長崎県南島原市
生年月日 (1988-04-04) 1988年4月4日(29歳)
身長
体重
184 cm
82 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 三塁手一塁手遊撃手
プロ入り 2006年 高校生ドラフト1巡目
初出場 2011年8月28日
最終出場 2013年6月15日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
派遣歴

野原 将志(のはら まさし、1988年4月4日 - )は、長崎県南島原市出身の元プロ野球選手内野手)。

経歴[編集]

プロ入り前[編集]

長崎日本大学高等学校で1年春から遊撃手のレギュラーを獲得。高校通算30本塁打2006年高校生ドラフトで、堂上直倫中日)を外した阪神から1巡目指名を受け入団。高い身体能力とパンチ力が評価された。背番号は37

プロ入り後[編集]

ルーキーイヤーの2007年から二軍では三塁手のレギュラーとして出場。71試合に出場し打率.236、1本塁打26打点を記録した。2008年も三塁手を中心に二軍のレギュラーとして出場。87試合に出場し、打率.253、1本塁打、31打点の成績だった。2009年には、86試合に出場して打率.282、5本塁打37打点を記録した。

2010年に二軍で101試合に出場、リーグ最多タイの103安打、打率.303、7本塁打、44打点、OPS.775の成績を残し、ウエスタン・リーグ表彰の優秀選手賞と球団制定のファーム年間MVP(打者部門)を受賞した。また、この年10月に台湾で開催された第17回IBAFインターコンチネンタルカップ日本代表にも選ばれた[1]

2011年8月28日ヤクルト戦で、7回裏に一塁走者桧山進次郎代走として一軍初出場を果たすが、続く打者が適時安打を放ち、二塁に進塁した時点で野原に代走大和が送られ、球界でも珍しい「代走の代走」となった[2]。この年は2試合に出場した。11月にはオーストラリアン・ベースボールリーグキャンベラ・キャバルリーに派遣され、8試合に出場、31打数11安打、打率.355、1本塁打、9打点、2盗塁、OPS.923と派遣期間を終えて帰国するまでは打点王の活躍だった。

2012年9月26日ヤクルト戦で6番・一塁手でプロ初スタメンで試合に出場[3]。この試合の3打席目に赤川克紀から左前打を放ち、プロ初安打を記録した[3]。同年オフ、背番号をFAで阪神に入団する日高剛に譲り、自身の背番号は67に変更になった。

2013年シーズンは、一軍で8試合に出場するも安打を放つことはできなかった。ウエスタン・リーグでは、76試合に出場し打率.267、2本塁打、27打点の成績だった。10月1日に球団から戦力外通告を受けた[4]11月10日、第1回12球団合同トライアウトに参加した[5]が、獲得球団は現れなかった。

阪神退団後[編集]

2014年度より、社会人野球の三菱重工長崎に嘱託社員として入社[6]2016年シーズンをもって現役を引退した。

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
2011 阪神 2 1 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 .000 .000 .000 .000
2012 5 14 14 0 3 0 0 0 3 0 0 0 0 0 0 0 0 6 0 .214 .214 .214 .428
2013 8 10 10 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1 0 .000 .000 .000 .000
通算:3年 15 25 25 0 3 0 0 0 3 0 0 0 0 0 0 0 0 7 0 .120 .120 .120 .240

記録[編集]

背番号[編集]

  • 37 (2007年 - 2012年)
  • 67 (2013年)

登場曲[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 2010年第17回IBAFインターコンチネンタルカップ日本代表メンバー
  2. ^ 阪神珍し「代走の代走」一塁代走の野原将が二塁進塁で Sponichi Annex 野球 2011年8月30日閲覧。
  3. ^ a b “阪神・野原将、高卒6年目の初H”. サンケイスポーツ. (2012年9月27日). http://www.sanspo.com/baseball/news/20120927/tig12092705010000-n1.html 2012年9月27日閲覧。 
  4. ^ 来季の選手契約について”. 阪神タイガース公式サイト. 阪神タイガース (2013年10月1日). 2013年10月3日閲覧。
  5. ^ “【プロ野球トライアウト潜入リポート】ベテランと落合GMに注目集まる”. SPA!. (2013年11月11日). http://nikkan-spa.jp/535999 2013年11月30日閲覧。 
  6. ^ 小虎の進路を少し&台湾の試合結果(12月5日)スポニチアネックス 2013年12月5日配信

関連項目[編集]

外部リンク[編集]