西浦秋夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
西浦 秋夫
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 宮崎県
生年月日 (1950-06-24) 1950年6月24日(69歳)
身長
体重
180 cm
75 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 外野手
プロ入り 1968年 ドラフト7位
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

西浦 秋夫(にしうら あきお、1950年6月24日 - )は、宮崎県出身の元プロ野球選手。ポジションは外野手

来歴・人物[編集]

宮崎県立日南工業高等学校では中堅手、主将として活躍。1967年秋季九州大会準々決勝に進むが、小倉高の圓川龍之、楠城徹のバッテリーに完封を喫し春の選抜出場を逸する。1968年夏の甲子園県予選でも決勝に進むが、延岡商に敗退し甲子園には届かなかった。

同年のドラフト南海ホークスから7位で指名され入団。一軍公式戦に出場することはなく、1年で自由契約となり引退した。引退後は九州産業大学で教員の資格を取得。宮崎工業高校延岡工業高校の野球部監督となり、延岡工を1987年夏の甲子園に初出場させている。

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]

  • 一軍公式戦出場無し

背番号[編集]

  • 56 (1969年)

関連項目[編集]