柳田聖人

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
柳田 聖人
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 宮崎県延岡市
生年月日 (1969-05-28) 1969年5月28日(49歳)
身長
体重
179 cm
78 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 内野手
プロ入り 1987年 ドラフト3位
初出場 1990年9月28日
最終出場 2000年10月28日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
コーチ歴

柳田 聖人(やなぎた しかと、1969年5月28日 - )は、宮崎県延岡市出身の元プロ野球選手内野手)。

経歴[編集]

プロ入り前[編集]

宮崎県延岡市出身。延岡工業高校投手として第69回全国選手権に出場。川島堅のいた東亜学園に3回戦で敗れる。

ホークス高卒新人時代からヤクルト移籍まで[編集]

1987年ドラフト3位で入団。1989年、内野手に転向。1990年は1A・サリナス・スパーズに野球留学した。終盤に帰国し、三塁手としてスタメンで初出場している。その後は湯上谷宏馬場敏史森脇浩司ら柳田と同じ小技に長けたタイプの内野手の陰に隠れ、また藤本博史若井基安ら打力に勝る選手を脅かすには至らなかった。ウエスタン・リーグでは1992年に盗塁王、1993年には首位打者打率.346)を獲得している。同年オフ、高野光との交換トレードでヤクルトへ移籍。

ヤクルト時代[編集]

1994年レックス・ハドラーの退団で空いた二塁手のポジションを笘篠賢治桜井伸一らと争うが定着はできず、最終的には外野手に転向していた土橋勝征が復帰した。しかし、野村克也監督から「一芸に秀でよ」と言われてバイプレーヤーとして生きることを決め[1]、この年代走守備固めとして故障者の続出したチームを支えた。

1995年、チームはリーグ優勝・日本一に輝くが柳田自身は一軍出場なしに終わる。同年オフ、田畑一也佐藤真一との交換トレードで河野亮と共に古巣・ホークスに復帰。

ホークス復帰[編集]

1996年、不振の松永浩美の代役として三塁手としての先発出場が増える。8月21・22日のロッテ戦では初めて一塁手として先発出場している。

1997年、当初は一塁、5月末からは三塁、8月末からは二塁とチーム事情に合わせて3つのポジションでスタメンを務め、自身初めて100試合以上に出場、レギュラー定着を果たした。またこの年7年ぶりの本塁打(通算2本目)を放っている。

1998年、初めての開幕スタメン出場(二塁手)。この年からコンバートされた浜名千広との併用で二塁、前年オフにプロ野球脱税事件で8週間の出場停止処分を受けた小久保裕紀の代役として三塁を務める。小久保は復帰後1ヶ月もたたず右肩関節唇損傷の重傷により離脱、以後閉幕までその穴を埋め、自身最高の124試合出場を記録した。また、同年のオールスターに前記の怪我で出場を辞退した小久保(三塁手でファン投票選出)の代わりに初選出された。

1999年、前年同様浜名との併用で二塁、小久保が一塁・指名打者に入る試合は三塁で出場、球団の福岡移転後初のリーグ優勝に貢献した。日本シリーズでも全5試合中、第4戦を除く4試合に先発出場(第4戦も途中出場している)、日本一に輝いた。日本シリーズ後のビールかけでは、シーズン・シリーズ双方でホークスの前評判が低かったことから、テレビカメラに向かって「解説者の皆さん、申し訳ありませんが私たちが日本一です!ざまあみろ解説者、キャンプを見に来ーい!! 」と発言した。自身が解説者を務めるようになった2003年、上記の発言について反省していると述べている[2]日韓プロ野球スーパーゲームに全日本軍で出場。

2000年、自身2度目の開幕スタメン出場(二塁手)。しかし打撃不振により浜名共々二塁を鳥越裕介に明け渡し、鳥越が遊撃手に回った後も二塁には本間満が台頭。一軍と二軍を行き来するシーズンとなった。ただし2年連続のリーグ優勝を決めた10月7日のオリックス戦ではスタメン出場、日本シリーズでは3試合に途中出場。

2001年、遊撃手には鳥越、二塁には井口忠仁が定着したため一軍出場はなく、球団から戦力外通告を受け、同年限りで現役引退。

現役引退後[編集]

2002年はホークスの二軍守備・走塁コーチを務めた。

2003年からは、スポーツ・アイ ESPN(現在のJ sports ESPN)にてホークス戦中継の解説を務めた。プロ野球マスターズリーグにも福岡ドンタクズの選手として参加した。

2005年四国アイランドリーグ徳島インディゴソックスコーチ、2006年に韓国・ロッテ・ジャイアンツコーチを務めた。

2007年は四国アイランドリーグ・香川オリーブガイナーズコーチを務めるが、体調不良を理由に8月31日付で退団。2007年、四国アイランドリーグ新記録(当時)となる40盗塁で盗塁王を獲得した三輪正義は、タイトルを獲得できたのはコーチを務めていた柳田にスタートの切り方、走塁のテクニックを教えてもらったおかげと話している[3]。三輪は同年のドラフト会議で東京ヤクルトスワローズから6巡目で指名を受けた。

2008年J SPORTSのホークス戦中継の解説に復帰、2010年からは出演していない。

2012年から、スポーツオーソリティ大牟田店に勤務している[4]

2016年学生野球資格回復研修を受講した上で、翌2017年2月7日に日本学生野球協会より学生野球資格回復の適性認定を受けたことにより、学生野球選手への指導が可能となった[5]

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
1990 ダイエー 8 21 19 3 6 0 0 1 9 4 0 0 0 0 1 0 1 4 1 .316 .381 .474 .855
1991 13 10 10 3 3 1 0 0 4 1 0 0 0 0 0 0 0 1 1 .300 .300 .400 .700
1993 7 14 11 0 1 0 0 0 1 1 0 0 2 0 1 0 0 1 0 .091 .167 .091 .258
1994 ヤクルト 53 60 52 14 9 2 0 0 11 3 1 0 2 2 4 0 0 5 3 .173 .224 .212 .436
1996 ダイエー 61 125 111 16 24 3 0 0 27 10 1 2 5 1 8 0 0 17 2 .216 .267 .243 .510
1997 110 320 275 31 66 9 2 1 82 30 6 2 15 3 25 1 2 30 4 .240 .305 .298 .603
1998 124 390 334 27 84 11 0 0 95 35 9 3 25 3 25 0 3 31 8 .251 .307 .284 .591
1999 121 378 336 31 89 13 1 1 107 29 3 5 20 2 16 0 4 28 4 .261 .304 .318 .622
2000 58 107 85 8 11 0 0 0 11 1 1 0 13 1 8 0 0 12 2 .129 .202 .129 .331
通算:9年 555 1425 1233 133 293 39 3 3 347 114 21 12 82 12 88 1 10 129 25 .238 .292 .281 .573

記録[編集]

背番号[編集]

  • 40(1988年 - 1989年)
  • 61(1990年 - 1993年)
  • 00(1994年 - 1995年)
  • 39(1996年)
  • 4(1997年 - 2001年)
  • 75(2002年)

脚注・出典[編集]

  1. ^ スポーツコラム(5)ホークスの選手が開く「次の道」
  2. ^ 月刊ホークス2003年11月号
  3. ^ 三輪(香川)はヤクルト、育成でも5選手が指名
  4. ^ スポーツオーソリティ大牟田店の店舗情報より
  5. ^ 元ヤクルト宮本慎也氏ら132人が学生野球資格回復 - 大学・社会人”. 日刊スポーツ (2017年2月8日). 2017年2月8日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]