東出康博

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
東出 康博
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 和歌山県
生年月日 1950年4月6日
没年月日 (2012-03-04) 2012年3月4日(61歳没)
身長
体重
178 cm
78 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 内野手
プロ入り 1968年 ドラフト8位
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

東出 康博(ひがしで やすひろ、1950年4月6日[1] - 2012年3月4日)は、和歌山県出身のプロ野球選手

経歴[編集]

星林高では一塁手、四番打者として1968年春夏の甲子園に連続出場、いずれもチームとして初出場であった。春の選抜では1回戦で清水市商に延長12回サヨナラ負け[2]夏の選手権日大一高を降し3回戦に進むが、この大会に優勝した興国高の丸山朗(早大大昭和製紙)に完封を喫する[3]。高校同期に松井優典がいる。

1968年のドラフト会議南海ホークスに8位指名され入団(同じく3位指名で同級生の松井も南海へ入団した)。

1軍試合出場はならず1972年に引退。引退後は南海の球団職員を務めた[4]1995年からコミッショナー事務局入りし、企画部長などを歴任した[4]

2012年3月4日心筋梗塞のため61歳で死去[4][5]

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

  • 一軍公式戦出場なし

背番号[編集]

  • 54 (1969年 - 1972年)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 会員プロフィール|OBクラブ
  2. ^ 「選抜高等学校野球大会60年史」毎日新聞社編 1989年
  3. ^ 「全国高等学校野球選手権大会70年史」朝日新聞社編 1989年
  4. ^ a b c 元南海ホークスの東出康博氏死去 、星林高校出身、61歳”. 和歌山放送ニュース (2012年3月7日). 2012年3月7日閲覧。
  5. ^ 東出氏が死去 元南海内野手で野球機構事業部”. サンケイスポーツ (2012年3月8日). 2012年3月8日閲覧。

関連項目[編集]