吉村典男

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
吉村 典男
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 岐阜県
生年月日 (1944-09-10) 1944年9月10日(74歳)
身長
体重
180 cm
73 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 1968年 ドラフト4位
初出場 1969年
最終出場 1969年
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

吉村 典男(よしむら まれお、1944年9月10日 - )は、岐阜県出身の元プロ野球選手投手)。

来歴・人物[編集]

中津商業高校から日本大学へ進学し硬式野球部に入部。東都大学リーグでは、1年下のエース森内一忠(全鐘紡)とともに活躍し、1966年春季リーグで優勝。同年の全日本大学野球選手権でも決勝で近大を降し優勝。リーグ通算5勝8敗。大学同期に一塁手の倍賞明(日産自動車)らがいる。

大学卒業後は、社会人野球リッカーミシンへ入団。1968年都市対抗では佐田康英をリリーフし活躍した。同年の明治維新百年記念明治神宮野球大会では全東京選抜の先発投手となり、全神奈川選抜を降す。下手投げの変則投手だが、スピードのあるシュート、カーブに定評があった。

1968年のプロ野球ドラフト会議読売ジャイアンツから4位指名を受け入団。1969年の開幕3戦目でアトムズから初勝利をあげ、同年は5試合に登板するが、その後は登板機会がなく1972年引退

現在は岐阜県恵那市で市議会議員を務めている。

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
1969 巨人 5 0 0 0 0 1 0 -- -- 1.000 53 12.1 13 3 2 0 0 7 0 0 8 7 5.25 1.22
通算:1年 5 0 0 0 0 1 0 -- -- 1.000 53 12.1 13 3 2 0 0 7 0 0 8 7 5.25 1.22

背番号[編集]

  • 29 (1969年 - 1970年)
  • 50 (1971年 - 1972年)

関連項目[編集]