田中章 (野球)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
田中 章
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 千葉県
生年月日 (1944-07-20) 1944年7月20日(73歳)
身長
体重
170 cm
64 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 1968年 ドラフト2位
初出場 1969年
最終出場 1977年
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

田中 章(たなか あきら、1944年7月20日 - )は、千葉県出身の元プロ野球選手投手)。

経歴[編集]

千葉経済高等学校では1年生の時、1960年秋季関東大会県予選準々決勝で市銚子高を相手にノーヒットノーランを達成。決勝では銚子商に敗退するが、好投手として注目を浴びる。翌1961年には夏の甲子園県予選準々決勝に進出するが、成田高に敗退。翌1962年夏も県予選準々決勝で習志野高に敗れ、甲子園には届かなかった。

卒業後は日本通運に入社。1964年第35回都市対抗野球大会では2勝をあげ決勝に進出。決勝でも先発し、日本コロムビア近藤重雄(後にロッテ・オリオンズ投手)と投げ合い2-0で快勝、チームを初優勝に導き橋戸賞を受賞した[1]。同年10月には東京五輪デモンストレーションゲームとして開催された、社会人野球選抜と米国大学選抜との試合に先発として起用されている。1967年1968年日本産業対抗野球大会では2年連続して敢闘賞を獲得。1967年には社会人ベストナインに選出される。チームメートに同年齢の竹之内雅史がいた。

1968年のプロ野球ドラフト会議読売ジャイアンツから2位指名を受け、プロ入り。1年目の1969年から一軍に上がり、同年は主に中継ぎとして35試合に登板する。

1971年広野功浜村孝との交換トレード高橋明梅田邦三と共に西鉄ライオンズへ移籍。ここでも主に中継ぎ、抑えとして起用され、チーム名が太平洋クラブライオンズへ名称が変わった1973年には、初めて2ケタ勝利を挙げる。翌年は12勝(加藤初と並ぶチーム最多勝)9セーブを記録するなど中心投手として活躍した。

1976年大洋ホエールズへ移籍、翌年限りで現役を引退した。引退後は千葉県木更津市にてもつ焼き店を経営している[2]

選手としての特徴[編集]

小柄ながら、スリークォーターからコントロールの良い速球・カーブ・シュート・スライダーを武器としていた。

高校時代に2度、社会人時代に1度(JABA足利大会の対東京鉄道管理局戦)、ノーヒットノーランを達成している。

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
1969 巨人 35 2 0 0 0 3 3 -- -- .500 294 73.1 58 8 14 0 3 56 0 0 30 24 2.96 0.98
1970 20 0 0 0 0 1 0 -- -- 1.000 144 37.0 30 3 12 0 1 31 0 0 13 11 2.68 1.14
1971 西鉄
太平洋
49 3 0 0 0 4 9 -- -- .308 463 110.0 112 12 33 1 6 53 5 1 56 51 4.17 1.32
1972 57 7 0 0 0 3 5 -- -- .375 568 143.0 128 12 34 8 6 58 0 0 42 38 2.39 1.13
1973 52 5 2 0 1 11 10 -- -- .524 591 143.1 127 17 39 5 9 60 0 0 50 41 2.58 1.16
1974 50 6 3 2 1 12 5 9 -- .706 531 131.0 122 10 26 9 5 42 0 0 41 38 2.61 1.13
1975 23 7 0 0 0 2 4 0 -- .333 346 81.0 89 9 17 2 3 21 0 0 51 36 4.00 1.31
1976 大洋 11 0 0 0 0 0 0 0 -- ---- 72 16.2 19 9 4 0 0 8 0 0 16 14 7.41 1.38
1977 3 0 0 0 0 0 0 0 -- ---- 10 2.0 4 1 0 0 0 1 0 0 1 1 4.50 2.00
通算:9年 300 30 5 2 2 36 36 9 -- .500 3019 737.1 689 81 179 25 33 330 5 1 300 254 3.10 1.18
  • 各年度の太字はリーグ最高
  • 西鉄(西鉄ライオンズ)は、1973年に太平洋(太平洋クラブライオンズ)に球団名を変更

記録[編集]

背番号[編集]

  • 10 (1969年 - 1970年)
  • 15 (1971年 - 1975年)
  • 38 (1976年 - 1977年)

脚注[編集]

  1. ^ 「都市対抗野球大会60年史」日本野球連盟 毎日新聞社 1990年
  2. ^ 家、ついて行ってイイですか?2017年8月9日放送分。

関連項目[編集]